名古屋講習生が著書。 尾張出稽古番外編 ~6対6の戦い~

Pocket

流星道場緊急合コン、6対6の戦いを私から解説しよう!

まず僕は流星くんよりかなり歳上のAFCです。
ナンパ講習会をはじめて経験する事になりました。



いよいよ講習日が来た。
講習会当日16時、座学と実地で心得と動きを学ぶ。
講習会終了後、自主トレ。
D1生を個室グタから、ある場所へ連れ出し。
で覗き趣味のおっさんの目を盗んでイチャイチャ攻防をお互い楽しんでいた。

途中jojoグタもあり諦めかけていた時、
流星くんから『困ったことがあったらメールでフォローします』との連絡があった。

その後すぐにある事件のニュースがあり、しばらく交通機関が止まり帰れなくという
まさに奇跡が起きる!

と言うか流星くんからの天の声!?がした気がする。
『座学で教えたろ⚪︎⚪︎からの⚪︎⚪︎だろ!』と。
和みもしっかりできていたと思うし、⚪︎⚪︎の話しをすることで、
今後の関係へと繋がった気がした。

そんな時に問題が発生したのだ。
地方で逆4の状態から番ゲした内の、女の子の1人から、
『S駅に今、女子6人居るから相手しろ』との連絡が入る。

以前俺が1人で10人まで面倒みてやるとハッタリかましたせいか、真に受けたか、『美人揃いだから頼むよ(笑)』といきなりのメール。
これは全員分奢れと言う意味なのか?

今、和み中のD1生はサワサワしてるだけで気持ちいいが即れそうも無いので明日アポして、確実に準即できそうな連絡してきた女子幹事に変更だ!
だが女子の幹事1人以外面識が無い。

そうだ流星くんに相談だ!
流星くんが今回の講習生を4人を用だててくれることになり、俺が先に待ち合わせ場所に向かい俺1人で女子6人を対応。
女子陣営は役割分担もしっかりしており店選び、予約班、待ち合わせ班、
と担当部署へ散って行った。

これは最初から主導権を握らている状態?
女子達はかなりの長い付き合いをしてきた同級生でり、
チームワーク、結束力は異様なまでに硬い!

そこへ、流星くんを含めた男子陣が到着し、初対面どうしの即席男6人衆結成。
作戦会議でもあるのかと思ったが、ある趣味仲間という口裏合わせのみ。
もしかして僕以外は作戦会議済みかも知れないが。

女子陣営は待ち合わせ班2人を残し、週末で混み合うカラオケを抑えて、
すでにカラオケでスタンバイ中。

この時すでに、流星くんの頭の中ではどうすればいいか見えていたらしい。
男陣営は僕が言うのもおかしいが、女子陣営にスペックが負けていると感じた。
そう、トータルの戦力では完全に負けていたのだ。

相手は初心者が声掛けしたら失笑か塩対応される20代半ばの大人女子達だ。
流星くんの雰囲気にも臆することはない。
だが、この戦いを陣頭指揮する指揮官は、かの有名トップナンパ師流星ぞ!!

女性陣営は、男陣営全員がナンパ師とは思わなかっただろうし、
ましてや、その指揮官が最強のナンパ師、流星将軍なんぞ夢にも思うまい笑


そして流くんの『セパレートで行くぞ!』の言葉を皮切りに男陣営が入場。
女子陣営は長掛けのソファの一箇所にかたまりスタンバイ状態。
流星くん、この状態をどう崩すのかな?そう思っていたら、
流星君が先頭を斬って入室し、挨拶もしてないんじゃないかなぁ・・・笑
という状態で『じゃあ△△でお願い!笑』といきなり笑いの掴みを取る。
女子陣営も『え〜っ』なんて声をあげながら、
でも楽しそうな雰囲気んになり、
一瞬で固い雰囲気の女性陣の牙城を崩し、
あっと言う間に男女ペアのセパレートへ笑
どうしてこんな固い空気を一瞬で変える事ができたのだろうか?
これが座学の時に聞いた、⚪︎⚪︎という事なのか!?

そして流星くんは1番キレイな子の隣りに座る、
正直その時は、やっぱりズルイなぁ、と思っていた。

しかしこれは後で聞いた話だが、その子が恐らく女性陣の大将だと、
瞬時に判断したためその席へ真っ先に座ったということだ。
そして、その選択が正しかった事は終わる時にわかるのだ。
あの初対面の一瞬で女性陣の総大将を見つけて判断したというのか!?

そして一応カラオケ合コンなので流星くんが先陣を切ってなんか歌うが、
みんな講習で教わったことを必死なって女に向かっているため、
全く聞いていない様子笑。流星くんごめんね。

俺は流星くんの隣りで一人のキレイどころを口説きながら、流星くんの戦法を学びたかったが、流星くんから1番離れたところで座る事になった為、
流星くんの動きだけ見て、いつギラついてトイレに連れ込むのかなと思ったが、
流星くんはトークのみ。

そして講習生の一人が途中でギラついたような感じで、
それに女が引いて、女同士が固まりだし、途中流星君がひとりで女3人を相手する場面もあった。

そうしてるうちに女がトイレに立ったと思ったら、流星くんが男2人を招集しなにやらヒソヒソやっている。
結果その招集された2人が合コン終了後お持ち帰りで即る事になったのだ。
そして女がトイレからもどると、流星くんが立ち上がりそれぞれのセパレートへと個々に親密になるヒントを教えて回ってくれた。
ちなみに僕には某ゲームだった笑。
ふと薄暗いカラオケルーム全体を見渡すと、
夜の公園の等間隔のカップル状態に感動した!

その後は流星くん一人を除き、みんな必死でパートナーを口説いていたと思う。
俺も必死でその時は周りが見えていなかったからよくわからない。
そして2時間の緊急合コン終了した。
私の気分はすっかりいつもの、今日もお持ち帰りできなかったなぁというモード。

だが・・・・あの男だけは終わっていなかった!!
店をでるまでセパレートをキープさせるためみんなの為に動き廻る。
ちなみに無料ですよこれ!!

めでたく3組成立し夜の街えと消えるが、
僕は一旦セパレートできたのだが、僕がもたついた為、僕担当の女の子を冷静にさせてしまい、流星くん達の大将グループと合流してしまい女同士
結束に吸収されてしまった。

いわゆる、じゃまぷよだ。
あの流星くんが大将だと感じた女の子が全ての邪魔をしだしたのだ。
それがなければ流星くん的にはまだグループを崩す方法があったんだと思う。

そして女子と解散。

夜の街えと消えた2組は後ほど即の連絡が入る。正直、羨ましい!
そして反省会、これも無料。流星くんサービス残業だ。
深夜1時まで本当にありがとうございました。

その代わり流くんの集中度がまだ収まっていない為、マシンガンダメ出し、
なぜか声掛け、そしてマシンガンダメ出し、声掛け。

どちかにしなさい!
と普通なら言いたくなるが、流くんはちょっと次元が違う。
2つ以上のことを並行してできるマルチコアな人なんだと思います。


ダメ出しの内容はあの場合でギラしちゃダメだ、トークは即ために⚪︎⚪︎の話をしろ、と後は空気が読めないと怒られたことしか覚えていない。
Lさんがなんかいい事言っていたんだけどなぁ。

その後、初対面の講習生K氏と正3でカラオケ連れ出し!
も、ギラ付けず始発まで健全にお寝んね><




これから流星道場を受けようと思う方へ~

流星くんは見た目の基本スペックは不利な方だと感じましたし、
みなさんの基本スペックの方が高いのでは?

たが日常にはあまり居ない感のピーコックはすごいぞ!!
そしてこんなのマネできねーわーと圧倒するパワーが流星くんにはあります、
口うまいです、良くも悪くもビビります。


そしてハロー効果なんかわからないが、当日俺は即れてはいないけど何かの気付きや結果は出ました。

講習翌日に個室連れ出しをし、手マンまで行きました!
女の子は『出会って2時間でなんで私ここまでしたんだろ?』
と繰り返していましたし、
『もっと一緒に居たいありがとう』と言われ別れました。

そして、地方に戻り合コン後の初お持ち帰りも経験しました。

流くんを批判しよう思えばできるのでしょうが、流くんは何やっても批判されないタイプの人間性を持っていると感じました。
今回の記事で、
営業妨害のような内容があったのかもしれませんが、
流星くんはいい兄貴って感じで、講習会の前に見かけて挨拶した時なぞ、
食事中でパン食べながら同時にしゃべるもんだから、床にボロボロこぼしまくり笑
多分、半分も胃に入っていなかったんじゃないかぁ笑


こんな意外な一面も見せてくれた、流星劇場?道場でした。


一部誤字脱字修正。
こんな長文でメールをくれた名古屋講習生K君に非常に感謝致します。


最後にTwitterを参考にし、当時の私の心境を綴ろう。

名流星道場生6対6の緊急合コン!
イケメンや見た目が良い講習生が、 結果がでるのは当たり前。
四十代2人を含む、
右も左もわからないようなAFCを率いての戦いへ挑む。
指揮官は勇将、流星将軍。

 最初からセパレート体制。最後に2組が上手くセパレートするも、
本来は4組くらいセパレートできた案件。 これは2組の女の子にしか引導を与えなかった。いけそうな2組に引導を渡さなかった。
この時は講習生がそれくらいやっているだろうと見込みを甘く見てしまったな笑

きちんともう2組にも引導を渡していればセパレートできた公算が強い。
一組はセパレートできたのに空気を読まないから、結果余った女の子に吸収されてしまう。 最後まで各個撃破をイメージし、その後に連れ出すセパレートの流れを意識しなければいけない。

6人全員がセパレートする為にはそれ相応にスペックが高く、
担当をしっかり把握し引き離す能力が全員ないと難しい。
完全に終始各個撃破の体制にあれば自分の担当に集中できるが、
誰かがヘマをし、間がもたないと、女の子が余る形になる。

途中席変えなどをし、ある程度上手く回すように注意したが、余った女の子が私の領域に入ってきた瞬間に牙城は崩れた。
一番難しい難敵を隔離していたのだが、余った女の子を受け入れないと場がおかしくなるため、どうしても私が2人を相手にしなければいけない。
この時の自分担当は途中までは良かったんだけどね笑
次の店行く話までまとまったかのようだったが、余った女の子ができると相手の大将はその余った子とくっつき、更に吸引しようと動き出した。
恐れている事がおきてしまった。見た目の食いつきなんぞなくトークのみである程度大将の女の子を隔離していたのだが・・・

元々チームワークの結束がしっかりしてい為、余った子と結束を強めあまり出来上がっていなかった組の、もう一人の仲のいい女を吸収。そして最後にセパレートしたはずの女をその場でもたもたして、さっさと連れ出さなかった為、やはり吸収される。 完全に邪魔ぷよの役割を果たしてくれた。

流星現れる所に乱あり。 指揮官が勇将流星将軍じゃなかったら、ここまでの未熟兵をひっぱり各個撃破の体制を作ったり、セパレートの組を構築することは絶対にできない。 私の反省は一つ一つの組を任せないで、もっと干渉して場をもっと暖めれば良かったという所だ。

しかし、普通では絶対に経験できない状況において、多大な経験値を講習生に献上できた事に対し私はある意味で満足している。 濃密な感想戦も相当な経験値になったと思う。


という事で番外編の名古屋合コン編を終了する。

Pocket

This entry was posted in ナンパ 名古屋. Bookmark the permalink.

2 Responses to 名古屋講習生が著書。 尾張出稽古番外編 ~6対6の戦い~

  1. レイ says:

    >>そして講習生の一人が途中でギラついたような感じで、それに女が引いて・・・

    それ・・私ですwww

    私の隣に座ってた流星氏は、(ギラつき不発で、そのあと酔っぱらってた私に)「レイさん、厳しいっすよー、厳しいっすよー」と瞬時に判断して怒り??を貰いましたw

    でも、あの真夏の6X6は良い経験をさせて貰ったな笑

    名古屋で講習・・また参加させて戴きますね。

    • 流星 says:

      レイ様
      なんだかんだ楽しかったですね笑
      途中までは逆転していけそうな雰囲気あったんですが・・・笑
      また懇親会も開きますので、お待ちしてます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*