男の履歴書は顔だ!女の履歴書はケツだ!! by女喰い

Pocket

 

『男の顔は履歴書』

 

苦難や苦労を乗り越えて生きてきたその男の人生の結晶を表す。

その人の生き方が顔に表れてくるんだそうです。

そして女はその男の顔を見て、その顔に書いてある履歴書を見て、

その男がどれだけの修羅場を潜り抜けてきたのかを読み取るのだと。

男には分からないが、女にはそこまで読み取る能力があるんだろう。

「この人って、こうやってああやって生きてきたのね」って。

 

 

リンカーン「男は40歳になれば自分の顔に責任を持たねばならない」

 

アメリカの産業心理学者アルバート・メラビアンの「メラビアンの法則」

 

メラビアンの法則では相手に与える自分の印象は、

55%の視覚情報(表情・仕草・見た目・視線など)、

38%の聴覚情報(声質・声の大きさ・抑揚・テンポなど)、

残り7%の言語情報(言葉使い、内容など)によって決まるといわれています。

 

この55%の見に映る情報と、38%の音の情報の合わせて93%が「人は見た目が9割」の所以です。

 

そして、相手を受け入れる前に4つの壁が存在し、これは対人関係の壁とも呼ばれています。

 

●第1の壁外見(表情や、髪型、服装など)

真っ先に判断されるのが外見です。「ボロは着てても心は錦」という言葉もありますが、いくら人間性がよくても初対面だと相手に受け入れてもらうのは困難になります。

 

●第2の壁態度(立ち方、椅子の座り方など)

例えば、猫背でトボトボと歩いているビジネスマンからは、全く覇気が感じられません。逆に背筋を伸ばして颯爽と歩くビジネスマンは、それだけでも仕事ができるように見えます。

 

●第3の壁話し方(声の大きさ、言葉づかいなど)

初対面にも関わらず、言葉づかいが悪いのは問題外です。人によっては、2度とあってくれなくなる可能性もあります。

 

●第4の壁話しの内容(話しの構成など)

自分よがりの内容になっていませんか?内容はきちんと伝わっているでしょうか。つまり、人は相手と話しをする前に、相手を判断してしまうのです。

 

 

これはナンパにおいてもまったく同じで、例えば合コンなんかに参加したとて、

隣の席の女性があんまりかわいくなくても、性格がすごく良くかわいいなって思えたり、

話がはずめば、「一回くらいデートしてみようかな?」と思うはずですにひひ

しかし、しゃれっ気がなく愛想も悪い女の子が隣にいても、話をしたいとも思わないはずショック!

不特定多数の道行く女性に声をかけるナンパにおいては、

内面の奥深くまでアピールする時間なんてそんなないと思います。

ナンパをしたときに、相手がこちら側になんらかの興味を持ってくれなければ、

女性はそのまま通り過ぎいわゆるガンシカという結果になりますドクロ

 

やはりナンパをするにあたって基本的な事は第一印象となるひらめき電球

 

ナンパの入口の話になりますが、

私はできるだけオシャレをして清潔感をもってナンパに挑む事が、

男側の最低限のマナーだと思ってますグッド!

 

ナンパにおいて最も重要なことは、まず女性の足を止めて話を聞いてもらえる状況を作ること!

そして会話になるのですが、会話に関しては会話をうまくいかせるカギというものもございます。

 

しかし、その辺は割愛します(●´ω`●)ゞ

 

 

 

じゃあイケメンだったらいいのか?

 

それとも高身長でモデルみたいな男になればいいのか?

 

それとも最高のコミュ能力があればいいのか?

 

金があればいいのか?

 

 

それは、

 

 

まぁ

 

 

 

 

 

 

 

 

正解ですw

ナンパにも格差はあるんです。

 

しかしイケメンだけがナンパを成功してるわけでもないし、

ブサメンだからと結果がでないわけでもない。

 

 

私流星は見てみると、すべてそろっているのかというと…..

 

そーではありませんダウンしょぼん

 

まず女性側が恋人に求める条件に身長というものがあります。

メンズエッグなんかでもモテる為には最低限の身長がないとって記事にありましたね。

 

まずそれがありません。

特別イケメンでもなければ、お金持ちでもありません。

 

 

 

 

 

 

でも。。。。。

 

 

 

結果はだれよりも出せているんです。

 

女の系統は関係ありません。

ギャルでも清楚でもOLでも学生でもバンギャでも、

 

関係ないんです!

 

 

ストナンの分野で、

ナンパ力がLV100まであったとして、

 

全員が100までいけるわけではございません。

 

スト師Aは90まで

 

スト師Bは70まで

 

スト師Cは50まで伸びるとして、

 

才能も関係あるし、

当然見た目のスペックが良ければ良いほど、高いレベルまでいけるのは明白ですが…

 

 

大事なのは、自分の限界までナンパ力を高めるのにどのくらいの時間を使わなければいけないのかということ。

 

 

10年たってやっと90レベルまで行けたというスト師Aが、

 

 

 

その10年という時間が、

 

 

もし、1年に短縮できるんであれば…..

 

 

失うことしかできない『時間』を無駄遣いせずナンパが成功できるようになったら….

 

大切なのは「時間をいかに使うか」ではありません。「時間をいかに投資するか」。

 

 

10年かかるナンパ時間を1年に短縮する方法を、今考えています…

 

同時にナンパ寿命を長くする方法もあります。

 

それは???

 

流星道場です笑

 

 

「女の顔は請求書」というのもあります。

女性はいつでも「ちょうだい、ちょうだい」がベースにあるってこと。

女の本質はタカリだといういうことなのか。

 

しかし、30過ぎたら借用書!かな?

 

 

某日

細部は忘れましたが、

 

わりと早い時間で若くてかわいく雰囲気がエロい子を足止めDASH!

 

ずーっとグダってましたが、なんとか連れ出しアップ

 

そして今日15人くらい?声かけられてると聞いてやっぱりって感じ。

 

 

そしてゲットアップ

 

頑張った(;´▽`A“

 

良い子だったんで後日また何度か遊びました。

 

なんで10名以上のスト師、キャッチが連れ出せなかったのに、

 

なぜ私だけが連れ出せたのか……

 

 

 

それこそが私のナンパの成功の秘訣の1つなのかなって思いますグッド!

 

後のストの結果はもう忘れましたw

 

いじょ!目

 

 

Pocket

This entry was posted in ナンパ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*