ナンパマニュアル⑤脱脳内ナンパ

Pocket

険しい谷を遡行し、崖を登ったり下ったり、激流を泳いだりする源流部での釣りは、側で見れば一種異様でファナティックな世界のようであり、困難さを乗り越えていく自己との闘いであり、克己の精神が目覚め、釣りという行為を通した男のロマンチシズムのようである。



cpqqpkuuaaag79p



日本の山地渓流には2つの魚がいる。

両者の違いは名前からも表れています。



『山女魚(ヤマメ)』



p8180044



鮮やかな波紋のパーマークに側線付近がほのかに桜色を帯びる、世界でもっとも美しいサケ科の渓流魚と言われる優美な魚で、名前の通りどこか女性的な印象を感じる魚である。





『岩魚(イワナ)』



img_20160816_141851



ヤマメの美しさと機敏さに対する野性味と獰猛さ溢れる岩魚。

渓流の岩陰にひそみ性質や風貌が荒々しく、どこか男性的な印象を感じさせる魚である。

イワナという名前を聞いただけで、釣り人は皆迷うことなく山岳と渓谷の世界に想いを馳せる。

イワナは北半球に広い分布域を持ち、所によって川に住んだり、湖沼に住んだり、あるいは海と河川を行き来して暮らし、体長十数センチで親になるものもいれば、1メートルをはるかに超えるものもいる。

普通の魚は、サンマが渓流で釣れる事もなければ海でフナを見る事もない。体長20センチで卵を産むマグロもいないし、体長50センチのメダカもいない。普通の魚は生態の面でも大きさの面でもきちんとした枠に収まっているものである。

だからイワナというのは枠に収まらない一種不思議な魚の印象を受ける。

19世紀最大の魚類学者ギュンターがイワナを、

『魚類学者に対し、これほど難題を持ちかける魚は、他にはいない』

と語り、釣り人だけでなく学者をも分類論争等でエキサイトさせてきた魚である。

蝙蝠、小鳥、ネズミ、モグラ、蛇、カエル、共食い、口に入る物は自分の体長より長い物でも何でも食べる。

水中を泳ぐだけでなく陸を歩くことも出来る。このことからイワナは魚類ではなく爬虫類ではないかと言われ、近年では獣ではないか?とも言われています。



p1080890



渓流の食物連鎖の頂点に位置する『渓流の王者』という別名もある。







イワナの伝説は各地にありますが、北海道のアイヌに語り継がれるイワナ(アメマス)の伝説は天地創造の時から始まります。

『国造神(コタンカラカムイ)が陸地(北海道)を造る時、うっかり大アメマスの背中に作ってしまった。その為怒ったアメマスが時々暴れるので地震が起こるようになった。そこに2人の神を地上に降ろして両脇から抑えたが、神が食事をする時は片手を話すのでアメマスが暴れて、その度地震が起こる。また、アメマスが水を飲むと干潮になり、吐き出すと満潮になり、げっぷをすると津波がおきるのである。それでアメマスのことをモシリエッケウチェプ(島の腰骨魚)と言い、地震が起きると小刀や火箸を炉の中に突き刺し、エツケウ(腰骨)、エツケウ(腰骨)、暴れると腰骨を切るぞ、と脅すとおさまるとされている。』



アイヌの民話に登場するアメマスは、非常に巨大で、地震や津波などの厄介な自然現象を起こす元凶であるだけでなく、人間に敵対するものと考えられているようです。

ですから北海道各地の湖には必ずと言っていいほど、人間を襲うアメマスの話が伝わっています。



(アイヌ口碑伝説等により伝承された大規模災害の検証と 現在の防災・減災対策への適用性に関する研究 ・北海道大学大学院農学研究院特任教授 南 哲行) 

湖中に棲む大アメマスが地震や山津波、山体崩壊等の災害を起こすとする伝説 は洞爺湖 、支笏湖 、屈斜路湖 、摩周湖 にみられ、これらはそれぞれ有珠山、樽前山、 アトサヌプリ、カムイヌプリ等の活火山に接し地震や火山活動の活発な地域である。す なわち、アイヌ伝承において大アメマスが棲むとされる地域は、地震・火山活動等に由 来する自然災害の多発する地域であったことが推察される。







最近、流星が思うのは自分が今、どの段階にいるのか自覚する事が大切だと考えます。

見た目を改善する段階なのか?

声掛けを沢山こなす段階なのか?

連れ出しをこなす段階なのか?

ラインをきっちり交換する段階なのか?

トーク内容を改善する段階なのか?

色気を見に付ける事が必要な段階なのか?



今の自分の段階、直面している壁はどこにあるのか?



人には成長段階があります。中には飛び級して他人の真似をしたがる人もいます。

多くの人は細かい失敗を無くし、来たチャンスをきっちり物にする、丁寧に拾う経験を積み重ねる必要があります。例えば連れ出し先。ホテルに行けばやれたけどマンキツに連れ出してしまいやれなかった、なんてのはあるあるでしょうか。ケチらなければGETできたという事。もちろん財布に余裕がない場合は仕方ないのかもしれません。



しかし、ケチってGETしても良い段階の人でなければ、来たチャンスをきっちり物にしてないという事になります。流星から言わせてもらえばそこはケチる所ではないよ、という事なのです。

多くの人は自分が今やらなければならない段階を見ないで、他人の話を聞いて真似をしようとしている人がいます。

『小欲知足』という言葉があります。

チャレンジも結構ですが、まず土台、基礎になるナンパ力を見に付けなければなりません。

人は足りていない所にばかり目が行きがちです。あれも足りない、これも足りない。そう思うと不安や苦しみがあなたを襲ってきます。また、一度足りないと思えばさらに気になりだし、不安や苦しみはドンドン多くなっていきます。

ドンドンではなく、ドドンなら良いんですが・・・笑



え?流星ですか??

身長が足りないですよ!笑

(平均から計算すると後20cm足りない泣)





一方で足りている所にはなかなか目が行かないのも人間です。目が行かないどころか気付いていないのかもしれません。小欲知足というのは足りてない事にばかり意識を向けないで、足りている事に意識を向けようよ、という事なんです。



え?流星ですか??

脂肪は十二分に足りてますよ!笑

(身長から算出する平均ウェストを20cmオーバー泣)





それでも今年はほとんど活動できないような状況でも、何とか年100GETは越えれそうです(^^)。身長が足りなさ過ぎても、体重が足り過ぎてても、タワマン連れ出し誘導を使わなくても、食いつきゼロゼロ物件でも、他人様から羨ましがられる美人をGETできてますよ!

皆さんはナンパでGETしまくりたいですか?

もし、GETしまくりたいという方が居れば、まずナンパをする時間を作って下さい。

ナンパにおいては暇人が最強です。

この話は後でまた出てきます。





昔こんな知り合いのナンパ師が居ました。

出撃し、1声掛け1即。

3声掛け、2即。2声掛け1即して帰るようなナンパ師でした。



そう聞くと皆さんはどう思いますか?

凄いな、羨ましいなと思いますか??



流星はその知り合いを、『勿体無いな』と思っていました。



何故か?



その知り合いはすぐに目についた美人に声を掛けるわけではありません。

美人はいついかなる時に現れるかわかりません。街に出て一番最初に目についたのがその日一番の美人だった。活動外の時にその日一番の美人を見つけた。いつ出て来るかわからない、はぐれメタルのような存在。



30分、1時間、2時間・・・

その知り合いのスト師は、自分が確実に即GETできるだろう、というターゲットを来るまで待ち続けました。

そのスト師は凄いイケメンで、見た目スペックが高かった為、そのような声掛けでも平均的に良い女を確かに即GETしていました。



流星的には、もっとアグレッシブに通る美人に声を掛けまくれば絶対もっと美人をGET量産できるスペック(見た目)を持っているのに!!

と、勿体無いと思いました。



このモビルスーツと交換したい(>_<)

呪われた低スペックの旧世代モビルスーツでア・バオア・クーへの出撃を余儀なくされる流星・・・



429773





プライドの高いナンパ師に多いのが、声掛け数を抑え確実に即れる見込み案件を長時間掛けて探す声掛けです。

そしてその〖探すスキル〗をひたすら磨いているのです。

とにかく自分許容してくれて、確実にGETが出来る見込みが強い、これだ!という基準の女の子が通らないと声を掛けません。だから30分でも1時間でも、2時間でも待ちます。



本当にそれは正解なのでしょうか?



流星はこう考えます。街にいる沢山の女性とGETできなくても連れ出さなくても絡むから面白いんじゃないのかなと。

何でそんな髪型にしようと思ったのか?何でそんな服をチョイスしたのか?何故そんな行動をしているのか?好奇心に駆られたらとりあえず聞きに行きます。困っていたら積極的に道を教えてあげるし、お店の場所なんかも教えます。

連れ出すかどうか、最終的にGETするか決めるのは自分なんです。

美人なら連れ出しGETを狙えば良いだけの話。好奇心に駆られたらGETしなくても、カフェでお茶でも飲んでどういう人なのか聞いて解散すればいいだけの事。

知的好奇心が満たされたりしないのかな、と。

中には女性を蔑視して下に見る人もいます。女と話しても何もプラスが無い。そんな事を言いながらナンパをしています。流星は下とも上とも思ってません。ただ、腹立つやつは腹立つし、良いやつは良い。多少長く生きてるから偉いとか、学歴があるから偉い、稼いでるから偉い。そんな事言ってるのは頭の硬い、ただプライドの高いちんけな人間じゃないですか。



これは地蔵気味の人にも言えますが、街にぼーっと1時間も2時間も声掛けしないで突っ立ってると聞けば流星はこう言います。



『街に立つときはニンテンドーDSを持って行け!』



黙って街に立ってるよりDSやってた方がよっぽど楽しい時間を過ごせるでしょう。

皆1日中ナンパしてるほど暇人じゃないんですよ!

暇人なら1時間でも2時間でも、時間制限が無いから待てるのでしょう。

結婚してる人、同棲してる人、忙しい人。色んな人がいます。

自分を許容してくれるだろう系統の子だけを待ち続けても時間が勿体無い。

流星は冷やかしとか暇潰しで声を掛けたりします。

自分を許容してくない系統の子は、いきなり全否定から入られる場合があります。

『ほんと無理、不細工嫌い。』

『イケメンじゃないと無理。』

こんな場合でも話しさえできれば覆す事も可能です。

確かに自分に気がある相手を探した方が効率は良いでしょう。

しかし、それではGETできる女性の系統は限られてくるのではないですか?

冒険をしない、という事はそういう事なのです。







声掛け数を気にする人がいます。

確かに選べば選ぶほど声掛け数は少なくなります。

即GETできそうな相手ばかり選んで声を掛ければまやかしのGET確率を上げる事は容易に可能です。傍から見ればなんだか凄い人の様に思われるのかもしれません。



『流星さん、声掛けした人数、数えた方が良いですか?』



こんな風に聞かれます。

流星の答えは昔から一つです。



『初心者の内、初心を思い出したい時は統計を取るのに数えても良いよ。でも、声掛けなんて数える必要無いんだよ!』



理由は2つあります。



1つは、人間確率を追っていくと、どうしても確率を下げたくないという欲が出ます。



例えば、初めは果敢に様々な系統に声を掛け、50声掛け1GETできたとします。

それが40声掛け1GET、30声掛け1GET。率が良くなってきました。

 

皆さんは単純に喜びますか?



例えば普通のナンパ塾の講師なら生徒の見せかけの数字の結果に喜ぶかもしれませんね。自分のナンパ塾の宣伝にもなりますし。その調子でもっと確率を良くしろと言うでしょう。



講習生『流星さん、最近は20声掛けで1即、連れ出し確率が上がってきましたよ~(^^)テカテカ』



流星は叫びます。

『バカヤロー!いちいち数なんて数えるんじゃねぇっ!!』



スロットのカチカチ君じゃないんだから!笑



%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89





30声掛け1GET、20声掛け1GETとやってるうちに、人は数字を気にし始めます。



要は、確率や数字に捉われて冒険しなくなるんですよ。



人は確率を下げたくない為に徐々に冒険をしなくなり、即れそうな相手ばかり探すようになります。



流星がサウザー氏対談で話した即系を探すナンパというやつです。

確かに声掛けを絞ればまやかしの数字は良くなります。

でも、通る美人、無理だという相手にも果敢にアタックした方が楽しいでしょうし夢があるでしょうと。

無理だと解っていてもチャレンジする男の背中はカッコ良くないですか?

選び地蔵、けっこういますね。

反応が悪いとか、そんなのは声を掛けてみないとわからないんですよ。

ダメだと思った美人がオープンして連れ出して、うっかり即。

こんな事は長く夢を追ったナンパをしている人なら、誰にでもある経験なんですよ。

ナンパビジネスをやるつもりがないならば見せかけの数字なんて気にしなくて良いでしょうよ笑



夢を追い、美人ならダメそうでもとりあえずアタックしてみる、純粋に。

流星は見せかけの数字より、夢を追う姿勢を評価します(ブラック企業のスローガンみたいだが笑)



11374179_1701557833410743_153768262_n





Nanpa is adventure



初心忘れるべからず。

ナンパした当初は相手の反応どか、成功とか、何も考えずに好みの女性を一生懸命追っていたんじゃないですか?



我々はいつの頃から、相手の反応を気にし、効率や数字に捉われるようになったのでしょうか?



ビジネスの為?周りへの承認欲求の為?見せかけの結果の為?



ビジネスの為や承認欲求を満たす他人へのマウント、プライドが高ければ改竄の可能性もあるでしょう。貴方のナンパは誰の為にやっているの?



冒頭で話したスト師友達の彼も、プライドが高かった。

ガンシカされるのが嫌だから、声掛け成功率を気にするあまり、ああいうスタイルになったのかもしれません。

勿体無いなと同時に、色々な女性に楽しく声掛けができなくなるってのは可哀想だな、とも思いました。





2つ目は、今日は50声掛けしよう、100声掛けしよう。自分で数字を決める人がいます。

自分で時間と声掛け数を決めるナンパのやり方は、成功ではなく義務感でのナンパになります。

一人一人の相手を見ず、とりあえずで声を掛けます。

それは本当に『声掛け』と言えるのでしょうか?

とりあえず声掛け・・・

ホームランを狙わない、千本ノックのようなバッティング・・・

確かに精神力は使わなくても済むのかも知れません。



その『声掛け』に魂は宿っていますか?



とりあえず・・・のその声掛けは独り言になっていませんか?



勢いをつける為、最初のエンジンを吹かす為の雑な声掛けも時には必要です。

でもベストは一声入魂の精神ですよね。



凄腕でいちいち声掛け数、数えてるやつなんて見た事ないですよ笑

凄腕は、美人が居たらとりあえず声掛け、但しイケると思った瞬間の集中力はハンパないです。

いきなりフルスロットル。

オープンしたら集中、これを逃したらまた声掛け地獄に戻らなければなりません笑

これを連れ出すまで続けますが、毎回の声掛けを質の高いまま、高高度の状態を維持し続ける事ができます。

自分の実力をどんな状態でもベストを出せる下準備が既に出来ている人が凄腕という事なのです。





ここで少し渓流釣りの話をします。

流星の渓流釣り歴は25年以上、ナンパより長いです。最近はたまにしか行けない為腕も鈍り、達人の域にはほど遠いですが中級者くらいの実力でしょうか。



img_20150505_121131



イワナ釣りのポイントはまず良いポイントを見極め、魚に見つからない様に近付き、警戒させないようにアプローチする。

渓流を多少なりとも知っている釣り人は第一投を大切にします。

良いポイントには優位個体(大物)が縄張りを持ち、その周りに劣位個体が生息するので、ポイントを外さなければ第一投で釣れるのはその場所で一番の大物が釣れる確率が高い。

しかし長く渓流釣りをしている人は経験があると思うが、もう日が暮れて帰ろうかと忘れた頃に、既に釣りつくしたポイントに再度投げ混むといきなり大物が掛かった、何度も竿を入れて餌を流し続けたら急に大物が掛かった、という経験があるはずだ。

第一投も大事だが、第一投を必ずしも優位個体が流した餌を発見するとは限らない。大物は淵の底で餌が来るのをじっくりと待っているのだ。



大物を釣る為には警戒させないように水中の餌や糸の状態をイメージし、自然なアプローチを、何度もポイントへ打ち込み続ける事が大切なのである。釣り登り、場所を変え、ポイントを変え、更には帰り際にもう一度良ポイントへキャスティング。それがイワナ釣りなのである。



毎度毎度の正確なキャスティングに自然なアプローチ、場所を変えてポイントへ打ち込み続ける・・・

第一投だけで諦めていたら釣れる大物も釣れなくなるのです。

大物を釣るには精密に、そして果敢に竿を振り続け、良ポイントを探し場所を移動し、釣り登り続けるしかないのです。

イワナの生息域は熊とも被ります。

それでも釣り師達は険しい谷を蛇行し、崖を下り、源流へ源流へと危険をかえりみず、進みます。困難を乗り越えながらも大物が釣れた時は内より沸き起こる自分の力に喜びと自信を感じさせる筈です。

釣りもまた、『adventure』、冒険なのです。



13392629_1237030549664646_2051207752_n





ナンパの表面上の確率を簡単に上げたいのなら、自分の見た目に反応し即れる案件を見極める目を磨き、声掛け数を絞れば確率を上げる事は容易です。



さらにナンパの成功率について考察していきたいと思います。

ナンパの成功率は『時間』も関係します。

皆さんならこんな経験があるはずです。

急にある時間になったらオープン率が良くなった。

何故か反応の悪い時間がある。

街を歩く女性達は皆予定はバラバラ、行動もバラバラなはずなのに何故?

ナンパ神が街の難易度の設定をいじってるのでしょうか?笑



渓流釣りでは朝マヅメ、夕マヅメなんて言われている活性の良い時間があります。

ナンパをしている時も、GT(ゴールデンタイム)と呼ばれる似たような良い時間があります笑

例えばGTだけ、反応の良い時間だけナンパをしたなら成功率はどうなるだろうか?



深夜フラフラしてる酔っ払いギャル風5人にアプローチ。



昼間忙しそうに動いているOL風5人にアプローチ。



同じ5声掛けです。



さて、数字上は同じ5声掛けですが、内容は本当に一緒でしょうか?

私の知り合いのスト師は、相手が酔っていていきなり『イケメン!』と勘違いされ笑、イケメンじゃないとバレる前にホテルに移動、のような事もあると笑いっていました。

連れ出し先の明るい受付について入店準備をしていたらやっぱり帰られる事があります。流星はその現象を、『とりあえず着いて来たけど、明るい所で見たら不細工だった』という仮説を立てました笑



昔の知り合いスト師は、

『深夜中心に徘徊して酔っ払い即なんて誰でもできる』

と蔑んでいました。

確かに出る時間を夜、深夜~朝方にするだけで相手がすでに酔っていて、即ハードルが限りなく低くなっている場合もあります。正直誰かが仕上げていてくれたらこれほど楽な事はないです。

※地方は深夜帯タゲがいなく、逆に難易度が高くなり場合もあります。



出撃する時間を自由に選べる人、自由に選べない人、比較する事はできません。





さて・・・



昼間シラフの相手10人に声を掛けて1GET。



深夜、朝方のフラフラしてるギャル10人に声を掛けて1GET。



これは本当に同じ1GETなのでしょうか?





結果に関して一喜一憂している人がいます。

流星が何が言いたいかというと、まやかしの数字に捉われ過ぎているんじゃないですかと。

数字にこだわるというのは悪い事ではないです。

しかし内情のわからない数字が貴方の自由を奪っているのかも知れません。

今目の前で起きている現実ではなく勝手に作ったイメージではないですか?

まやかしの数字に幽閉され、頭と身体が離れて行ってませんか?



皆さんはナンパの時間がどれだけありますか?

ナンパだけに一日集中してナンパ費用もそれなり用意できるのなら一日中ナンパできます。しかし、何時間も目的のターゲットが来るまで我慢できるほど貴方にナンパする時間はありますか?

人により彼女と同棲しているかも知れないし、家には家族がいるかもしれません。出撃できる時間は限られ、帰る時間を気にしなければいけません。仕事が残業や休日出勤が多く、体力がそもそも奪われているかもしれません。



出撃している場所、時間はいつですか?

そんなんGETできて当たり前!笑

のような好条件でナンパしている人と、決められた僅かな時間、ケツの時間が決まっている人では結果は自ずと変わってきます。

流星を比較に出すなら、出撃時間が多く取れないほぼ週6出勤、長期休み無し、のような奴隷社畜でも年300GET以上していました。時間が無くても、限られた時間でも、お金が無くても結果を出す事は可能だという実例でが、流星を比較にしないで下さい。週6出勤の社畜で300GETできる人は他にはいません。



ネット上に浮遊してる情報では蓋は開けれません。

どんな条件で、どんな時間に、どんな系統に、どんなナンパをしているのか、誰にもわかりません。

蓋を開けてみたら貴方の方が凄いかも知れません。

流星が認める講習生達は条件によりますが、即にコミットすれば半日3GET以上する実力のある人が多々います。彼らはとてもエキサイティングな存在です。



ナンパでとりあえずの結果を出したければ出撃する時間を工夫しろという事です。



更にそれでも結果が出ない方は誰でも簡単に結果が出せる方法があります。

出撃は週末夕方から夜に大規模な繁華街へ。

まず、出撃前に家の玄関で自分をイケメンだと強く思いこんで下さい。

街に着くまでに、自分がかなりのイケメンだと更に深く暗示を掛けて下さい。



mabi1185



外見は髪を少し派手目にし、服装を少し強めにして下さい。

更に言動をオラオラ系にしてください。

最初は『おい!どこいく!シカトすんな!』、超上から目線!!笑

その後反応が取れたら少し優しく『少しだけ話そうや』のような感じから、すっぽんのように粘る!笑

夜系、深夜帯、刺さる層には刺さります。

脳内であれやこれやと考えて地蔵するより、勘違いナンパの方が成功します。

※街にいざ出た時に、不細工が勘違いするなキモイ!まぢキモイまぢキモイこっちくんな!と言われても、流星は一切責任を取りません笑



雑なオラオラナンパでもGETできる簡単な時代もありました。

夜の時間帯の酔っ払い相手にはこれくらい強気でも良いのかもしれません。



流星は相手により、強めに行く場合もあります。時と場合に応じてそれが最適解ならばオラオラも使えるという事です。しかし、何をしても面白くなるのも流星。

見た目食いつきありきのトークや金や地位などの技術とは関係のない手法以外、どんなナンパ手法でも流星は簡単に模倣する事ができます。それもプラス面白く変えて。





2014年の頃は流星も即即即即と念仏のように言っていましたが、最近では少し時代が変わってきて昔より即にこだわらなくなってきました。ネット上の情報が多くなり、価値観が多様に変化してきていると感じている為です。

即にコミットするナンパ手法も当然教える事はできますが、形上のGETも大切だけれど、先を見据えて後々に何か残る物を与えたい、という見えないニーズへの想いも強くなってきました。



これは人によりますが、現代は細かい満足度を追求する時代なのかも知れないと思っています。ほんの少しの快適に価値を見出します。

ダイソンのV6エンジンとV8エンジン、違いは些細ですが値段が万単位で違います。流星なら騒音が少ない方のV8を選ぶでしょう。バスタオルだってドン・キホーテで500円1000円で買えます。毎日使う物ですから少しでも肌感が良く吸水性の良い快適な高級タオル1枚5000円を選ぶ人もいます。

流星の長い経験から出た、必要な価値を与え成長をさせる仕組みの基礎アイデアも出来上ってきました。



即系を探すナンパをすればGETはできます。

本当のコミュニケーションスキル、基礎力を見に付けたい。先を見据えてナンパ活動をしている講習生も多くなりました。

目の前の小銭より、如何にリスクを減らすか。

今の時代のニーズはトラブルを回避し、ナンパを洗練化させていく。

そういう時代になってきてるように感じます。



『QON』 



quality of nanpa




多様な価値観の元に、如何にナンパという趣味と上手く付き合っていくか、そんな時代なのです。



即系を探すと言うと何か見下しているかの様に感じるかもしれません。

街に出てとりあえず1即するか!

時間がもうないから早く即らないと!(汗)

早く帰りたい!(泣)

こういう時は短時間即GETできそうで見た目等一定の基準を満たした女性を最優先で探さざるを得ない人も多いのも事実だと思います。

最近の流星はナンパに時間を多く取られたくないし、長丁場の勝負もしたくありません。早く帰りたいです笑

ただ、今は良い音声が取れるかどうかを最優先にしています。

良い音声が取れる女性募集!(切実)



ナンパは制限が無いほど成功しやすくなります。

時間制限、見た目の制限、お金の制限、連れ出し先の制限・・・etc

だから若くて見た目が良く、さほどお金に困っていない暇人が最強なのです笑





流星が今回言いたかったのは、脳内であれやこれや考え過ぎているんじゃないですかと。

自分の脳内でナンパをしているような人がいます。その脳内では絶えず人の目、自分の数字を気にして一喜一憂しています。

地蔵もそうです。うまくナンパしようと考えすぎてしまったり、相手の反応を想像して動けなくなったり、勝手にネガティブなイメージを頭に思い浮かべたり・・・

流星はそういう人を、





脳内ナンパ





と呼んでいます。

やれネットを見ても、美女だ、美女だ、金だ、金だ。

しょうもないマウントや利益誘導に影響を受けていませんか?

ってことなんです。



人により条件は違います。それに優劣をつける事はできません。

常に自分を基準とした出発点での上昇下降を考えて下さい。

貴方が見比べなければならないのは他人ではありません。

昨日までの自分と見比べて下さい。



ナンパとは本来やればやるほど面白くなっていくもの。

それが趣味ではないでしょうか?



貴方が声掛け中に話が詰まったところでボーナスを減らされたりするんですか?

貴方が連れ出しミスをしたところで、誰かからお金を請求されたりするんですか?

1年前の悩みを覚えている人はいますか?



ナンパとは、脳内で描いた事が叶う趣味ではありません。

失敗から成功、悔しさ、楽しさ、人に接する幸せ・・・etc

特別な体験を得る事ができる貴重な趣味なのです。



昨日、街に出て楽しかったですか?



ナンパは楽しさをメインにしてかないと苦しくなっていきます。





え?流星ですか??

流星は最近お金を貰わないとナンパやる気ないですよ!笑





渓流魚達の生態にもヒントはありました。

来年はオショロコマを釣りに北海道に行こうと画策しています。



oshorokomawm-2



北海道の渓流には同じサケ科でも種類の違う魚が多数入り混じっています。オショロコマ、アメマス、イワナ、ニジマス、アユ・・・

ある者は上流に、ある者は淵に、ある者は流れの早い瀬に、方々へ散らばります。

サケ科の魚たちは本来手に入る食べ物は全て口にしますが、2種3種と多数の近縁種間が混生する時は食性の特殊化が起こり、互いにメインに食べる物を違う食べ物へと分化していくのである。

これらを生態学者達は、『すみわけ』に対する『食いわけ』と呼んでいます。



皆それぞれ環境が違います。即GETに向いている条件が整っている人、準即にしないといけない時間配分しか調整できない人。

貴方は自分のスタイルを確立して下さい、他人に影響されず、自分は自分です。好きな系統、好きな時間、自分が楽しむ事を第一として下さい。

どうしても自分のスタイルがわかない、どこを縄張りとし、どの餌を取れば良いかわからない方は講習を受ければ良いのです。





他人と自分の条件の違いを気に病む方は、術式の確立されていないグダにも果敢に挑む底辺スト師Xを思い出して下さい。



身長は? A.ありません。

お金は? A.ありません。

ステイタスは? A.ありません。

連れ出しに使える家は? A.ありません。

自由にナンパする時間は? A.ありません。

将来性は? A.一切ありません。



流星が街に出た時のヒエラルキーは、下からウンコ、ゲロ、ゴキブリ、ネズミ、カラス、そして流星です。ヒエラルキーの位置低!!笑

見た目スペックが無い人は、スカウトやキャッチと変わらい、いやそれ以上に蔑まれるのです。女性からすると流星は路傍の石やハエと同じです。

流星より恵まれてる人の方が圧倒的に多いのではないでしょうか。



スぺ高スト師の様に、形式グダしか食らわないで簡単に即GETできるようになりたいです。

せめて若返りたい・・・

スぺ低は女がデーモンに見えます。



10899395_1609036079318583_963679507_n



もう、グダ出まくり笑



22581_main



キッスしたいなぁ~

女『致しません』



服の上からカップ測定したいなぁ

女『致しません』



フェラしてくんねーかなぁ

女『致しません!』



せめて手コキだけでも!

女『一切致しません!』





女『私、性行しないので!』



1f06fb24





ズコーーーッ!!



しかし、こちらもグダに対して大人しく手を招く必要はありません。

食いつきの無い流星も、少しでも最低限の見た目のハードルをクリアする努力、見た目食いつきが僅かでも生まれるように、服、髪型、美顔器、彗星コスメをフルに使用し、2時間の流準備の末、ストリート流星を完成させています。

素流星は講習生からするとマッサージのおばさんにしか見えないとか、小太りの不審者とか、酷とか、散々に言われます。

しかしスト流星の時の流星を馬鹿にする講習生は居ません。

ストリートに立つと何故かカッコよく見えると言われます。まるで舞台俳優のように舞台に上がるとガラリと変わるのです。

ただ最近はスカウトに見られるので、すっげー反応悪いです笑

ホストに見られた方がまだグダられないかもしれません。

皆さんは流星と違い自分の好みよりも、女性からの好みを一番意識して下さい。無難で反応の良い服装も大事ですが、怪しくなっても一番カッコよく見える格好を、場合により試してみて下さい。いざという時の食いつきが変わります。





ストリートナンパはどぶ板営業です。

辛い事の方が多いのかもしれません。

言葉が出ない、連れ出し先を間違えた、個室で失敗した、アポうまくいかなかった。

これだけははっきり言えます。



『貴方が行った行動は全て無駄ではありません。』



自分の行動に誇りを持ってください。

評論家は腐るほどいます。評論家ほどビジネスに転換するのがうまいです。

ストリートの現場に必要なのは、ネットで大言壮語を吐く事ではなく行動し冒険家し続ける事です。



ドクターXのモデルになった加藤医師は世界で初めて多臓器体外摘出腫瘍切除手術を成功させました。もっとも多い時は1mm以下の血管を1回の手術で5000本もつなぎ合わせと言われています。普通の人には無理な事から神の手と言われましたが本人は、繊細さや器用さは不可欠です。しかしそれも才能ではなく、やはり基礎の積み重ねなんですと語ったそうです。世界一受けたい授業では、加藤友朗先生の理想の手術は、「退屈な手術」だと話されました。早く終わらせることが大事ではなくて、止血を丁寧にすることで、見ている側にとっては退屈な手術をすることが理想だと語っています。





今貴方が行っている失敗、基礎は無駄ではありません。見た目や若さで成功しているナンパ師と比較する事には意味がありません。人それぞれの個性をうまく利用して下さい。ナンパも基礎の積み重ねが将来的に物を言うのです。その培ってきた基礎はナンパ以外の場面でも使える、貴方の人間性の基礎になるのです。

流星もナンパ業界に何かを残せるような、そして多くの人の基礎力を上げるような仕組み造りを、これからもしていきたいと思います。





生物は変化に対応できる物が強い、という説があります。

イワナもより多くの餌を求めて大海へとチャレンジする者がいます。この記事冒頭に出てきたアメマスという名称は、降海型イワナの別称なのです。サケ科の魚は銀毛という、海水適応状態に変態して海へと向かいます。

皆さんがよく目にする銀鮭は海と川の往来は一生にただの一度です。しかし降海型イワナ、アメマスは違います。生きてるうちに何度も海と川を往来するのです。海から帰ってきた彼らは非常に逞しく成長し大きい物は70、80センチの大イワナになります。

体側一面が光輝くような銀白色になります。



amemasu





アイヌの人々は巨大アメマスを伝説として語りました。

流星はあるじいさんからアメマス釣りのアドバイスを貰った事があります。

アメマスは人の姿を見ると餌は食わない。餌はでかいミミズが最適だ、でかいミミズをポイントへポーンと投げるとでかいのがバクっと食べる。



アメマスを釣るにはポイントへ竿を入れ続けるしかないのです。餌(自分)が良ければ良いほど食いつきも良くなります。長く釣り人を続けてきた流星は、もっともっと深い意味でも渓流釣りとナンパが似ていると思っています。



h833_1



私達ナンパ師も、光り輝く銀毛になり広い大きな海(冒険)へ旅立ち、大きくなって時には川(初心)に戻り、そして、また冒険へと旅立ちましょう。

一周、二周、回るうちに見え方、考え方も変わっていくでしょう。



ハロウィンに講習していた流星は思いました。

どぶ板営業やってないで街中をフェラーリ乗り回しながら、フェラーリされる方に回りたいなと笑






ナンパは連れ出すまでは不毛と滑稽な自分との闘いです。

でも何度も竿を振り、愚直に基礎を続け成長した者が成功を手にするのです。

変化への対応と集中。

タキタロウのような伝説の大イワナ(良い女)を目指して!




2c1d8dfd2da011c5631836e340f0944a





貴方のナンパは、



とりあえず?



それとも、Adventure?







長々と長くなってしまいました。お付き合い本当に有難うございました。m(_ _)m

Pocket

This entry was posted in ナンパ, ナンパマニュアル. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*