納涼船物語~ 猿美若号だってーっ!?

Pocket

某日浜松町・・・・


あの男達が降り立った・・・・
4人が揃ったその時、、、浜松町駅の雰囲気が一変した。


o0480036013060566931



それは某日の会話から始まった・・・

風M「いやぁ納涼船が美味しいですねぇ、これいかないとヤバいですよ笑・・グフフ・・グフッブホッ」
images


ナンパンマン「え??小じさ・・・流星さんは納涼船行かないんですか!?美味しいんだけどなぁ・・・グヘヘェグヘェ、、グエヘェッヘ」
hqdefault



納涼船って??

別名ナンパ船?もといチンパニック号。
浴衣を着た若い子を自由にナンパする事が許されている船の聖域。
そこは夜景が綺麗な船旅をクルージングしながらナンパできるという夢の環境。
そしてクラブと違ってそんなにうるさくない、おっさんのオアシス笑。
140916_01


そこにいるのは、表向きは冷静な顔をして浴衣を着こんでクルージングいるが、あわよくば良い男性をゲットしたいという、腹黒い着ぐるみを着た女豹達。
いや、そんな細かい事はどうでもいいのだ。なんせ浴衣だから笑
浴衣がかわいい。それだけでなんでもありなのだ笑

浴衣を着ているだけで普段の1.4から1.5倍良く見える納涼船マジック!!
いや、あえてかかりたい納涼船マジック!笑
img_top

そんな浴衣ギャルを夢見て我々調査班は南米、もとい浜松町へと降り立った。


おろぉ~おろろ~、
ナンパンKYはどこだぁ??
おろぉ~。


駅に着いてたくさんの浴衣に心を奪われる。
おおぉ!これが浴衣ギャル達かぁ・・・
気分、というか完全にAFCになってしまった笑
こんなに浴衣ギャルが多いとキョロ充になっちゃうよ笑



そして作戦会議も歩きながら、現地到着(別に作戦会議する程のものじゃない笑)


相方はナンパンマン皇君。
東京納涼船ナンパ~流星、風間、yuu、皇のナンパを愛する男たちの物語~


そして風間海賊団船長・風間君と浴衣狩りのyuu君。
【一生に一度の出撃】流星さん&皇さん&KYコンビ【前編】

no.10【一生に一度の出撃】KYコンビ弾丸風間邸連れ出し【後編】

正直遅れて行って申し訳ない感じだったけど、そんなのは気にしない心の広い三人だった。
ご飯を一緒に食べる約束をしていたのに、遅れてくるという報告をしたときは3人とも内心、
「な、なんだってーーーー!」
20080312-mmr1

という感じだったに他ならないだろう笑、私のせいではない・・・笑
メンヘラ美容師のせいで無駄な時間を食ってしまったのだ。

なんか、悪い気をもらったような・・・笑


登場人物は、
ナンパンマン皇君。
出逢いは当時東京にネタナンのサクさんが来ていて、その時話をしていた最中に挨拶をしてくれた、カールおじさんのような若者がいた・・・笑。
それがナンパンマンの皇君だった。
その後絡みはあれど、合同講習の時に再会してから親密になったのだ。

その後、彼の人間性を知っていくにつれ、私は彼に好感を抱いていった。
様々な分野を勉強し、たくさんの美女に囲まれたプライベートと仕事を両立しているという、多忙な毎日を送っている。ストの戦場へも時間がない為ほとんど出れていないが、なんとか納涼船の為にスケジュール調整をしてもらった。本当にありがたい。
女性をゲットすることよりも仕事を真剣に考えている彼の考え方、そして無駄話はあまりしないが優しい人間性を持った癒し系な人柄。これならば出会い系やナンパでゲットした女の子達も皇君の人柄にふれ、たくさんの癒しを得ている事だろう。
ただ、アポの時等に、どのタイミングでイヤラシイ系に変わるのか?笑
あの優しい感じから、どのタイミングでいつ潮を顔にシャワーするんだ!?笑
そんな疑問が頭をよぎる・・・今度こっそり聞いてみよう笑




納涼船の雄、2014年納涼船ナンパベストコンビ賞受賞。
納涼船ベスト連れ出し先部門、ランキング1位風間邸。

風間海賊団で名を馳せた、船長風間君。
yuu君とコンビを組み、クルーズからの本拠地(風間邸)へ持ち帰った女の子達は自然と浴衣を脱いでしまう。なぜか脱ぎたくなる!浴衣ギャルの休憩所、風間海賊団の本拠地・それが風間邸笑。

最初風間君と会ったのは講習の時だった。彼は彷徨っていた・・・
深く、暗い海の中にいるような顔をしていた。顔が悪いわけではない。でも表情が暗かった。
彼は自分の壁を感じて流星道場の門を叩いた。風間君の性格を考えると一大決心だったろう。
私は散々悩んだ挙句、1回目は優しく講習しようと思った。(ちなみに風間君サイドでは散々言われたと書いてます笑)
1回目の時は、指標となるスト師の像というものをはっきり見せなければいけないと私は思った。
後日彼と街で偶然再会して、彼の尊敬する皇君と引き合わせた時は表情が明るかった。
プライベートは聞いてないしブログを全部読んだわけではないが、辛い過去や悩みがたくさんあったのだろう。苦労を重ね、成長してきた男の姿があった。
2回目の講習の時、彼の表情は一見明るいが、まだ迷いのようなものが心の奥にあるのを感じた。
後日談を聞いた時、1秒でも早くこの鬼から逃げたくて、連れ出ししたくて必至だったそうだ笑。
逃げる者は斬る。そんな気迫を感じ取ったのだろう。
しばらくして風間君に会った時に、私は嬉しかった。いきいきとした表情で話す姿をみて私は安心した。たくさんの良い出会いに恵まれたのだろう。そして自分を更に成長させる為に前を向いたのだろう。初めて会ったときから変わった姿がそこにはあった。
納涼船で4人が揃い、風間君は楽しそうにはしゃいでいた。そしてその横で微笑むのは・・・


風間君の友達、ウィングのyuu君。
全然話していないけど、初見は優しそうな顔の中に鋭い、一物を持った男の目が見えた。
忙しい中で日程調整してくれた事に感謝。
私は二人の関係性を知らないが、はしゃぐ風間君を優しく見るつめるyuu君の目は、弟を見るお兄ちゃんのように見えた。
数々の戦場を二人で戦い抜いてきた、友を越えた何かがそこにはあった・・・
その絆は、2本のぽこにゃんを一つの口にねじ込んだり、ぽこにゃん兄弟のような絆なのだろうか・・・?笑

気のせいか、私と皇君を見る目が、「このおじさん二人に足引っ張られたらどうしよう・・・」という視線を感じたような気がしないでもないような・・・笑


それもそうだ。周りは浴衣を着たイケメン達が、勃起したぽこにゃんを何とか隠しながらウロウロ歩いているのだ。
さらっとオシャレに浴衣を着こなす渋いおやじのナンパンマン!
町内会の集まりと勘違いして、間違って浜松町に来てしまったような、カジュアルな服装の流星!!
3人は浴衣。一人はモンハンは予約したけど、浴衣を買う金はケチる中年小太りの小じさん。

周りとのスペック差は明らかだった。。。。
これならば家を出る前に炭酸パックを20回くらい(7時間ほど)やってくれば良かった笑

乗船前に周りを見渡すと浴衣を着た雰囲気イケメン達がわんさかいる。

それらのライバル達と、町内会のおじさんのような自分を比べると私は完全に一人だけ浮いてるような感じ・・・

まさに、一人だけ子供食いつきだけは良い、



妖怪ウォッチ!!


コジニャン!!!
14008394853



そんな状態でクルージングスタート!!
最初にまずは声掛けして和む。簡単に相手はオープンする。なんて楽なんだ笑
とりあえず話は聞いてくれる。話さえ聞いてくれればいくらでもチャンスはある。
問題は自分のスペックの低さのみ。浴衣パンマンはウケが良いようだ。
色々話しているうちに、平日のせいか明日予定のある子が多かった。
明日休みというコンビは話した数組の中ではいなかったような気がした。
後に考えてみると、一組一組に話が盛り上がりすぎて全部で5、6組くらいしか声をかけれなかった。
ラインゲは驚くほど簡単。
しかし、休日が無く忙しい毎日を送っている私は、ラインをゲットしたところで、何の意味もない。マメさ+女の子の暇な時間=自分の空いている時間。

これを合わせれるかが準即のキーとなる。自分の空いている時間が無い今、狙うは即だけとなる。

ぶっちゃけ納涼船内で雰囲気の良い個室があればなんの苦労もなく即ゲットできるだろう。
今日はとりあえず連れ出しからの即を狙うという事。
そして、明日は用事で忙しいけど飲みに行けそうなD生二人組を発見した。
真面目な中小企業のおじさんサラリーマンをアピールしたせいか、食いつきは皆無だった・・・・政治家の秘書くらい盛っておけば良かった笑

下船後そのまま居酒屋へ連れ出し。
そして連れ出して盛り上がって和んでいる最中に、納涼船内でラインをゲットした別なD生の子から遊んでほしい旨の連絡を受ける。
ぶっちゃけその連絡あった子の一人はかなりレベルが高いし、遊べたらまず外さないだろう。
しかし、もう店内に入ってしまった為、引き返せない。身体は一つしかないのだ。
今度遊ぼうということでその子達は諦める事にした。
ちなみに逆アポの理由は一番印象に残って一番楽しかったコンビという事だった。
(ちなみに後日私が、深夜しか空いている時間がないため、深夜からのアポでオールで良い?と雑にラインしたら簡単に切れてしまった笑)



そして風間海賊団も連れ出し!
しかも写メを見ただけで即れるとすぐにわかった・・・

これでWコンビで連れ出しだ!!
434536



ぶっちゃけ普通の綺麗なD生二人組。納涼船では上位クラス。
相手の食いつきはない。好みとも全然違うタイプ。
町内会のおじさんには厳しかったが、トーク面で補完し良い雰囲気を作る。
しかし相手はかなりお堅い子達。これはセパレートしないと100%無理な案件。

そしてセパレート。
その後某駅に誘導する。(ぶっちゃけかなりグダられたが笑)

そして後はラブホに行くだけだったのだけれど・・・

最後の最後でケチって某場所に連れ出して、場所グダ笑
images


綺麗なラブホに行けたらやれてた、ケチったところに連れてったからやれなかった。それだけ笑


納涼船の良いところは、帰りにお持ち帰りできる事ではない。
お持ち帰りは難しくない。

私にとってはたくさんの女性が簡単にオープンして簡単に話してくれる。それが一番の魅力だ。
普段はマイナスからのスタートで全く女性に相手にされない。
スーパースペックで実力がなくても楽してゲットしているスト師が正直羨ましい。
しかし、そんな事を妬むのはもてない男のする事。今ある武器で戦うしかないのだ。

安い金額でナンパの楽しさが存分に味わえる。
それが納涼船の一番の魅力なのではないだろうか?


色々な事を考慮すると、浴衣の女の子が安い金額で簡単にゲットしやすいといったところだが、街に出て良い女を即日ゲットできる腕があるのなら、納涼船に乗らないほうが正直効率が良い。
あくまでもイベントを楽しむような感じではないだろうか?
客層については2000円の安い単価で集まる客層なんだから、そこは理解しなければいけない。

若い+浴衣。
それだけで可愛く見える子も多い。
普段街で一人で歩いていなかったり、普段出会わないような浴衣を着た女の子。

ゲットの事ばかり考えていないで、イベントを楽しむくらいの余裕があれば楽しい夜のクルーズになるだろう。
イベントスペースはただうるさいだけなので避けた方がいいが笑



そして街を移動し、皇君と合流。

その時のあまりのゴーストタウンっぷりに2人は驚愕した・・・

bf5fb3b3



そして、街移動を決意する。


ナンパンマン「流星さん、移動しませんか?」


流「まさかの、この時間からといえば・・・酷伎町ですか??笑」
img588dc566zikazj




ナンパンマン「いえ、ドブ伎町です笑」
Njhnmmfm



男達は新たな戦場を求め、夜の街へと消えていった・・・
images (1)




その様子の続きは、それいけ!ナンパンマンブログにて!
ナンパブログ、それいけ!ナンパンマン 皇のストナン、クラナン、ネトナン体験談


Pocket

This entry was posted in ナンパ 納涼船. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*