郷田ゴーさんとの対談

先日様々なメディアに露出している郷田ゴーさんにお会いしました。



郷田さんの最新作、表紙イラストをTOKYOTRIBE』シリーズの井上三太先生に書いて頂いた新感覚ストリート小説『NANPA CLUB』発売に伴い、流星にも意見を欲しいという声を頂き、対談致しました。

























巻末に対談が載ってますが、短い間でしたが様々な話をしました。

対談の未公開内容の一部です。



郷田ゴーさん(以下郷田)「今まで通算どれくらい教えているんですか?」

流星「去年の末で600は越えているんですよ」

郷田「流星さんも1対1で講習をしてるんですね?」

流星「はい、講習生の声掛けの時の声を聞いて毎回フィードバックしています」

郷田「それ絶対大事ですよね」

流星「複数講習だとそういうのができなくて、結局声掛け指名講習になってしまうんです」

郷田「はいはい、そうですよね」

流星「それだと講習生のフィードバックが少ないんですね」

(中略)


郷田「講習に来る方は初心者が多いですか?」

流星「ベテランから初心者まで幅広いですね」

郷田「どんな講習生が来ますか?」

流星「緊張しすぎて言葉が出てこない、言葉を上手く伝えれない人が多いですね。後ほど音声添削して、如何に自分の声が女性に聞こえてないかってわかってもらう時もあります。どんなに良い言葉を言っていても伝わらないと意味がないですからね」

郷田「流星さんの講習で難しい人は色々いると思いますが、どんな人が大変でしたか?」

流星「コミュニケーションに難がある方でしょうか。例えば必ず反論する人とかもいます」

郷田「少し病的な感じでしょうか?」

流星「そういうコミュニケーションの取り方が癖になってしまってるんですね。そういう人に熱を持って納得させるっていうのは大変ですよね。徐々に改善していくしかないので、講習を重ねるごとに治っていきましたけど、凄く大変でしたね」

郷田「ちょっとした自己啓発じゃないですけどカウンセリングみたいな感じですね」

流星「そういう時もありますね。どもりが酷くてそもそも会話ができない人もいます。そもそもの会話がままならない人もいます。そういうコミュニケーションができない人は、まず人と話す基本から教えたりしますね。言葉が全く出てこない人には仕方なくルーティンを教える時もあります」

郷田「いざ声掛けになると、あの人はダメ、この人もダメ、と言われると指名する側は難しくないですか?」

流星「プライドが高い人も多いですね。現状の自分が7、8くらいの女性と釣り合うと思っているんですよ。でも実際街に出ると全然釣り合わない現実を知るんですね。自己評価と他己評価のズレを無くして、どうすればレベル高い女性に寄せていく事ができるのかに気付かせるのも講習の役割ですね」

郷田「頭良くてプライドが高いより、何も考えないで声掛ける人の方が上手くいきますよね」

流星「だらり急って人ですね、理解が遅くても行動が早い人。急だらりは理解が早くて行動しない人。現代はこういう人が多いですよね。急急って人は珍しいですね。だらりだらりとか急だらりが多い訳ですから、そこをどうやって行動力を起こせるかって事ですね」

(中略)

流星「どんなに良い講習をしても講習生はモチベーションが続く人と続かない人がいます。講師は講習生の感情を貰わず、講習生の気持ちに立たないといけないですよね」

郷田「名言ですね」

郷田「講習に来る方の年齢はどれくらいの方が多いですか?」

流星「10代~50代まで幅広いです。30前後の方が多いと思います」



一部ですが、このような形で対談では様々なお話をさせて頂きました。



郷田ゴーさんの最新作NANPACLUBはAmazonのKindle Unlimitedの読み放題で読むこともできるようです。

前半はナンパ講習を受ける講習生側の目線でナンパについて書かれています。後半は一気に物語が急展開しバイオレンスな描写が出てきます。



今回は郷田ゴーさんがナンパ講師の意見が欲しいという事で連絡を頂きました。流星を選んだ理由を聞いた所、

郷田「マンツーマンでナンパ講習をしている本物の講師だと思ったから」

という言葉を頂きました。普段の発言等、色々調べて、ナンパ講師なら流星との事でした。流星もNANPACLUBを読みました。ナンパ物の小説として楽しめる内容でした。特にこれからナンパを始めようとする方は初心者のリアルな心理描写も多くあるので、とても共感できる事が多いと思います。本に出てくるスパルタナンパ講師の言葉に地蔵気味の方は勇気づけられるでしょう。


郷田さん、どうもありがとうございました。

Posted in メディア | Leave a comment

12/9 ビッグイベントの提案(1回目は頓挫)

1回目のイベントは中止となりました!



理由は参加者不足の為です。

今回は不正ができないルール+流星が参加、周りからの期待、イベントへの興味から、気持ちよく参加して頂ける方がまず数人出て頂ければと思いました。

1人、2人でやろうと言っても盛り上がる大会ではありません。

気持ちよく「参加したい!」という声が上がり4人以上集まれば、注目度も上がり、他の方もメリットが生まれるので参加に興味を示し、イベント成功の可能性がありました。

ルールを甘くしろ、流星が信用できない、審査員を変えろ、等々1人1人の要望を聞いていては、いつまでも大会を開く事ができません。



大会を開く為には人数が絶対に必要です。

そのためには今まで大会に興味を示していなかった老舗業者層に、動いて頂く必要があります(講習を辞めた方、新興業者除く)。

今回は遠くから来られる場合は旅費を支払うのも当然と考えていました。

流星の方からも今まで大会に興味を示していなかった老舗業者の方々にお伺いをたてましたが、誰からも良い返事を貰えませんでした。

流星の知り合いの老舗講師達が一斉に立ち上がれば、一気にイベント開催の機運は高まりますが、今回は流星の力不足で参加表明を頂けませんでした。



不正ができない仕組みを作っても、ルール関係なく、出ない人は出ない。興味ない人は出ない。という事なのかもしれません。

人数が集まりそうにないなら、高い金額を費やして大会を開くメリットはありません。当然モチベーションも下がりました。

考えてみると業者の方はメリット等々、それぞれの思惑があるのは当然。期待する声も多く、提案としては面白かったが、積極的に参加したい、前向きに検討したいという人数が集まらないので、頓挫となりました。



しかし、この不正ができない厳格なルールに関しては、かなりの方の関心を集めました。「是非やりたい」という声が出る大会にする為には賞金イベントが一番良いのかもしれません。



ルールに関しては、今回のルールを少しでも甘くすると必ず不正をする隙が生まれます。それはリスナーが求める物ではないでしょう。

参加者が得をするルールでなく、第3者が「これなら不正は出来ないだろう」と納得するルールが重要です。逆に抜け道が見つかった場合は更なるルールを追加しても良いでしょう。(但し音声内容に禁止項目を増やすと、審査の贔屓を生み出す温床になります)

仕組みが理解できない方、恣意的に流星を貶めようとする方からすると、流星が作ったルール、選んだ審査員なら流星が有利だろうと思うかもしれません。しかし、不正ができないルールがポイントなので、流星有利のメリットは多くないと思います。確かに夜の方がGETし易いのは間違いありませんが、まともな時間帯が特定の有利になる要因にはなりません。時間に関しても短いと感じる、審査員や目付が負担になる、もっと長い時間でも大丈夫等々、いざ開催しないとわかりませんし、改善すべき問題は必ず出るでしょう。



今回は100%不正をする疑惑が無く、不正を許さない流星だからこそイベントを提案を致しました。

審査員に関しても3人に関係性、偏りがあれば、審査員の不正の温床になりますが、今回お願いした審査員3名は、関西、海外、恋愛工学生と関係性がない為審査員の公平性も高いと思います。

当然流星の知り合いが1人いるから贔屓があるのではないか?という声があるかもしれませんが、音声の内容審査でなく、不正があるかないかが審査員の存在理由なので、不正がない場合はGETはすんなり認められる為、流星有利にはなりません。音声担当の方は音声に慣れ集中力があり、不正に気付ける人がベストなのは言うまでもない事。

例えばこれが音声の内容審査、女性の質の審査となれば、恣意的な感情を審査に混ぜる事ができる為、贔屓が生まれる温床、疑惑に繋がる要因を作るのは間違いないでしょう。



ルールについて知人や講習生に聞いてみた所、

「付き人、スマホが持てない不便以外は、いつもやっているナンパとあまり変わらない為、特に困るような問題はない」

との意見もありました。ただプレッシャーというのがあるので、いつもの力が発揮できるかと言えば別になります。



イベントについては知人から、

「万が一調子が悪い、運が悪く結果で出ない場合、今まで積み重ねてきた物が崩れるデメリットしかない。デメリットしかない大会なら誰も出ないよ」

という意見もありました。



デメリットしかない、参加希望がいないのならば、イベントが中止になるのは必然です。



ただ、厳しいルールの大会を見たい!という感心は多く、自主的に出たくなるイベントならば、多くのリスナーにエンターテイメントを届ける事ができるでしょう。

そうなると次やるとしたら〖賞金イベント〗と考えています。

その場合はリターンも考え、スポンサーも募集したいと思います。




応援、感想、記事の拝読、ありがとうございましたm(_ _)m

Continue reading

Posted in ナンパ | Leave a comment

会津若松籠城戦

珍毛が増えて髪の毛が減る=髪の毛が珍毛に移動する。

コペルニクス的な珍毛動説。あると思います…流星です。



八重の桜というドラマがありました。幕末の内戦戊辰戦争で翻弄される会津藩の新島(山本)八重の一生を描いた大河ドラマだ。





戊辰戦争は知っていると思いますが、その白虎隊の悲劇で知られている会津の事を詳しく知る人は少ないと思う。会津の悲劇は幕末の荒れた京都を守護(警察のような事)する京都守護職からスタートした。どうみても火中の栗を拾う損しかない役割の為再々固辞するも、松平春嶽公の『会津の藩祖保科正之公なれば、お受けするであろう』の一言に、将軍家茂を助けるためにと時の会津藩主松平容保公は京都守護職を受諾するのだが、このことが後の新政府側に深く恨まれる事になったのだ。



Continue reading

Posted in ナンパ | Leave a comment

講習についての想い

脱デブの鍵は最初のハードルを限りなく下げる事!



流星『あのすいません、この辺に脂肪吸引安いとこ知りませんか?』



ガンシカ!



流星『この腹でイケるかな?』(ビヨ~ン)

講習生「無理ですw」

最近3キロ痩せました!流星です。たまに走ってるおかげですね(たまに)




お陰様で講習5年目に突入しました。現在も多くの講習依頼を頂いております。ありがとうございます。

講習について最初に言いたいのは、流星は昔から誰でも結果が出ます的な事は書いてません。ノウハウについては特定の人だけがマネできるものではなく、どんな環境でも努力次第で全員が再現できるものが本当のノウハウだと思っております。

講習という枠を越えて、ナンパをヨーイドンで初めて結果が出易い人と出難い人がいます。例えば今まで多くの女性と遊んできて、女性に苦手意識の無い方がナンパを始めたら結果は出易いし、女性にモテる事を意識せず女性と別世界で生きてきて苦手意識がある方は結果は出難いです。

単純に見た目が良い人は有利ですし、仕事が出来そうな雰囲気、モテそうな雰囲気、色気がある等雰囲気を持っている人がナンパを始めたら結果は出易いし、見た目が大きく劣っていたり、自信が無さそうな雰囲気、頼りない雰囲気だと結果は出難いです。

Continue reading

Posted in ナンパ 講習 | Leave a comment

デートスポット

夏はマイナスが無い人が強い。夏はただでさえ暑くてムシムシしているのに、グダがある人が近付いてくるとダルい。

デブ=暑苦しい

チビ=邪魔

ハゲ=見苦しい

ブサイク=うざい

陰キャ=キモイ



とにかくグダがない人が強いのが夏。昔に比べると普通フェイスでも十分やれるのが最近の流れ。特に高身長で細い人(突出したブサイクじゃない限り)ほど最近は食いつきが良い傾向があり簡単にやれる。(これ現実)



チビグダ、デブグダ、フェイスグダ、怪しいグダ、ずんぐり小じさんグダ、グダのデパート流星です!

年々女性が男性を選ぶハードルが高くなっています。しかし男性側も女性を見るハードルも高くなっています。お互い良いガチャをひきたいのね。ナンパの場合は初見でグダが来ると話すらできない可能性が高い。特に各種グダが加算されると初見の反応は厳しくなる。

おじさんグダに関してはスマップの様に綺麗に歳を重ねれば良いが、ただのどこにでもいるおじさんになるとかなり反応が厳しくなる。総じて若い人は反応が良いし、おじさんは厳しい。現状を把握した上で愚直に改善していくしかない。

Continue reading

Posted in ナンパ, ナンパ 恋愛 | Leave a comment