流星の奇妙な冒険第2部(ガンギマリの街カオスパタヤ)

Pocket

ホテル前にあった居酒屋(値段はぼったくりレベル)



流星は悩んでいた…

スト師的にブログにパパ活とか堂々と書いて大丈夫かなぁ~…笑

そもそもそういうのを隠して、さも普通にナンパで即ったようにブランディングすればステルスチャリンチャリンできちゃうから、理論ゴタク業者からしたらバカ正直な流星とかただのアホだよなぁ。

海外ストも簡単にGETって上手にnote書けば数十~数百万だもん、ブランディング上手の業者は今バブルで景気良いよなぁ~





ま、ブランディングとかどうでも良いし、面白い物書きたいだけだから当分おんぼろ道場で我慢するか…

(ただ上品なパブリックイメージを崩さない為にはある程度柔らかい表現にしなきゃいけねーからそこは気を付けねーと





ま、出会いをストーリー風にしたくだらねーファンタジーブログとは一線を画す感じになるから丁度いいか。やつら(読者)はファンタジーブログをありがたがってファンタジーと現実の区別もつかねーような連中だから多少クレイジーな事書いても大丈夫だろ笑






〖流星の奇妙な冒険~第2部(ガンギマリの街カオスパタヤ)〗

怒涛の1日目(第1部)が終わり、お昼にバンコクのホテルをチェックアウトして、パタヤへGO!



エカマエに向かう電車。室内にTVもあり意外に設備が良い。





(電車内)

流「昨日移動時も思ったけどタイって早い時間はスト低しか歩いてないよね」

プ「ほんといないすね」

流「昼間はエブリデイ酷メリーゴーランドでブスしか歩いてねー!笑」

プ「夜にならないと良い子は出てこないですよね」

流「商売女がブスばっかだったら誰も買わないもんね笑」

プ「そうですね笑」

流「この電車もスト低しかいないし、まぁすぐそこにいる観光客がまだ見れるかなーくらいだなぁ」

流「流石にこの時間の電車内でハウマッチって言えないよね笑」

プ「この時間はまだまずいっす笑」







[流星メモ]

タイは全日夜の繁華街以外は基本酷メリーゴーランドだった。一部の観光客以外はマジでブスしか見ない。タイでは整形が安いようで夜の女やレディボーイが整形していて夜の子が良く見える理由もあるのかもしれない。日本との違いは化粧も大きい。タイは日本に比べると化粧が薄くほぼすっぴんに近い。タイもあと2次世代くらいたって日本の魔法の化粧技術を覚えたら昼間の女の子も一気にレベルが上がるような気がする。

たぶんだけど親世代のバブル前日本のような感じなんだろう。独特の芋ぽい感じがある。レディボーイは化粧濃いめの印象だった。あとタイ全体で遊んだ女の子の4割くらいが歯の矯正をつけていた印象なので矯正も安いのかも。

教訓:タイの昼間はエブリデイ酷メリーゴーランド!アユOK?





エカマエ着





バスの時間まで少し時間があったので昼飯。

エカマエのバスセンター向かう途中にあるパチ日本定食屋。

このセンスとかどう考えても韓国とか北朝鮮でしょ笑



ラーメンに餃子がのってる謎。



とりあえず頼んだエビ。やっぱりエビは間違いない。



謎の天ぷらがのったカレー。スープは肉じゃがのようで、味は気持ちカレー風味の粉を入れた感じ。





評価は「見よう見まねでパクッた家庭料理」という事で値段も安いしお察し。ただエビはハズレない。肉じゃがみたいなのにほんのりカレーの風味しかない理由はルーをケチって原価を安くしてると思われ。



セブンで買い物。日本のように普通のコンビニ。







カラムーチョもあるよ。





悲しいけどホテル~エカマエ駅までで一番良かった子は左下の清楚ぽい中国人だった。バス内で近かったので値段を聞いておけばよかった笑。夜の援交女にはない清楚感があった。夜の援交女は独特の雰囲気があるよなぁ。もう一人のスト低メガネのそっくりさんを後日ゴーゴーバーで見て、あんなん誰が買うの!?ってビビって聞いたらプロいわく欧米人でそういうのが好きなんがいるらしい。





パタヤin

パタヤではよくソン?っていうトラックみたいのにのってた。





ビーチ着。くっそしょぼいビーチ(時間と曜日?)で海も汚ないという印象。







早い所はすでに営業を開始している。



貸しバイクもある。





ホテル着。

ホテルに到着して少し休んで外出予定。ホテルはマイクホテル。立地はウォーキングストリートが近くかなり良い。ただ設備はかなり悪い。金庫無し、ドライヤー無し、ハンドタオルなし、ポット無し、しかもバスタオル交換は有料。写真は綺麗に見えるがそんな事はなく、洗面台には小さなゴキブリが多数いた。洗面台に水を張って対抗していたが、日本なら発狂物だがタイならしゃあないと思える不思議。現地の何でもありな感じにこちらが順応する必要がある。





あのサンセットが見たいという事で水上マーケーット側の海に移動。





到着した頃にはサンセットはすでに終了w





謎のイカが売ってる屋台。





ご飯を食べたのはここ。たぶん有名店。個人的に今回一番の当たり店だった。





店内には水槽が沢山あり鮮度がいいようだ。



チャーハンは間違いない。



カキは普通に食べれる感じ。







一番の当たりだったのはキングロブスター。でかい。





店内をウロウロしていた痩せた猫にもおすそわけ。好き嫌いがあるようだがエビは食べた。猫もわかっている。





再びホテルへ戻る。

気付いたのはタイは店の前でも平気で露店商が商売をしている。しかも勝手にやっている疑惑もあり、店内と外は系列や関係はなさそうだ。そういう商売に寛容な土地なんだろうか。写真はセブンの前に勝手に出していると思われる露店。



ゲイタウン。流石に1人では入れない笑。



謎の寺。



祭り。活気がやばい。







しばしゆっくりして、準備をしてみんなでウォーキングストリートへGO!(22時くらい)

「地回りレベルに街をなめまわしながら歩こう!」

今宵も奇妙な冒険が始まるのか…?





これが有名なウォーキングストリート。平日でも人がとにかく多い。活気がヤバくてエネルギーがやばい。







街を歩いていると怪しげなおやじが声を掛けてくる。

おやじ「隊長!マ〇ファナ!バイアグラ!!」





流星「くっそ最高じゃん!めっちゃおもしれー!!」





[流星メモ]

ウォーキングストリートにいると身体の全身からエネルギーが沸きあがってくる。この正体はたぶんバブルを生き抜いた親の遺伝子が反応しているとしか考えられない。バブル期の日本の話を聞いた事があるが、今は閑散としている街にも昔は人であふれ返して賑わっていたという。バブルの日本もこれくらいエネルギーと人であふれていたはず。

ウォーキングストリートの賑わいと比べると眠れない街歌舞伎町は元気がない。道が狭いから賑わっているように感じている可能性もある。照明の独特の色合いも怪しい繁華街を醸し出している。

日本で自分を解放できなくて鬱屈とくすぶっている人ほど、発展途上国の繁華街でエネルギーを感じるべきだ。ここに来ると古き良き日本の遺伝子が反応する。

教訓:エネルギーの無いやつはパタヤへ行け!アユOK?





トルコアイス。



勝手に?店前で商売している露店商。



店内でライブをやっている店も多かった。



クラブin。クラブにいる女はスト値低め。ババアも多かった。右に1人でいるのもババアで一人できてるからウリしにきてんじゃねーかと思う。あとババアは筋が見える。これ豆知識。





クラブにいたら昇天しそうな人もいるので早々に移動笑。

バンコクに比べると呼び込みをしている女性のレベルが低いと感じた。パタヤの有名店バカラにも入ったがバンコクより平均レベルが低い。ちなみに1件目だったので他も見たいので誰も買わなかった。女の子に○○番だから後で来てよ!と食いつかれるも結局忘れて行かなかった。





[タイ豆知識]

パタヤはバンコクよりレベル下がります、と聞いていた通り全体のレベルが低く芋っぽくなった。イメージは東京から東北の田舎に行ったみたいな感じ。ただ悪い事ばかりではなくプロいわくバンコクよりも女の子のサービスが良いようで素人感が好きな人には良いのかも知れない。プロいわくバンコクの女はかなりスレているとの事。





1周して外から見て他と毛色が違うエキゾチックな雰囲気のお持ち帰りできるガールズバー?的な所に入ってみた。入り口にいて目についた子を指名。ラオス出身の23歳。店はここらへんの店だったはず。





速攻で校長がいなくなるw

話を聞いたらこみこみ2500Bでいなくなったそうだ。確かハメナプトラに出てきそうなエジプトとかにいそうな黒い高身長だった。

流星もお持ち帰りしようと聞いてみる。

流「ハウマッチ?」



女「〇△✖~4000」

流「ばっかじゃねーの!アナザー2500!(校長の方は2500っていってたぞ)」

女「△〇◇〇~OK」

ジャパニーズ援交おじさんワールドワイドテクニックのアナザー!が決まって2500B払って店の上にあるホテルに移動。ぼったくられてたのかわからないけど、実は校長指名子は後にレディボーイだとわかった。レディボーイは基本料金が女性より安い。ラオス子からは食いつきも感じていたので、そのおかげで安くする交渉がOKだったのかもしれない。それにしても前日レディボーイにぼったくられたばかりなので底辺中華流星に4000Bは高杉!



アンドロイドのウンコインカメでパシャり。





日本人とは骨格が違うなという感じ。こっそり隠しどり。ケツは良かったがおっぱいは入れ乳だった。





実はチップで裸を撮ってもOKと言われたので、200Bくらい払おうと思ったら財布に500B札と1000B札しか入って無くてケチってやめた笑。今思うとチップを払ってブログ用に入れ乳を撮らせて貰えば良かった。

女性は撮影を待っていたのに、ケチって写真をとらない事にしたら一気に不機嫌になり、何を言っても「ハーン」みたいな感じで不機嫌な返事を連発された笑。



写真はホテルから出たらさっさと先を歩かれて置いて行かれた様子。普段女性からH後不機嫌にされ気まずく別れないから慣れていなく凄い印象に残った。

援交おじさんが生ハメしてうっかり中出しして、女性と気まずく解散する時はこんな気持ちになるのだろうと、すげー新鮮な気分になったのを覚えている。おもろい体験笑。





2500B(約9000円)で3D即目(3ドンファン即目)





キスOK、ゴムフェラ、多分だけど1個目のゴムを外してからは生でも良さそうだった(ちゃんとゴムつけ直したけど)。サービスは良かったと思うが入れ乳は感触が悪く全く興奮しないなと思った。驚愕したのはあそこを触った時にこれはプロだ!と電気が走った。穴付近のヒダ?筋肉?が硬化していてかなり戦闘力が高いマンコだなと。18からやっているとすれば5年以上連日ジェルを塗ってやりまくっているだろうから、その摩擦に耐える鋼のマンコになったのだと思われる。長年の経験でわかるマン力。この女のマンコは歴戦を戦い抜いた猛者マンである。



流ひプ「校長!どうだったんですか?」

校「あれレディボーイだったよ笑」

流ひプ「えー!あれレディボーイだったんだ!」

校「面白そうだったからアナルに入れてみたわ」

ひ「え?チンポついてたんですか?初めてですか?」

校「チンポついてるの初めてだったけど、もう何でもいいかなーって笑」









[流星メモ]

これが器の違い。流星はレディボーイ最悪!とアナルに入れる事ができなかった。校長は人生は経験、面白そうだからアナルに入れてみる。この差に底辺と富豪に人生を別けた違いが出ている。必要なのは一歩踏み出す勇気。ちなみにアナルには流石にゴムをつけたとの事笑。

教訓:つまんねー人生を変えたかったらチンポのアリナシは気にするな!思い切ってアナルにぶち込んでみろっ!!アユOK?







その後校長はホテルで休み、3人でロシアンパブにin。

これは拾い画だがたぶんこの店だったと思う。





3人が入るとすかさず店のスタッフが女を付けてくる。これは何となく感じていたのだが、夜の繁華街に行くと日本人がどことなく優遇されているのを感じた。それが間違いないという確信に変わった瞬間であった。



[タイ豆知識]

タイで日本人が信用あるのは間違いなく、先人のおじさん達が作ってきたジャパニーズマネートラスト。プロも「日本人って言えば大抵の事は許して貰えるんで全然大丈夫」と自信を持って言っていたのはこの信用が土台にあるからだ。

流星は先人のおじさん達が作ったこの信用に感動した。ジャパニーズお父さんリスペクト。我々は偉大な先人達を敬う必要がある。


先人のおじさん達がマネーで作った信用の階段





ロシアンパブではイスラムっぽい客には女をつけない&スタッフが塩対していたのに対し、我々日本人が入ると速攻で女をつけてきた。他の店でも外人には冷たく日本人優遇があるのを感じていた。

女がドリンクをねだってきたが値段を見ると高いので3人ともNO。しかも流星についた女はどうみても30は越えてそうなババアでゲロゲロ~。



身長も高く細くスタイルは良いがいかんせん顔を見ると暗くても年齢が浮き出ている。とりあえず年齢を聞かれたから28と言って若い女をつけて欲しそうな空気を出す。



ババアが隣で成り行きを見守っている中うるさい店内でやりとりをする。

ひ「流星さんどうするんですか?」

流「こんなババアに金払うとが罰ゲーム過ぎてマジで無理!!」

流「翻訳してババアは無理って伝えたいけど良い翻訳が出てこないよ!でも…直接伝えるのは流石にまずいかなー笑」

(ちなみにこの時翻訳しようとして上手く翻訳されなく断念したのがこれ)





エキサイト翻訳使えねー!!




プ「自分は4000Bらしいので買ってこようと思います」

とりあえずプロが4000Bで購入を決める。女性は20代で身長も180くらいありそう。

そのやりとりを見て流星についたババアがまさかの発言をしてくる。何言ってるかわからねーがニュアンスで。

バ「私も買ってよ」(たぶん)

流「ノー!!」

ババアはノーにひるんだ様子はない。その後も買って買ってアピールをしてくる。流石歴戦の猛者である。

流「ひょっとこさん、どうします?」

ひ「この人達身長高いからぼく怖いです」

流「ババアは無理って連呼してるのバレたらぶん殴られそう笑」

ババアがなおも何か言ってきてる。

バ「安くしとくからさー」(たぶん)

流「ノーだ!ひょっとこさん出ますか?」

ひ「出ましょう!」



入り口に向かっていると悪くない20代中盤ぽい子が流星に抱き着いてきて離さない。

女「〇△✖〇△~」

流「もう帰らないと」

女「やだやだ!」

ずっと離してくれなくて困る。キスもする。

女「〇△✖2000〇◇」

2000で買ってくれと言われているようだが悩んだが断った。

流「フレンドリターン!」

何度かやりとりをして残念そうに最後にキスをして解放して貰う。わかったのは食いつきがあるとやはり有利だという事。ババアだらけの店内では若く、良い方だったので本当は2000Bなら買ってもよかったが買えない理由があった。



流星脳内[理想]

『ハニー、俺ははした金で女を買うような下品な男じゃないのさ、もし違う出会い方をしていたなら…残念だけどグッパイさ』







流星脳内[現実]

『さっき使ったから財布の中1000と数百Bしかないンゴーッwww』







[流星メモ]

食いつきに関して確信を持ったのが2日目。全員が同じように食いつかれているか?というとそうではなく、各々食いつきが全然違う。店の若い子ではなくおばさんママに食いつかれている人もいた。

交渉が円滑になったりサービスが良くなるなど食いつきがあると色々良い事があると感じた。食いつきの有利をプロに聞いたら「あると思います」との事なので食いつきがあるにこした事はない。生OKだったり(ゴムしたけど)、キスOKなのも食いつきが関わっている場合もあると感じた。ドンファンプレー時もストに出るように見た目を整えよう。ちなみに自分のストレートアイロンは変圧器がないと使えなかったので海外対応しているか注意。

店に来る客の大半はさえないおじさん達ばかりのはず。ストできる見た目があれば若く見られるし、先進国のオシャレをすれば他のさえない客と明確な差が生まれるのでサービスが良くなるのも当然だと思った。

教訓:タイでドンファンする時も見た目を整えると有利に働く。アユOK?





ちなみに後でプロにロシアンの様子を聞いたら上の階に通されてゴムを持って一緒に踊らされ、焦らされて部屋に移動しようとしたら「もう1500B払え!」とぼったくりにあったらしい。

最初は焦らされて興奮したが更にお金を請求されるとは…という結末。我々は足を使ってボラれて学んでいくスタイル。

パタヤのロシアンパブはプチボッタに要注意だ!





ひょっとこさんと2人になったので、街でストナンしてみるかと提案。

ぽくぽくぽくぽく…チーン!



流星はすでにストナンする時のコツが頭に浮かんでいた。ドンファンしながらどうすればナンパが成功するかイメージはできていた。

現状を把握すると、

・言語が一部の単語以外通じない

・ニュアンス(ノンバーバル)でしかコミュニケーションが成立しない

・翻訳を使って単語で意図を伝える会話しかできない

この条件で声掛けて連れ出すには正攻法では無理だ。



〖流星ワールドワイドテクニック「全奢り協会」〗

全奢り協会とは、最初から全部おごると伝える声掛け。食いつきがない、声掛けが上手くできない弱者の手法。日本ではいきなり使わない禁断のテクニック。

日本でも連れ出しできないおじさん達が「すかさずタクシー代を出す」「無料で飲めるところがある」などをアピールして連れ出し確率を上げている。不利を有利にする立派な戦略ではある。

ちなみに全奢り協会を流星は正直者だから言うけど、こういうのを言わなければブランディング次第で魔法のテクニックに思わせ情弱共をカモにして金を巻き上げる事もできる。素直で優しい人が多いから疑わないので、内情を言わなければブランディング次第で簡単に凄そうに見せる事ができる優しい世界だ(イージーチャリンチャリン)。



現状、英語がまともにできなく、会話も99%以上成り立たない、トーク力を奪われた流星がとるべき戦略は、スタートから全奢り協会のパワープレイ!





正攻法で海外で即っているであろう海外ナンパ師のクラトロさんに心の中で謝罪しつつ、街で声を掛ける。





ウォーキングストリートを歩いている女のレベルの低さはマジでお察し。しかも春を売っているはずのストリートガールのレベルの低さは厳しいものがあり、金を出して買うにはある意味勇気が必要になってくるだろう。ゲロゲロ~。





ストリートはナイト&デイ&エブリデイ酷メリーゴーランドだ!



翻訳アプリで「奢る」を翻訳。

流星「ひょっとこさんここはいきなり全奢り協会でいきましょう!」

しばらく街を物色。

流星「とりあえずあのクラブに行きそうな一人で歩いているでかパイ女に正3で行ってみましょうか!」



いつもよりエネルギーが溢れているし、海外初の1声掛け目なのでスーパーサイヤ人3状態で声掛け!!

流星「ハーイ!ファインファイン!!オールマイペイメント、レッツゴーレストラン!!」(レストランを指さす)

流星「レッツゴーレストラン!ドリンク!オールマイペイメントOKOK!!」(行くぞ!とノンバーバルで伝える)



女の子笑いながらついて来る。

1声掛け目、連れ出し成功!

写真は連れ出し先のレストランから。







流「ひょっとこさん、やっぱここは全奢り協会が正解!海外ナンパも楽勝楽勝ー!!」

で、しばらくレストランで楽しく飲みつつ女の子とやりとり。基本何言ってるか全然わかんねーし、女もわかってねーと思う。基本は全てニュアンス。

何かを伝えたい時は翻訳アプリで単語を変換しつつニュアンスで伝える会話のみ。ファミコンのドラクエ1を作ったエニックスの開発陣の苦労がわかった(ドラクエ1は容量の関係で20文字しか使ってない)。流星は20~30単語しか使えてないと思う。



[流星ワールドワイドテクニック]

基本はゲームをしつつ酒を飲むので、海外に行く時はみんなで遊べるアプリのゲームをダウンロードしとくのは基本と言える。会話が成り立たないから基本はノリと勢いしかない。しかも普通に日本語で話しかけたりもする。

たぶん日本のおじさんがよくやっていると思うんだけど、会話に困ったら日本ではこう言うけどタイでは何て言うんだ?と聞いてみよう。おっぱいに指刺して「ジャパニーズおっぱい!タイは?」と聞いて更に「そのおっぱい1バーツ?」とか聞いたら女はウケるし「ユースケベ?」「俺らはスケベだ!」とかゲラゲラ笑いながら言えば女性も一緒に笑ってくれる。流星は女達から「クレイジー」と毎回のように言われてたけど、普通の観光客はみなもっと上手くコミュニケーションを取っているからだろう。

勝手にジャパニーズスタンダードを作ってそれを女性に伝えるのもしてたような気がする「デイSEXジャパニーズスタンダード!」みたいな。



しばらくしてホテル移動を促す。

女性が「ホテルはちょっと~」的なニュアンスをしてるので「俺はジェントルメン」「ユーセックス、マイOKOK!マイセックス、ユーOK?ノー?チョイスOKOK!」とかこんな感じで適当に言ってとにかく誠実さをアピール。



ニュアンスで俺が誠実系だってわかってくれたのかホテル移動もOKOK!笑



コンビニで酒を買いホテルin。マイクホテルはIDチェックも何もないのですんなり部屋に行ける。ただある意味IDを預けないという事は物を盗まれる可能性もあるのでそこは要注意。



ホテルでも盛り上がり、パイをつつくなどのボディタッチもOK。もしかして初ナンパでノーマネーで3Pいけちゃう~?的な感じの流れ。





しかし、キスして更にイチャイチャしようとすると嫌がる感じ。これは3Pグダだとニュアンスで判断してひょっとこさんアウトで、女の子と2人きりになってギラついてみる。



ノーマネーでフィニッシュのDじゃない即キタか!?





ベッド内。

女「○×△◇〇~」

流星「何言ってんだこいつ?」

女性が翻訳アプリで使う。

女「貴方は私に何をしてくれますか?」(こんな感じの翻訳だった)

流星「マネー?」

女性「イエス」





流星は女の年齢も32だったしババアは無理グダでひょっとこさんに預ける事に。最初は2000Bとか言ってたけど交渉で1000BでOKという事でひょっとこさんも1000Bなら良いと言う事でひょっとこさんがドンファン即。

終わった後ひょっとこさんから「流星さんは500Bで良いみたいですよ」と言われたけど、ババアは500でも無理グダで断って放流する事に。

チーム的には無料でやれてもトラブル防止のために最後に少しでもお金を払おう、というスタイル。ひょっとこさんも「逆に払った方が安全なので払いましょう」の姿勢。

後でひょっとこさんに聞いたらこの後もクラブに行くし子供がいるらしく稼ぎにきているのだろうとの事で可哀想な境遇なのかもしれない。こういう事をうっかり聞いてしまうとわずかでも払ってあげた方が良いよなぁと同情してしまうのでそもそもそういう会話はしない事。

ノーマネーデイセックスはジャパニーズスタンダード!

同情はするものの流星はババアは500B(約1700円)でも無理グダ!笑





放流して再出撃!(朝の3時)

ウォーキングストリートへ向かって歩いている途中。

ひ「流星さんあのコンビ良いですね、行きましょう!」

ひょっとこさんが声掛け!

ひ「セブンで買い物するからついてこい!」(たぶんこんな感じの事を女性に伝えていた)

4人でセブンin。

セブン内でひょっとこさん速攻でドンファンクロージングw

2000Bで話がまとまりホテル移動!

ホテルを出て5分後にホテルリターン確定!

流星は流星部屋で片割れと待機。

ひょっとこさんドンファン子は身体つきがエロい。







流星部屋で待機中に片割れと話したら、お客で一番多いのは中国人で、日本人にはあまり好かれないそう。全部で30人くらいとやったと言ってたから意外と少ないなという印象だった。

中国人に好かれて日本人に好かれない理由を流星なりに教えてあげた。日本ではよくいる少し可愛いに入る日本人顔なので、日本ではよく見るから逆に買わないのだろうと。翻訳アプリを使って会話するからメッチャ時間がかかる。

女性は流星が最初から買わないと諦めていたようだが、一応貴方はSEXしたくないの?と聞かれたけど、流星はお金払いたくないグダで「ノーインタレスト」。



そして30分でひょっとこさんが戻ってきて街へ再出撃!

ひ「スピードスターです。パタヤの経済を活性化させます!」





往年のスト師だった頃の血が騒いでいるようだ!



ウォーキングストリート着。

そして声掛けできそうなコンビを発見して声掛け!

流星「はーい!ナイチューミーチュ」

女「はーい!アーユーフロム?」

で少し話して「ドリンク!」と言ったら2人とも女に腕を引っ張られてクラブへ連れていかれる。最初からノリの良いコンビだった。

朝4時にクラブin。





音がうるさくて全く会話にもならず、ひょっとこさんもみるみる疲れて元気がなくなっていく。この時間にクラブは体力的にもおじさんにはかなりキツイ(>_<)

ちなみに「オフショルダーは日本でちょっと前に流行ったんだよ」これを伝えるのに女の子2人が?な顔をしながら「たぶんこんな事いってんのかな?」っていう感じで一つの会話が伝わるまでに10分かかった。1会話に10分。言葉が伝わらないとかなり疲れるし、女も迷惑するだろう。



流「マイフレンドタイラド」

女「〇△◇✖〇ウォント〇◇?」

何かウォントって聞こえた気がしたのでこれは「貴方は私が欲しいの?」と言っていると解釈。

流「イエス、ゴーマイホテル!」

女「○✖◇〇△▢セイム〇▢」

セイム?スーパーイングリッシュの「セイム」出たー!

今回の旅で憶えた英語の「セイム」は「同じ」という意味(たぶん)で、とりあえず女が何か楽しそうになんか言ってきたらニコニコ「セイム!」って言っとけば基本OK!色々都合よく使えるスーパーイングリッシュ。

流「ひょっとこさん!何かセイムって言ってるからホテル連れ出しできそうですよ!」

で、女コンビにまたまた2人とも腕を引っ張られ、クラブの外に出る。



外に出て女がバイク便に乗ろうと言ってきたので、ホテル名を伝えバイクで3ケツ。ヒャッホー!





で何故かホテルを過ぎた所でバイクが止まる。よくわからないお店の前。

女「〇◇△〇◇ショッピン〇✖〇~」



何か一瞬ショッピンと聞こえたような気がする…

ニュアンスの鬼流星がその場の状況から女の意図に気付く。





流星が速攻で不機嫌になる「ノーッ!!」



ホテルに止まらないでよくわからん店の前で降ろされ、ババアにベラベラわけわからん事言われたが、ババアの目的はわけわからん服の店?で何か買って貰おうという手口なのでは?という事に気付いた。先輩ぽいババアがリーダーのようだがかなりしたたかな印象。流担当は優しい良い子。

このババアまともじゃねー。こいつの精神こそ暗黒空間だっ!



ババアが意図しているであろう事をひょっとこさんに伝え、バイク便100B取られて女と解散。

流「あのババア、俺らに物買ってもらおうとかマジで舐めてる!!」

ひ「あれ乞食だったのですかねー?」

流「絶対乞食だよ!俺の方はドンファンしても良いけど、あのババアに金払うのはマジで無理!!」

ひ「自分の方(右)はしたたかな感じでしたもんねぇ」





流「会話が全く通じないと乞食ババアに良いようにやられるね!!」






流「400B(約1400円)コジコジ!」





[流星メモ]

会話が通じねぇってのはマジで不便でやれやれだぜ。ただでさえ会話が通じないのにクラブはうるさすぎて全く聞き取れないから、あのババアからすると話が通じないから日本人を上手く利用して物でも買わせよう、的な魂胆だったのだろう。だがそこは長年戦場を生き抜いてきた流星、速攻で魂胆に気付いて拒否したぜ。なんとか400Bの損害で済んだがここは乞食ババアだらけのコリドー街かと思ったぜ!

バイタクの支払いを拒否しようと思ったが、万が一トラブルになったら困るのでさっさと払って放流。チーム的にはお金よりもリスク管理重視。個人的には100Bつっぱねたかったぜ笑。

教訓:話が通じないなら女とクラブに行くな、尚更話が通じなくなる!ただし飲ませまくる感じにしたいのならありだ!アユOK?



[タイ豆知識]

後にバイタクのおやじに適正価格を調べるため値段を聞いてみたら(ウォーキングストリートからホテルまで5分かからない感じの距離)150Bとふっかけられた。流石にぼったくりだとわかるレベルだ。

今更ではあるがこのブログを書いている時にパタヤのバイタクで調べてみると2キロ以内は25Bだという事に気付いた。もっと早く(現地)で気付いていたらバイタクのオヤジに文句の一つでも言っているところ。無知というのは怖いが、流星はゼロ知識でスタートして騙されながら相場感を磨いていくスタイル。

チーム的には数十B、数百Bの差を気にせず払うスタイルだが、これを見てタイに行く人はあらかじめ相場表のような物を用意して、タクシーを使う時は運転手にそれを見せると良いだろう。

余談ではあるが公家氏に「タイってどんなとこ?」と聞いたら一言「タイは金をむしり取られるから気を付けて」と言われた通りぼったくりの国だった。ちなみに「SEXも後出しでお金を請求される」との事だったので、そういう所だという事を頭に入れておいて欲しい。タイ経験がある他のメンバー達はトラブル防止の為にもノーマネーフィニッシュでもお金は払った方が良いと最初から言っていた。





最後にウォーキングストリート(WS)を一周して帰ろう!という事でWSへ向かう。時間は朝の5時くらいだったと思う。

WSに付く手前の道にて。

流「ひょっとこさんあれ見てよ!!ヤバい奴いるよ!」

流「歌舞伎町の深淵で半場ホームレス化したようなオーラを出してる女がいるよ!あいつやべーwww」

ひ「何かいますねー」

流「おもろいからちょっとネタで値段聞いてきてよ!笑」



ひょっとこさんが深淵に近付く…



ひ「〇△◇✖〇」

深淵「▢〇△✖」

何か話している。英語は通じるようだ。

流「ひょっとこさん値段聞いてみてよ!」

ひ「ハウマッチ?」

女「〇△◇✖」(少し恥ずかしそうにしていたように思う)

ひ「貴方が決めてと言ってるみたいです!」

流「えーwとりあえず500って言ってみて!500でも高すぎるけど!笑」

ひ「500」

深淵「ノー」

ひ「500はノーっていってます笑」

流「100B(約350円)でも絶対買わねーのに500とかバッカじゃねーの!!WS行こうぜ!!」



写真は歌舞伎の奥に落ちてそうな深淵の者と話すひょっとこさん。





ウォーキングストリート着。

屋台が出ていて、雰囲気が戦後の闇市みたいな模様になっている。これが日本の原風景なんだろうなって何か懐かしく感じた。遺伝子が反応している…





流「うわーなんかダライラマみたいなやつも出て来たよ!」





流「うおー!街やばくない?っていうかヤベーのしか歩いてない!!」

さっき見た深淵はあくまでも深淵の入り口の者だった。名もなき修羅って感じ。朝5時のWSはハンパじゃない。深夜の歌舞伎町も真っ青の深淵があった!!





ひ「街歩いてる人ひどいですねー」

流「酷っていうか、ど酷しかいない!笑」

どうやらクラブから出てきてたであろう女性?が多数歩いている模様。









ウォーキングストリートのモーニングはど酷メリーゴーランド!!(WSDMG)

一番ましな人(2、3人)に話かけたら全員レディボーイ!

男の方が女よりもスペックを上回っているやばい街!!

ひ「もはやレディボーイの方が完成度高くてレベル高いですね」

話したレディボーイにチップを上げてひょっとこさんが記念写真をパシャり。





ひょっとこさんが話している間この女(男)の連れの女(男)に流星がレディボーイについて気になっていた質問を投げてみる。

流「ユーボーイラブレディボーイ??(お前は男が好きでレディボーイやってんのか?)」

女「・・・」

流「レディラブレディボーイ?(女が好きだけどレディボーイやってんのか?)」

女「・・・」

流「ファッション、マネーレディボーイ?(お金の為にやってんのか?)」

女「・・・」

女(男)は気まずそうな顔して何も話さない。

流「こいつコミュ障で何もしゃべんねー!マジでやベー!!」

(タイでは基本日本語で何言ってもオールOK!)








[流星メモ]

汚染された川の魚じゃあるまいし、真性で男が好きなレディボーイがこんなにいるなんておかしい。それならホルモン異常者の数がハンパない事になる。

色々とこれまでの情報をまとめてみると、タイの昼間の日給は日本円で約1000円でサラリーマンの月収が約7,8万円らしい。という事は夜のバンバン達は1回で最低5日間以上は稼ぐ事になる。若い女達が簡単に稼ぐなか若い男達はホストもなく、簡単に稼ぐ手段がない。ゆえに女に擬態して金を稼ごうと考えたのではないかと思う。

騙された観光客が最悪!と言ってアナルに入れずにフェラだけで済む事も多いだろうと思われる。レディボーイが多い理由はホルモン異常の狂った国などではなく、稼ぐために仕方なくファッションでレディボーイをやりはじめたやつの方が多いのではないかな?という疑問が浮かんだ。

流星的には短絡的に稼ぐためにケツの穴を差し出してフェラするなんてダサいなと思う。生きる為なのかもしれないが、他に稼ぐ手段を考えようとせず女に擬態して楽に稼ごうとするダサい男が多いと考えたら、タイという国とレディボーイに哀愁のような物を感じる。個人的にはレディボーイとかマジで害悪な存在だと思っているので同情とか一切ない。

教訓:貧乏だからとケツを貸して稼ぐ手段が取れるか自問自答してみよう!アユOK?







[2日目総括]

一番の盛り上がりの場面まで行けず(文字数がやばい)、2日目もマイルドな旅行で終わりました。

ストナンをしてみたら連れ出しはマジで簡単で、3声3連れだったけど、タイミング等も考えると多分夜の22-2時くらいなら声を掛ければ2分の1以上の確立で連れ出し成功するんじゃないかと思いました(全奢り協会なら連れ出し確立が8割以上になるかも)。

ノリが良い人達、そしてガンシカが無いって素晴らしいよね。日本の路上にいる塩対バカ女達に発展途上国のノリ良い女達の爪のアカを煎じて飲ませたい。ノリが良いって素晴らしい!

ノリの悪い人ほど発展途上国のエネルギーを貰いにいくべし。エネルギーが鬱屈していて外に出せず、自発性も無く
内向的になっている人が多い。日本の大都市を歩いてる人達の顔を見てごらんよ、不景気そうに歩いている人が多いのがわかるはず。バブルの日本はもっと人々の表情が明るかったはず。

ちなみにタイの人々が幸せそうに歩いているかと言えばそうではなく、貧困だからやはり幸福度は低いと感じた。(外人だから表情が読めないだけかも)





ちなみにプロはナンパ師でもないのに触発されたのか、自分らがコンビで連れ出した後1人でWSをウロウロして、ゴーゴーバーの仕事帰りの女にナンパか逆ナンかわからないがメッチャ食いつかれて直ホテル連れ出しして、女に「ノーマネーでOKよ」と言われノーマネー即を決めていた。

最後にトラブルが怖いから「ノーマネーはダメだ!」と1500B渡したらしい。ノーマネーで即ってもリスク管理重視がプロの姿勢。







次回、流星の奇妙な冒険第3部(マネーダストソクレーナーズ)

次回はいよいよ山場&最後の記事だ!

・ブッタはガ〇ジャで悟りを開いた?

・徳を積みに行ったら業を積んだ

・あわやトラブル!?

・いよいよナンパでGET!?

・レディボーイの見分け方



次の奇妙な冒険もお楽しみに!





Pocket

カテゴリー: ナンパ, ナンパ 海外 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA