運命の扉

Pocket

テレビ未来遺産 

生命38億年スペシャル最新脳科学ミステリー“人間とは何だ…!?

 

というテレビを皆さんは見たでしょうか?

 

私は途中までしか見ていないのですが、

なぜか白黒映像がカラーに見えたり、丸い玉が消えたり、不思議な脳の働きを体験しました。

その中で恋愛についての脳科学では非常に興味深い脳の働きがわかりました。


ただいま恋人募集中恋がしたい女子大生の…
I子さん早速タイプの男性がいるのか

品定めを始めました

(I子)「この人すごく優しそう」
「あッこの人イケメン超タイプかも」
「うわッこの人お金持ってそう」
「よ~しじっくり観察してやるぞ」

しかし
実は「あッこの人イケメン」なんて選んでいるときより前にI子さんの脳は結論を出していたのです。

何と最新の脳科学研究で判明したのです人は一瞬で好き嫌いを判断する。
さて素敵な出会いを経て見事恋に落ちた2人恋に落ちるとムクムクと湧き上がってくる
抑えきれない恋心その正体とは好きな人ができた途端その人のことが

一日中頭から離れない一緒にいるだけで幸せな気持ちに包まれたり、
ささいなことで落ち込んだり。

意外にも恋愛は人の脳で著しく発達している言葉や思考をつかさどる新しい脳ではなく
動物的な本能である古い脳から生まれていることが判明したのです。

そんな恋心の正体は非常に原始的な脳のところにあると、

場所はどこかというと、人間らしい大脳そして原始的な脳の中央部のさらに中のほうですね、

何とこんな真ん中にあったという恋をつかさどる脳っていうのは!

魚とかは虫類と同じものというそうですね古い脳の部分で本能の部分で、

ここで言うとまずその本能の部分で判断しちゃいます好きか嫌いかを見た瞬間。

と、かなりはしょってますが、

恋愛というのは非常に本能的で、

人は異性に出会って 0.5秒で好きか嫌いかを判断している!

本能的、0.5秒。

 

 

これはナンパにもかかわっているのですが、

どうかかわっているのかは、自分なりに考えてみましょう!

 

 

 

 

 

で某日

 

自分のアポもつまんなく終わり、

 

そのまま帰ろうかと思ったけど、

 

アポ失敗のとある講習生が…..

 

blog_import_53426b3338a29

「一緒にいれるだけでいいんですよ~」

「話できるだけでうれしいんですよ~」

「むしろ、遠めから見てるだけでいいんですよ~」

 

 

そ、そんな言葉で、

そ、そんなエサで・・・・・

俺が釣られるかーーーーー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

blog_import_53426b33ecd5d

 

 

 

 

釣られたクマーーーーーッあせるあせるあせる

でオールしてレベル高いの連れだしたり、コンビ連れ出ししたけど、

すぐに無人の荒野になるから、効率は非常に悪い。

もうオールはしないとまた心に誓うだけであった・・・・・

 

 

 

で次の日。

たぶん40時間以上寝てない。

ギネスを狙ってw

出撃www

20代ならいざ知らず….

 

 

年齢考えましょう><

何のために生まれてきたのか?

 

何故こんなことをしているのか?

疲れのせいであろうか?

頭がろくに働かないからなのか?

 

男に生まれたのならば一度は考えたであろう哲学的な気持ちになったのをよく覚えている。

 

 

そしてパフォーマンスも悪いしさすがに帰ろうかと思ったところで、

 

 

 

めっちゃ童顔の天使のような子(に見えた)

 

 

を連れ出しするひらめき電球

 

気力を振り絞って即アップ

 

捨てる神あれば拾う神あり。

 

 

帰宅。

 

 

 

 

ナンパという行為は女性の一時の寂しさや心の隙間を埋めることしかできない。

 

 

一人の女性の面倒を見続けるというのであれば、

結婚や絶えず一緒にいるという選択をしなければならない。

 

 

誠実に女性に接しようとしてもナンパで女性との擬似恋愛やHを覚えてしまうと、

それは麻薬のような快感があるために、そのスパイラルからは抜け出せない。

 

 

誠実にナンパしたいというのならば、ナンパで成功した一人の子に絞ってさっさと結婚すれば誰もが認める誠実なナンパでしょう。

 

あくまでも誠実な体で近づく事はナンパにおいて有効であるし、

私も講習でいくらでも教える事ができるが、

 

 

ナンパという行為を選んだ時点でそれは似非の誠実系でしかない。

 

それは女性の方が誠実でなかったという裏切りにあってしまったり、

その女性と真剣な交際をするか悩んでいる時に、女性の想いが強くなり受け入れる側の自分の精神が持たなくなってしまう場合もある

ガラスのような存在なのかもしれない・・・

 

 

 

長くナンパをやっていたらこんな体験もある。

 

 

我々ナンパ師は女性を即ったと思っている時、

実は即ったのは女性の方だったという事がある。

 

それは女性が暇な時間や心の隙間の寂しさを一時埋めるために、

あえてナンパ師の誘いに乗っている節を感じる時があるからだ。

 

女性の側も暇な時間や寂しい時の隙間をうめるために、

あえて非日常の出会いと擬似恋愛という快感を得るためにナンパ師を利用しているのかもしれない。

 

それはまるで傷の舐めあいをしているかのように・・・・

 

 

負担にならない擬似恋愛。

 

束縛される事のない軽い関係。

 

新規Hの快楽。

 

 

楽なほう、より楽なほうに流れてく生活はいつまで続くのであろうか?

 

緩やかな川の流れの上でぷかぷか浮いて、

新しい扉を見つけノックし入っていく。

 

 

その扉に新たな運命が待っているのかもしれないし、

ただの一時の出会いなのかもしれない。

 

わかっているのは運命の扉でたくさんの出会いに恵まれても、

我々は一人しか救う事ができない。

 

 

人と人が織り成す選択肢は無限に存在し、どれが最良の選択かは結果を見るまではわからない。

 

今自分が人生の分岐点に立っているのかすら気づかなかったりもする。

 

 

我々はいつか勇気を出して選択をしなければならない時がいつかくる。

 

 

心なくして技はあらず。

 

 

男は強くならなければならない。

どこかで聞いたセリフだ。

 

 

たった一人で誰にも頼らず生き抜いていける為なのか?

 

辛いことを絶えていく為なのか?

 

 

では本当の強さとはなんなのか?

 

 

 

それは大切な人を守るためなのか。

 

 

 

ナンパを続ける者が強さなのか?

 

 

ナンパを卒業して大切な人と新たな未来へと突き進み家族を守っていく道を選んだ意思、快楽の道からはずれる勇気をもった者こそが真の強さを持った者なのかもしれない。

 

 

 

我々はいつか真の勇気をもって選択をしなければならない日を迎えねばならない。

 

 

勇者

 

 

にならなければいけないのだ。

 

 

その未来はいつ訪れるかは誰にもわからない。

 

 

たくさんの失敗の中で自己を見つめなおし未来のよりよい選択肢への判断材料となりうるならばその失敗は無駄にはならない。

 

 

 

我々は何故ナンパをしているのか?

 

 

 

それは、未来を作るために他ならない。

 

 

 

 

 

声掛けする勇気、行動する勇気、告白する勇気…..

 

 

 

 

いつか大切な人を見つけて守る為に・・・・・

 

 

 

Pocket

This entry was posted in ナンパ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*