風邪と共に去りぬ(1月終了のお知らせ)

Pocket

 

今回は是非このBGMと共にブログをお楽しみください。

 

 

逆襲のシャア BEYOND THE TIME

 


某日

 

 

 

街に行こうと思っていたが、その日体調が急に悪くなり体が言うことを聞かない。

 

 

 

それでも初志貫徹。

 

 

 

出撃する準備を整えて、

気づいた時には家をでていた…..

 

 

 

 

 

彼は、

 

 

 

 

PUA

 

 

 

だった・・・・

 

 

 

 

そして改札を出る前に足が止まる….

 

 

 

 

これを出たら戦場に入る。

 

 

 

 

この体調で大丈夫か?

 

 

 

 

これで本当に戦えるのか?

 

 

 

 

帰るなら今だぞ??

 

 

 

 

 

色々な思いはあったが、意を決して改札を飛び出した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

blog_import_53426b1f0a585

『見せてもらおうか、新しいガンダムの性能とやらを!』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

改札を出てすぐに知り合いのスト師と談笑する。

 

 

 

 

 

 

そして地蔵をして数声かけもしていないうちに、

 

 

 

 

 

 

すぐに限界がきた。

 

 

 

 

 

 

 

まだ1時間もたっていなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

『帰れ』

 

 

 

 

 

 

 

そんな声がどこからともなく聞こえてきた。

 

 

 

 

 

それでも彼は帰らなかったのだ。

 

 

 

 

彼は、

 

 

 

 

 

PUA

 

 

 

 

 

だった・・・・

 

 

 

 

 

体調不良の具合の悪いなか、

休憩をして主に本を読んでいた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『はよ帰れ』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どこからともなくそんな声が聞こえてきた……

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜ彼は街に固執するのか?

 

 

 

 

 

 

街には何があるのか?

 

 

 

 

 

 

家にいれば具合の悪い中わざわざガンシカされたり冷たい反応されずにすむ。

 

 

 

 

 

 

 

敗北感に打ちひしがれる事もないのだ。

 

 

 

 

 

 

 

それでも、ナンパすらできない状態でも街にいる意味はあったのだろうか?

 

 

 

 

 

 

新たな自分を見つけたかったのか?

 

 

 

 

 

自分の中の壁を乗り越えたかったのか?

 

 

 

 

 

 

気づけば2時間半以上も休憩をして、終電まで1時間を切ってしまっていた。

 

 

 

 

 

外は極寒に感じ、心なしか白い息が見えていた。

 

 

 

 

私はあることに気づいた。

 

 

 

 

 

『体が悲鳴を上げてダメになっても心があるのではないか?』

 

 

 

 

『心が悲鳴を上げても、体が動くではないか?』

 

 

 

 

 

どちらか1つが折れても、2つとも折れなければまだ戦えるのではないか?

 

と。

 

 

 

 

 

 

 

そして戦場に戻った。

 

 

 

 

 

 

やはり彼は、

 

 

 

 

 

PUA

 

 

 

 

 

だった・・・・・

 

 

 

 

そして終電まであと40分ほどしか時間の無いなか。

 

 

 

 

 

もし連れ出しても終電を逃すという四面楚歌の状況のなかで、

 

 

 

 

 

 

それでも戦場に降り立った…..

 

 

 

 

 

 

 

 

 

blog_import_53426b1fa2100

 

『戦いは非常さ』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すでに、まともに立つこともできず、ひたすら柱に身を預けていた…

 

 

 

 

 

 

 

声をかけようと思っていても、歩いている女性を追える元気がなかった。

 

 

 

 

 

以前TVで見た、

狩をしても失敗ばかりしてエサにありつけないヒョウを思い出した。

 

 

 

まさに私は狩をできなくなった肉食獣であった…..

 

 

 

 

たかだか20歩、30歩。

 

 

 

 

 

 

それが100メートルや200メートルのように遠く感じた…..

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『だから帰れって!』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいかげんPCの先からもこんな声が聞こえてくるw

 

 

 

 

 

 

 

そしてついに、

 

 

立ち上がる事もできずに座ることしかできなくなってしまった….

 

 

 

 

 

 

 

 

blog_import_53426b205d302

 

『ジ・O、動け、ジ・O、なぜ動かん!?』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もはや限界に達し、数声掛けすらままならぬ状態に陥り、

 

 

体が警報を発していた。

 

 

 

急いで帰らざるを得なかったのだ。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

P パンツに

U ウンコ付きそうで

A 危ない!

 

 

 

 

 

 

PUA!!

(パンツにうんこ付きそうで危ない!)

 

 

 

 

 

 

 

 

そう、

 

 

 

 

彼はスタートからずーっとPUAだったのだ・・・・

 

 

 

 

 

 

そして失意の中なぜこんな愚行を行ってしまったのか反省し帰路についた。

 

 

 

 

この胃腸風邪をとんでもなくこじらせ、

その後4日以上も寝たきりにならざるを得ないようなほどにまで悪化。

 

 

 

インフルエンザ以上の苦痛を味わうはめになったのであった。

 

 

 

 

そして残り3分の1あった1月の活動が無になり、

 

 

10日ほどの時間を無駄にしたのである。

 

 

ここで1月のストは終了するのであった……

 

 

 

 

その時私は決して2度と手に入れる事ができない存在の大切さを再確認した….

 

 

 

 

 

 

それでも、

 

 

 

辛い戦いの中でも、

 

 

 

 

 

得るもの、

 

 

 

 

改善点や打開策も見つかった。

 

 

 

 

 

それを日ごろ私のブログ読者にも伝えなければいけない・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『体調が悪いときは出るな』

 

 

 

 

 

 

誰しもが納得する答えであったw

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして某日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PUT!笑

 

嘘ですよ笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時の運は・・・まだ動いていないということか・・・

 

To Be Continued

 

 

 

Pocket

This entry was posted in ナンパ. Bookmark the permalink.

3 Responses to 風邪と共に去りぬ(1月終了のお知らせ)

  1. SECRET: 0
    PASS:
    ブログ見ましたヾ(@°▽°@)ノとても読みやすかったですo(^▽^)oお互いに更新頑張りましょう。読者登録しても良いですか?

  2. SECRET: 0
    PASS:
    どすこいガールさん

    よろしくお願いします。

  3. SECRET: 0
    PASS:
    お金を生み出すブログの書き方@鈴木ゆうたろうさん

    また、お待ちしてます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*