18年5月17日放送のAbemaPrimeに出演しました!

Pocket

放送で久しぶりに流星を見た人から「痩せた」「印象が変わった」と言われました。

いつまでもぐでたま体型のデブおじさんで甘んじているわけではない!流星です!



今回は変装してタキシード仮面流星で登場!





知っている人からも「これほんとに流星さん?」「別人?」「影武者ではないか?」「知ってる人ですら本人か疑うくらいだから、元と全然違うのでこれは身バレしませんよ!」などの声があり、変身大成功でした!

中には「カッコいい」「イケメン」「仮面の下がイケメンに見える」など、ビジュアルも好評でした。



実際のAbemaPrimeの映像は画像をクリック⇩





AbemaTIMES

ただ流星的に残念だったのは視聴して頂いた知り合いから「折角の綺麗な肌がレーザーヤケドのせいでシミみたく見えて残念」という声もあり、本人が見てもヤケド跡がシミのように見えて、知らない人からすると肌汚いなぁという印象だったのかもしれません。

目に見えない、自分にしかわからないようなシミやホクロやできものを取ろうとして出力ミスでヤケドした医療事故に改めて腹が立ちました。


ただ元を知っている人は「元はこんな肌じゃないのにシミみたいになってませんか?」など心配の声もあり、結果的にはヤケドのお陰で逆に身バレ防止になっているので良かったです。



日焼けをしてまたヤケド跡が目立つようになったので最近は日焼け止めも使っています。日焼け止め情報などの話は無料コスメの方で書こうかなと思います。

ヤケドの経過観察の記事はこちら





放送では怪しい自分のブログのトップ画面も…笑





客観的に見ても怪しいwww





さりげなくコスメも紹介(*’ω’*)







実際に初めて講習を受けに来て頂いた方を密着取材。







座学講習中の風景。

撮影を考慮した関係で、この日の座学時間は短く、いきなり実地のような形になってしまいました(後日きちんと座学をしました)







座学講習では具体的な観察ポイントの解説、実地では街で一緒に女性を観察する練習もします。







一緒に街で実地講習をしている現場。

ナンパ中の音声を聞いて、具体的に何を言えば良いのか?女性の言葉に対してどう返せば良かったのか?一緒に考えます。







講習を終えた講習生の感想です。

「全体を通してなんですけど、講習が凄い論理的で、今まで自分が思っていたモテるとかナンパするというのは、生まれ持ったセンスでやっているのかなと思っていたんですけど、ある程度体系を立てて学んでいって努力していけば、積み重ねでレベルアップしていく、スキル的なものなのかなと思いました」







実際の講習シーンを撮影したので、放送できない部分もあるのですが、講習をしっかりやっているとイメージして頂ける映像だったと思います。

流星道場は条件を揃えてシステムで効率よくGETするのではなく、自分の持っているスキルを高めてGETする、素の実力を上げるソロ職人養成所のような場所です。

講習自体は良いと思った物はどんどん取り入れて進化しているわけなので、今後もよりよい講習をしたいと思います。





次は講習を受けてから約1年のV君が登場!

講習を受けてから約1年で100人いかないくらいナンパでGETしています。







ちなみにV君は「ブスにいけば簡単に連れ出せたけど、それはダサイから」という理由で可愛い子をわずか1時間ほどでナンパ成功!





※小話

ナンパ後女性に出演交渉したものの断られてしまったようです。

『俺が交渉すれば良かったー!』と思いましたが、流星が交渉したら完全にAV出演交渉だと思われたでしょう笑





ナンパの良さとは?

V「普通に生きていたら全く知り合えない子と出会えるので、それが醍醐味かなと」







スタジオのタキシード流星登場。







ご丁寧に料金説明まで登場。







出演者からめちゃくちゃ評判が良かったのが50ページくらいのテキスト。

柴田阿弥さん「結構論理的に書いてある。しっかりしたテキストだなと思いました」







多くの人がすぐに使える2、3点のシンプルなコツがないかと聞かれて、抽象的になってしまいますが伝えたのがこちら。





番組で説明できなかったので簡単に説明すると、

褒める・・・褒めるというのは声掛けの入りとしては無難ですね。

不安を取る・・・女性から不安の感情が見える場合はまずその不安を払拭する必要があります。例えば自己開示も不安を取る行動の一つです。

イメージさせる・・・連れ出されてこれからどうなるかのイメージ、連れ出し先のイメージですね。

この辺はもっと詳しく説明したかった。





急にアドリブでやってくれと言われて困りました。

実際のナンパと違ってリアリティがない中で、コツも意識しなければならないと思ってしまい、少し混乱してしまいました。

自分で確認しての感想は、やる気がないというか、トークに力が入っていませんね。







マニュアルに書いてある文字を使った小ネタですが、意外と大事なのがこちら。





簡単に説明すると、

ナンパをする自分を好きになる・・・自己評価の低い人も多いですが、ナンパで声掛けする事って凄く勇気がいる行為ですよね。ナンパをしている自分に自信を持つにも繋がりますし、ナンパを好きになって頂きたいなと。

相手に興味を持つ・・・これは言わずもがな、大切な事ですね。興味を持たないと会話も出てきませんし、イメージもできません。

ナンパ以外の事にも興味を持つ・・・ナンパ以外の知見を得て、視野を広げていくのも大切です。

プレゼン上手になる・・・スマートな誘いにも繋がりますね。

相手の良い所を見つける・・・人としても大事な部分ですね。





番組では時間がおしてしまい飛ばされてしまいましたが、ナンパという言葉は諸説ありますが一つの説として明治時代の「軟派」からきているそうです。

男女のナンパのイメージは、男性1位「勇気がいる」、女性1位「チャラい」だそうです。

ナンパをしたことがある経験は、男性22%、女性5.7%と、逆ナンも割と多いですね。

ちなみに、ナンパから恋愛に発展した事がある人の割合は15.8%だそうです。

ご参考までに!







最後に

番組でふかわりょうさんが「顔が売れてしまったらナンパする意味がない、私はファイターだから」と言っていたのがまさにナンパ師スピリッツだなと思いました。

時勢柄、ナンパに対する否定的な意見が出てもおかしくなかったし、自分なりにナンパの良い部分を伝えたいと思っていましたが、ふかわんさんはじめ、みなさんがナンパに興味があり理解を示して頂いたので、本当に出演して良かったです。

取材で一緒に講習の現場を走り回って頂き、終始お世話になった製作スタッフの皆さん、本当にありがとうございました。

そして時間を取って頂き、視聴して頂いた多くの方に感謝いたします。

Pocket

This entry was posted in ナンパ, ナンパマニュアル, メディア. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*