ナンパと性格

Pocket

今回はナンパに適した性格ってどんな性格なのか考えてみました!

 

 

私はナンパをする前から釣りが好きだったので、

釣りが早く上達する人とナンパの上達が早い人に、

共通点があるような気がしてなりません。


たとえば釣りが早く上達する人の中に、

 

 

気が短い人

 

 

というのがあります。

何故かというと、、、

 

気が短い→釣れないと次の手を考える→また釣れないと場所や餌を変えるなど手を尽くしてみる→結果として釣れる→それを繰り返すと上達が早い→上達するので面白くなって釣りを続ける→どっぷりはまっていく

 

探究心旺盛、向上力がある。

 

 

 

その反面気の長い人の場合

気が長い→釣れなくてもその場所でそのまま釣りを続ける→餌も変えない→結果として釣れない→釣りは運だなと納得してしまう→上達しない→釣りが面白いと感じない→釣りをやめる

 

 

なんか地蔵する方なんかも似てますよね?

 

・別に成果でても気にしない。

 

・地蔵で話しこむのが楽しくてナンパしない。

 

・競争意識が低い。

 

 

などですね。

 

そして釣り人は天狗が多いw

 

自慢したくてしょうがないんですよ笑

 

ナンパ師と同じで見栄っ張りの多い事多い事….

 

 

釣りが上手い人は、

 

1,釣りが上手だと言われる人には先天的に狩猟本能にたけ、たいした努力もしないで最初から釣りの上手な人。

 

2,「好きこそ物の上手なれ」で時間と努力を積み訓練を重ねて上手になった人とがいます。

3.稀に名人中の名人、天才などと呼ばれる人の中に野球界のイチローやゴルフ界のタイガーウッズなどがいます。彼等は先天的な素質を持ち、更に特訓を積んだうえに名人と呼ばれるようになりました。

 

そのほかの要素として、

 

目の良い人

 

ねばれる人

 

順応性の高い人

 

 

などがあります。

対魚と対人と違いはあれど、まさしくナンパに通じるものがありますね。

 

 

その他ナンパであれば『良い意味でプライドを捨てる』という事も大事な気がします。

 

バカやったりバカな事ばっか口走ったり、変にプライドがある人間はつまらないんです。

 

日本人は自己PR下手というイメージがありますよね?

 

良い意味でアプロ―チをかけなければならないのがナンパなのです。

 

どこをどう改変すればいいのか?

 

ナンパの本ばかり見ていてもわかりませんよ?

 

ナンパは特定の動きのパターンをする対コンピュータとは違います。

 

 

テイクの精神も必要なんです。

 

 

無財の七施

 

 

という言葉がございます。

 

まずはしてあげる。

 

根底にそういう精神や優しさ、懐の深さが人間味なのです。

モテに男も女もないのです。

 

モテる人間は女も男も惚れる。

 

そんな感じがします。

 

相手を選ばなければそんな事は必要ないですが。。。

 

まずテクニックうんぬんの前に人としての基礎、基本を磨いてみるのも1つの手では?

 

 

 

某日

 

時間のないなか出撃。

 

 

新人のガールズバーかなんかの子、

出勤前でこれまた時間がないということでマキマキで連れ出し!

 

個室で時間ないグダがあるも指定された時間までで全部完了で即アップ

 

 

次にアパレル仕事帰りのバンギャを説得してなんとか連れ出しひらめき電球

 

十分和んだが、

 

リーセグダ( ・(ェ)・)

 

リーセの時はどんな人でもシャットアウト!

 

こーいう人、、、

 

たまにいますw

 

それはタイミング悪かったという事で放流~

 

 

出会いのタイミングも大事ですね。

 

 

 

 

Pocket

This entry was posted in ナンパ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*