寒い季節に頑張る理由

Pocket

冬の時期にナンパを頑張った方が良い、と聞いた事があると思います。

流星も冬に頑張った方が良いよなぁ~と思いますが、何故寒い時期に頑張った方が良いのでしょうか?







寒い時期に街に出ないでナンパから遠ざかるとマインドとスキルの両方に影響します。

①習慣化

活動が習慣化する前に時間をおいてしまうと、再度街に出るのが億劫になります。ナンパしたい気持ちはくすぶっているけれど、しばらく街に出なくなるうちに忙しさもあり更に街に出れなくなっていき、そのうちモチベーションが低下します。彼女がいてある程度安定した生活を送っていると、当初の熱意も消えさり、ナンパ活動からどんどん足が遠のきます。



②地蔵問題

元々地蔵気味の人は、しばらくナンパから遠ざかると更に地蔵が加速します。地蔵病は病気でいうなら慢性病のようなもの。地蔵気味の人は時間が空くほど病が更に悪化して重症化しやすい。習慣化すれば地蔵も解決できる事も多い。



③技術面

久しぶりにナンパをすると、さび付くのと同じで技術の低下を起こします。練度が高い人は当日中にカンを取り戻す事ができますが、練度が低い人は感覚を戻すまでに時間がかかります。人は忘れる生き物ですから、時間が経つほど同じ失敗を繰り返します。





寒い時期に頑張るとその後どんな影響があるのでしょうか?

①環境のギャップ

寒い、反応が悪い等厳しい環境で苦労した経験をすると、環境が良くなると活動が一気に楽に感じるようになります。



②マインド

キツい季節に頑張るとマインドが培われます。粘り強さやメンタル面の体力が身に付きます。



③技術面

反応が悪い、タイミングが悪い等厳しい時ほど知恵を使います。少ないチャンスをモノにする技術も身に付きます。継続して活動を行うので技術もどんどん練成されていきます。





以上の事から寒い季節に頑張ると、春になった時に結果が出易くなります。冬に苦しんだ講習生も最近は良い結果が出ています。

もし寒い季節に頑張ったのに春になっても結果が伴わないのなら、楽な方に逃げていた可能性があります。惰性で活動したり楽な方に逃げるような活動は成長が少ないです。厳しい季節に結果に向けて適切な努力をする事で春が楽になるのです。



先日ニュースで北海道のホワイトアウト映像を見ましたが、東京は20度を越える日も出てきました。寒い季節が終わりナンパのゴールデンシーズンがやってきました。今出ないでいつ出るの?即でしょ!そんな気持ちで春は街に立って欲しいと思います。









表立って言いませんが、講習生と連れ出し、GETする事も多いです。講習以外でも付き合って一緒に連れ出す事も多いです。











2月某日は、講習中に講習生と即。普段は深夜から朝方まで活動しないのですが、講習も終わりホテルを出た後すぐにたまたまタゲが来たので声掛け、さっきと違うホテルにin。おぉラッキーと思いその後別の講習生と飯屋に入り2時間ほど休憩。どうせタゲがいないウンコ街でしょとブツブツ文句を言いながら講習生とウロウロしていたら、流星「おぉ良いタゲいるじゃん!行くぞ!」で講習生と声掛けして3人でホテルin。その後明るくなってきて女性を見送った後、すぐにまたタゲが来たので声掛けしたらまた連れ出し。その後即って講習生に任せて帰宅。2人目の方がアイドルレベルのルックスで良かったけど、3人目の方が色気もありエロい身体をしてたので講習生は3人目の方が好みだったそう。2人目は講習生だけキス、フェラグダもあったしなぁ笑。そこまで見た目がマイナスにならない講習生ならただいるだけでもなんとかなる場合もあります。終わってみるとなんと3声3即のラッキー。3声3即は記憶にないので初めての体験だと思われ。タイミングが良いと深夜帯はこういう事もありますね。

深夜ストは基本ウンコなんだけど、たまに良い事が起こる。後深夜ストは雑でも良いという楽さがあります。普段反応しない層も酔っているので反応が良い場合もある。一番良いのは誰かが仕上げてくれた状態で放流してくれたパターン、これが一番楽。最初からアルコール導入済みだったり、雑な立ち振る舞いでも勢いがあればそれで通用するのが深夜帯の特徴。逆に真面目、冷静なキャラの人はきついと思います。夜~深夜、朝方活動の人の方が結果が出てるのも事実。それだけ楽という事。ただ寒いとかタゲがいないとかスト低しかいなかったら不毛のクソゲーになる可能性もある。自分は住んだ事が無いので経験はありませんが、大きい繁華街の近くに部屋を構えて終電間際等のピンポイントの美味しい時間を徘徊して部屋連れ出しを狙うと楽かもね。ラブホ連れ出しに比べたら家連れの方が基本ハードルが低い。ラブホが嫌い、無理という女性も一定数いる。繁華街に住居を構えた事で結果が更に出た人も多いでしょう。こういうのは条件の違い。





で問題はここから。

皆さんはおじさんというとどういうイメージをしているだろうか?ストの世界で通じるおじさんというのは以下のA群である。



わかっているナンパ師が言う普通のおじさん(A群)

勿論芸能人ではないからここまでカッコいいわけではないですが、こういう雰囲気、次点でカッコいいくらいの仕上がり。これが女性にモテるおじさん群である。







わかってないナンパ師が想像する普通のおじさん(B群)

ここまで酷くはないとしても、わかる人には言わんとしている事がわかるはず。







2月別な某日、おじさん講習生にご飯を誘われる流星。基本誘いにはすぐのる即系。会う前にサクッと連れ出しておじさん講習生を待ち、3人で飲みに行く事になったが、その後の深夜ナンパに付き合った時の話。

指名していたけれど、とにかくおじさん講習生は夜系やギャル系、ホストに行ってる女性群からの反応が極めて悪い。寒い日だったし日が悪かった、タイミングが悪かったというのもあると思うが、若い人、見た目が良い人は想像も付かないレベルの初見グダ。とにかく最初のハードルでコミュニケーションを拒絶されている状態。ほんとに悲惨な現実を何度も目の当たりにしました。一緒に声を掛けたりもしたけれど、流星も食いつきがないので2人合わせてもマイナス笑。クソゲーで終了。


ではどうすれば良かったかというと、色々あるがそもそもの出る街、時間、対象を変える事である。マッチングするイメージが全くないなら声掛けする対象が間違っている。これが有楽町など昼職の女性が多い場所ならB群のおじさんでも何とでもなる。後女性の状態が酔っぱらっているとか。B群おじさんは夜の街をウロウロする女性の初見でシャットダウンが酷いなら、何らかの課金システムを介在した方が早い(お店とか)。いきなりマネー交渉をする援交おじさんも世の中にはいます。とにかくB群のおじさんと深夜の繁華街の相性は最悪であると思いました。逆にB群のおじさん達が精力的に深夜ウロウロとナンパをしているのをあんまり見ない気がする。

講習生も初見グダが酷いなら、せめて年齢なりの条件(経済力)を身に付けるべきだよなぁと悩んでいました。条件をそろえたナンパにシフトすると段々ナンパではなくてカードゲームのようになっていきます。ただ初見のハードルであまりにもはじかれる場合は、持ち味すら伝えれないのがB群おじさんの辛いところ。

簡単な改善案は若くて見た目の良い人と組む事。若者が見た目で惹き付けおじさんが経済面を補うならwinwin。若者がおじさんをヨイショすれば、若者に食いついた女性の食いつきのおこぼれがおじさんにもきます。後はおじさんといる事で食いつきが下がる事による機会損失とチャンスを逃す場合があるのを若者がどう思うかです。



誰しもが歳を取るし、50~60になれば元の見た目が良い人でもB群のおじさんに近付いていきます。その時になって初めてスト低ナンパ師やB群おじさんの気持ちがわかるでしょう。30~40でB群に入る人もいれば50過ぎでやっとB群のおじさんになる人もいます。わかっている人は金や人脈を使った出会いにシフト(ナンパの次のステージ)していきたいと考えていますが、経済力のないB群のおじさんは本当に厳しい戦いを強いられます。既婚でおこずかい制の為使えるお金が月に数万しかなく、歳の割の良さ(経済力)すら使えない人もいます。既婚の辛い所は急激に見た目を変えれない所があります。整形含め急激に見た目を変えたら家族から疑われる場合もあります。なので既婚者の見た目に関しては仕方ない部分もあります。



結果を出している人の多くは見た目が良い人です。身長もあり見た目が並み以上あれば、雰囲気込みで70点は誰でも取れます。おじさんナンパ師と言われている人も結果を出している人は基本A群でしょう。(大きなではないけれど、結果を出しているB群おじさん講習生もいます)流星も身長さえあれば…

そういう人と同じ手法をB群おじさんが使っても良いのか?という問題もあります。流星が思う本当のテクニックというのは全員が等しく使える技術です。条件がそろわないと使えないテクニックは極めて限定的な技術と言えるでしょう。



恋するサイテー男総選挙という番組があります。





この番組の中で、乳首を貶した時に乳首をチェックする女性はイケるという内容がありました。https://www.youtube.com/watch?v=ZZCz2-fa7Yg



この番組に出てくるチャラい感じの若い彼がいきなり、

「絶対乳首黒いよね」

と言っても確かに違和感はありません。





しかし、落ち着いたB群のおじさんがいきなり同じ様に言ったらどうでしょうか?

「絶対乳首黒いよね」





別パターン。

「お前乳首黒いだろ」





セクハラ、キモい等のイメージを抱かれ、いきなりボンバー!になる可能性もあります。同じ言葉でも雰囲気やキャラが変わればアリが無しになる場合もあります。

流星は講習をしてますが、その役割の一つがテクニックの翻訳になります。その人のキャラに合わせた戦略を考えるわけです。

乳首を例にするなら、若い人、ノリが良い感じの人なら同じ言葉が使えます。

「絶対乳首黒いでしょ!笑」



でもB群のおじさんが使う場合は工夫をする必要あります。その人のキャラによるので細かく変える必要がありますが例えば、

「物心ついた頃に凄い能力持ってる事に気づいたんだよね」

「この能力言うとメッチャ引かれるんだけど」

「知りたい?本当に大丈夫?」

「実は…乳首黒いでしょ笑」

前置きを使う事でB群おじさんでも使えそうなテクニックになりました。その後は動画の彼に近い流れで良いでしょう。(適当)

年齢、見た目、キャラ等の雰囲気は全員違います。ひと昔前はB群おじさんをA群おじさんにしようと躍起になっていましたが、その過程で理不尽とか納得がいかない人が出るのも事実です。広く女性に受けたいのならA群おじさんにならなければホントはダメだけどね(そもそも自分がB群な事に納得していない人もいる)

既婚者なら使える時間やお金が限られてる場合もあるし、最近は時代も多様化しているので、場所や対象を選べばB群おじさんのままでも何とかなりそうな感じはある。(軟化)





最後に乳首黒いネタを応用すれば男性にも使えますね。例えば合コンなどで盛り上がってきた時に下ネタを使って相方をいじる時などに「絶対ちんぽ黒い」とネタにする事もできます。会社の上司とキャバクラにいった時にこれを使って上司をいじるのも面白い。(もちろん良い意味と尊敬を持ちつつ)

同じ言葉でも言い方、伝え方一つで印象は変わるし応用すれば色々使い道が広がります。これが創意工夫ですね。



ではまた次回の記事にて。

無料メルマガでもたまに良い情報を書いています。基本月1くらいなのでそんなに負担になるメルマガではありません。美容の事もけっこう書いてます。登録はこちら⇒http://suiseinanpa.com/?p=4262

Pocket

This entry was posted in ナンパ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*