Year of the boki

Pocket

あけましてというには遅すぎますが、久々のブログ更新です。



AFC「最近流行りの仮想通貨にAFCコインはいつできるんですか?」

単位はboki(勃起)建ての0.0000001tke(タケシ)



「ナンパに集中しろ馬鹿野郎!」





年末年始の忙しさで髪の毛が大幅に減りました(薄毛)流星です!



皆さんはコカンチェックに忙しい毎日でしょうか?

コカンチェックしても手マンまででグダ。

挿入はGOX!!



バレンタインはCC(クリをチョコっといじる)




今日も仮想空間のMAM(マム)を監視するJK(自宅警備員)のファッカー活動。ガチホガチホと唱えながら、マイチムーポウォレットをストロングハンズしている養分達?









昨年末は調整して100で終了でした。今年もあまり出なくても最低限の100は越えるように頑張ります。2018年目標はストに出る事w



11月久しぶりに普段は数えないですが声掛け数を数えたら、10声未満で連れ出す事が多かったので、だいたい10声1連れくらいできてました。

ただ、初心者以外は声掛け数のカウントってあんまり意味がないですよね。

いくらでもスクリーニングができるわけで、連れ出さなくても面白そうなやつがいたら声掛けしてみるとか、人間観察ができて面白いのがナンパの醍醐味の一つですね。たまに楽しくなさそうに街に立っている人もいるけど、面白いって感じないとナンパはつまらないですよね。何のために街に立っているのか?

たまに「何声くらいしたら連れ出しできますか?」と聞かれる事があるけれど、いつも答えるのは「1声など数声で連れ出す事もあるし、20声掛け以上してもダメな時はダメ」だいたいそんな解答をしています。例えば今にも急いで帰ろうとしている女性に次々声を掛けたら大体反応が厳しいわけで、福山雅治もラジオか何かで終電間際の渋谷ストで厳しい時は駅に向かう女性は反応が悪いから駅から出てくる女性に博多弁で道聞きをする、のような事を言ってました。あまりに確率が悪い場合はもちろん手法に問題はありますが、声掛け数が少ないと偉いみたいな風潮も、蓋を開けてみると結局はビジネスや承認要求の為の印象操作の場合もあります。

声掛け数を減らそうと思えば、マジックはいくらでもできます。例えば手招き、手を振って反応して近付いてきたら1声掛け。反応なかったら0声掛け。そもそも手招きで近付いてきた時点で、会話が成立するのとある程度食いつきもあるので2分の1くらいで連れ出しできるはず。はい2声1連れ。他人が連れてきたのに乗る。はい1声1連れ。簡単に数字は作れます。自分の講習生もしょちゅう1声1連れ、2声1連れとか普通にしてますけど、本人達も良くある現象の一つと捉えて、嬉しいけれどそんな事でマウントしようとするレベルの人は誰もいません。1声連れ出し即なんてしょっちゅう聞きます。



結局如何にナンパしている時間を楽しむか?これが無いと活動は続きません。お金が沢山あれば働かないで時間を作る事ができる為街に自由に出続ける事ができます。でも、まともに働いている人は時間に限りがあります。土日祝の休みの時間を何に充てるかを考えなければいけません。時間ができたから3時間だけ街に出る。忙しい人の3時間とニートのように時間にゆとりがある生活の3時間では、時間価値が全然違います。その3時間を街でぼーとスマホいじってたら…これがまだナンパに慣れてない人なら、経験が全然つめません。経験がつめないと結果も出難いでしょう。初見のコミュニケーションが苦手は人はGETの為でなく、とにかく数を増やして初見のコミュニケーションに慣れる必要があります。今の時代、身体を鍛える、知識を深める、趣味を謳歌する、様々な誘惑があり、何にどれくらい時間を使うか悩んでいる人も多いと思います。そういう意味で時間価値がどんどん上がっているなと思います。それは男性だけでなく女性も同じです。時間を使うメリットを見出せないから「メリットがない」というキーワードが頭に思い浮かんだ事は誰にでもあるでしょう。寂しいですがそういう時代になってきています。



価値観というのは時代と共に変化していきます。

昔はキムタク、竹野内豊、反町隆史、ジャニーズ等々、イケメンを追うような時代だったのが、今は格差社会が広がり、できるだけ裕福な暮らしをしたいと思う女性が増えています。男女共に雰囲気を作る事が上手くなり、整形も手軽にできる為、ぱっと見た目の大きな格差を減らす事ができます。地方に行くと格差はどんどん広まっています。女性達は昼も夜も働いています。色々な場所でストをしていると街の変化、女性達の心理変化に経済の縮図のようなものを感じます。男女共にハズレは引きたくないと考えている時代。そこから出てくる理想像。長期的な付き合いを考えるとどちらかが妥協しない限りは上手くマッチングするのは難しいでしょう。それが近年の結婚できない土壌になっているのかなとも思います。

自分はいつも6畳一間のボロアパートでした。いつもステイタスやお金とは無縁の生活をしていました。それでも長期的な付き合いを普通にできてきたので、何も持って無くても裸の魅力があればなんとかなるのは間違いないでしょう。世の中には持っている男じゃないとそもそもマッチングしない女性もいます。それは技術とは全く違う世界の話です。

今貴方が付き合っている女性は自分の何についてきているのでしょうか?

今裕福な男性が、裕福な生活ではなくなり6畳一間のボロアパートの貧乏暮らしになってしまったら、目の前の女性はついてきてくれるのでしょうか?

こういう部分で判断する事ができれば、長期的な関係を続ける女性を間違える事はないでしょう。流星はそういう意味では打算抜きの付き合いをしてきたと言えるでしょう。



逆にこの人についていったら裕福な暮らしができる。そういうイメージを抱かせればキープも捗ります。声掛け序盤でも極端な話「お疲れーどこいくのー?」と「奢るから寿司でも食いにいくかぁ?」どちらの声掛けが成功しやすいかは考えるまでもないでしょう。もちろん極端な例ですが、これに近いようなナンパ手法もあるし、ナンパ以外の出会い(お金やコネを使った出会い等)を、いくらでもナンパでGETしたフリができるわけです。最近はパパ活サイトというのもあるそうで、けっこう可愛い女性もいるそうです。そういうGETでもナンパでGETしたフリもできるし、女性にお金を握らせるマネーギラでも、ナンパでGETするフリもできます。そういうのが全く見えないのがネットの世界と言えます。

お金も、ステイタスも、コネも、お酒も、何も使わないでソロで、見た目食いつきもさほどなく、純粋な裸の魅力だけでGETできるかどうか?そういう内容はネットでは一切見えません音声はいくらでも編集できますし、画像も裏付けになりません。お金を使った出会いやステイタスを前面に出した方が遥かに楽にGETできます。逆にそういう手段を使ってしか魅力をアピールできない方は、そういう手段を封じられたらどうなるでしょう。今使っている手法、それははたして純粋な裸の魅力と言えるのでしょうか?

そういう勝負になるならば、表にでないだけで政財界の人達の方がよりレベルの高い女性をGETしているでしょう。どの世界でも承認要求を満たす為に人は躍起になっています。その過熱感に踊らされるのがイナゴ達です。他人の結果を見て一喜一憂。

はたして皆さんは誰の為にナンパをしているのでしょうか?

仕事が終わってから夜まで3時間、月3万円のお小遣いをやりくりしてナンパしている人もいます。条件は全員違います。今結果出している人が月3万円のおこずかいで19-22時のみの活動しかできなかったら、どれだけ結果を残せるでしょうか?バイオハザードのロケットランチャースタートとナイフ1本スタートくらい条件に差があるわけです。

はたしてその条件の差は実力の違いと言えるのでしょうか?

そういう事を考えると、他人と比べてもしかたないかなと思います。決められた条件の中でどう楽しく活動していくか。長く続ければ必ず良い事が起こるのがナンパでもあります。





昔ナンパ講習で最初に「まずタワマンに住みましょう」という講習もあったそうです。勿論そういう手法が使える人なら為になる講習でしょう。見た目が良いイケメンが優遇されるナンパ塾もあるでしょう。見た目が良い人は優遇されるので得でしょう。

流星道場は裸の実力を上げていく場所です。全員に差別なく講習をしています。本当に価値が付かないような草っ草コインのような、お金もステイタスのない見た目が悪いスーパーAFCの講習生でも、きちんと改善と街に立ち続ければ徐々にですが結果を出しています。

センスもなく見た目もスト低で非モテ中の非モテ。そんな人たちが年数十GETするまで成長して、トータル100GET以上していたり、それまでの生活からは考えられないような人生になっている人もいます。中には結婚まで見えて卒業する人もいます。人生が変わったという人も多くいます。そういう現実があるうちはナンパ講習に一定の需要が生まれ続けるのかなと思います。結局目がある人をすくい上げれば目立つ事はできますが、受講者の多くは非モテ枠の会話もままならない人がほとんどです。マンツーマンで親身に話を聞いて、1声1声掛けの内容を聞いて1声掛け毎に丁寧にフィードバックしています。声掛けにいかせて遠目から見て返って来た講習生にどうだった?そういう講習ではありません。講習もどんどん進化しております。



恋愛道場では今、ノンバーバルについて触れています。今までのブログや教材でノンバーバルについて深く突っ込んでいる物がないという声が多いです。目に見えない事を言語化するのは難しいです。それも誰にでも使える手法を考えなければいけないので尚更難しいです。店を出て手を繋いだ瞬間に、何かイケるような感触を得る。雰囲気が変わった瞬間ですね。雰囲気が変わるというのはどういう事なのか?会話ができても、楽しく話す事はできても、GETまでいけないと悩んでいる人は何故ムードが作れないのか。そういう人の為にわかりやすく恋愛道場で言語化していきたいと思います。次回はどうムードを作っていくか。自分と女性の架け橋のような部分について書こうと思っています。





今自分の声掛けは楽しいですか?

「お綺麗ですね」「仕事帰りですか?」「ペンギンいました?」「じゃがりこ落としましたよ」毎回同じ事を繰り返す声掛けをしていませんか?

声掛けというのは一番イメージを膨らませる事ができる瞬間です。毎度毎度用意されたセリフを繰り返すドラクエの村人のようなナンパは、本当に楽しいでしょうか?

続ける為には楽しい事を多く作らなければいけません。今連れ出しができなくてつまならない人は、声掛けが楽しくないとナンパは続きません。

会話の中に時事的な話題を取り入れるだけでも楽しくなります。





バレンタインなら安いチョコを配る等イベントを利用した声掛けをしても良いでしょう。とにかく続けるにはモチベーションが必要です。モチベーションを高くする為には変化をする事。常に結果を出す為には同じ行動を繰り返すのではなく、徐々に変化する状況に細やかに変化し続けて対応していく事。いつもと違う選択を選ぶ事も変化の第1歩です。

街に出た時に、いつもより街を観察してみる、道行く人を観察してみる、表情を観察してみる。いつもより変化に気付く事ができたのなら、いつもと違う行動をとれるかもしれません。ナンパとは関係ありませんが、人々が幸せそうに歩いてなかったり、街のエネルギーが停滞していて元気がなかったりと、経済の縮図のような事を感じる時もあります。女性ばかりではなく、様々な場所に視点をうつす事で気分を変える事もできるでしょう。



価値観の多様化が進み正解が無いような時代。そういう時代だからこそアングラなナンパにチャレンジしたいという人も増えるのかなと思います。ナンパで得た事も経験です。ナンパでゴミくず扱いされる事に慣れると、会社や家庭での小言が大した事ではないように感じるでしょう。背後関係、事前情報がないナンパだからこそ、女性は本音をズバズバ言ってきますし、普段聞けない心の声を聞く事もできるわけです。講習生でナンパを始めてから夫婦の仲が良くなった方もいます。うっぷんを家庭に持ち帰らず、家庭のいざこざや小言にも穏やかな対応ができるようになれるくらい、器が大きくなった。ナンパ苦行である意味達観する事ができたわけです。



貴方の得る物はGETだけですか?



ひと時のSEXだけが全てというなら、ナンパを続ける事は難しいと思います。もっと視点を広げると、SEX以外にも得た物が沢山あるハズです。

得たもの、失ったものを一度ノートに書き出すとまた見えるものがあると思います。高い目線で広く見て、客観視ができれば成長も早いと思います。外は寒いですが、ストにでなくてもできる事、やるべき事は沢山あるでしょう。





2018年はどういう年かというと、選択肢がどんどん広がるような年になるのではないかなと思います。やるべき事が増え、多種多様な魅力がある時代。その分迷いとかブレとかが生まれやすい。ナンパだけに集中してモチベーションを高める事が難しかもしれません。そういう時代背景だからこそ〖原点回帰〗のような気持ちが大切だと思います。

某街では齢60をゆうに越えたおじいちゃんナンパ師がいます。もしかしたら70以上かもしれません。勝手にジジマンディと名付けていますが、そのおじいちゃんが女性に話かけた後、興味本位で女性にどんな声掛けをされたか聞いてみた所、援交ではなく純粋にお茶に誘われたとの事で、なかにはついていってもいいかなと悩んだ女性もいました。

援交ではなく真っ向勝負のナンパをしているジジマンディ。Hまではさすがにないだろうと思いますが、もしかしたらHをしている可能性も0ではないでしょう。もしかしたら自分はとんでもないナンパ師を目撃したのかもしれません。

お金やステイタスをひけらかすのでもなく、見た目食いつきがあるのでもなく、援交を持ちかけるのでもなく、純粋にお茶しようと自分の孫のような20代の女性に正面からぶつかっていく姿に敬意を表すべきでしょう。





70を越えても頑張っているナンパ師がいる。その存在は多くの人に勇気を与えるでしょう。流星が70オーバーなら、「希望の女性にしかしてないけど、この年になってどんな女性でもいかせる特殊な指テクを手に入れてしまった。もう若い男性とHできないとまで言う女性も云々」「チンは起たぬが指がやばい」のような話を入れるかもしれません。



ナンパ活動はモチベーションが全て。

AFC「流星さん、街にでましょうよ~」

流星「え~やだよ、発売日に買ったモンハンだってまだやってないし、外寒いし、反応悪いと時間喪失感ハンパないもん」



1月は講習日以外引きこもりで2GET。

2018年目標:ストに出る事

Pocket

カテゴリー: ナンパ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA