12/9 ビッグイベントの提案(1回目は頓挫)

Pocket

1回目のイベントは中止となりました!



理由は参加者不足の為です。

今回は不正ができないルール+流星が参加、周りからの期待、イベントへの興味から、気持ちよく参加して頂ける方がまず数人出て頂ければと思いました。

1人、2人でやろうと言っても盛り上がる大会ではありません。

気持ちよく「参加したい!」という声が上がり4人以上集まれば、注目度も上がり、他の方もメリットが生まれるので参加に興味を示し、イベント成功の可能性がありました。

ルールを甘くしろ、流星が信用できない、審査員を変えろ、等々1人1人の要望を聞いていては、いつまでも大会を開く事ができません。



大会を開く為には人数が絶対に必要です。

そのためには今まで大会に興味を示していなかった老舗業者層に、動いて頂く必要があります(講習を辞めた方、新興業者除く)。

今回は遠くから来られる場合は旅費を支払うのも当然と考えていました。

流星の方からも今まで大会に興味を示していなかった老舗業者の方々にお伺いをたてましたが、誰からも良い返事を貰えませんでした。

流星の知り合いの老舗講師達が一斉に立ち上がれば、一気にイベント開催の機運は高まりますが、今回は流星の力不足で参加表明を頂けませんでした。



不正ができない仕組みを作っても、ルール関係なく、出ない人は出ない。興味ない人は出ない。という事なのかもしれません。

人数が集まりそうにないなら、高い金額を費やして大会を開くメリットはありません。当然モチベーションも下がりました。

考えてみると業者の方はメリット等々、それぞれの思惑があるのは当然。期待する声も多く、提案としては面白かったが、積極的に参加したい、前向きに検討したいという人数が集まらないので、頓挫となりました。



しかし、この不正ができない厳格なルールに関しては、かなりの方の関心を集めました。「是非やりたい」という声が出る大会にする為には賞金イベントが一番良いのかもしれません。



ルールに関しては、今回のルールを少しでも甘くすると必ず不正をする隙が生まれます。それはリスナーが求める物ではないでしょう。

参加者が得をするルールでなく、第3者が「これなら不正は出来ないだろう」と納得するルールが重要です。逆に抜け道が見つかった場合は更なるルールを追加しても良いでしょう。(但し音声内容に禁止項目を増やすと、審査の贔屓を生み出す温床になります)

仕組みが理解できない方、恣意的に流星を貶めようとする方からすると、流星が作ったルール、選んだ審査員なら流星が有利だろうと思うかもしれません。しかし、不正ができないルールがポイントなので、流星有利のメリットは多くないと思います。確かに夜の方がGETし易いのは間違いありませんが、まともな時間帯が特定の有利になる要因にはなりません。時間に関しても短いと感じる、審査員や目付が負担になる、もっと長い時間でも大丈夫等々、いざ開催しないとわかりませんし、改善すべき問題は必ず出るでしょう。



今回は100%不正をする疑惑が無く、不正を許さない流星だからこそイベントを提案を致しました。

審査員に関しても3人に関係性、偏りがあれば、審査員の不正の温床になりますが、今回お願いした審査員3名は、関西、海外、恋愛工学生と関係性がない為審査員の公平性も高いと思います。

当然流星の知り合いが1人いるから贔屓があるのではないか?という声があるかもしれませんが、音声の内容審査でなく、不正があるかないかが審査員の存在理由なので、不正がない場合はGETはすんなり認められる為、流星有利にはなりません。音声担当の方は音声に慣れ集中力があり、不正に気付ける人がベストなのは言うまでもない事。

例えばこれが音声の内容審査、女性の質の審査となれば、恣意的な感情を審査に混ぜる事ができる為、贔屓が生まれる温床、疑惑に繋がる要因を作るのは間違いないでしょう。



ルールについて知人や講習生に聞いてみた所、

「付き人、スマホが持てない不便以外は、いつもやっているナンパとあまり変わらない為、特に困るような問題はない」

との意見もありました。ただプレッシャーというのがあるので、いつもの力が発揮できるかと言えば別になります。



イベントについては知人から、

「万が一調子が悪い、運が悪く結果で出ない場合、今まで積み重ねてきた物が崩れるデメリットしかない。デメリットしかない大会なら誰も出ないよ」

という意見もありました。



デメリットしかない、参加希望がいないのならば、イベントが中止になるのは必然です。



ただ、厳しいルールの大会を見たい!という感心は多く、自主的に出たくなるイベントならば、多くのリスナーにエンターテイメントを届ける事ができるでしょう。

そうなると次やるとしたら〖賞金イベント〗と考えています。

その場合はリターンも考え、スポンサーも募集したいと思います。




応援、感想、記事の拝読、ありがとうございましたm(_ _)m



中デブから小々デブになりましたが、チビには世知辛い世の中になってきました、流星です!




ディズニーのショー、スターウォーズ等の映画、各地の祭、等々今まで沢山の人を感動させるエンターテイメントに感動してきました。

私も1人のエンターテイナーとして何かできる事は無いだろうかと長い間考えてきました。

私が今関わっている業界はナンパ関係です。

今ナンパ業界に無い熱いイベントと言えばなんだろうか?

捏造等の不正を排除して、

◎優勝賞金を用意したナンパ対決イベントがあったら?

◎その年の最多GETの人達がガチンコ対決できる仕組みがあったら?

◎片方の交通費を払って東日本VS西日本が現実になったら?







こんなイベントを待っていたという声も多いでしょう。全国のナンパ師がエキサイティングするイベントになるのは間違いないでしょう。

しかし、実現するにはお金や人を集める力が必要です。

誰かが強い意志でやらない限りそんなイベントは夢のまた夢、実現することはないでしょう。

では、誰が実現させるのか?



こんな壮大でバカげた事を実現しようとする人間は普通、いないでしょう。

しかし、一生に一度くらい自分がお世話になっている業界の為に骨を折って楽しませるイベントを流星が企画してもいいじゃないか。そんな使命感の元、皆様に新たなイベントを提供したいと思います。

資金や人員を使う選択肢が増えるなら、できるイベントも広がるのは想像に難しくないでしょう。




業界で生活させてもらっている一業者(零細)の流星が、年末に業界への恩返しをしようと、ここで手を上げさせて頂きますm(_ _)m



流星がスポンサーになる事により、今までできなかったイベントを実現させましょう!(投資額に限りがあるので年1~2回予定(^^;))



ただ、一つ問題があります。

いきなり厳しいルールのイベントをすると言っても誰も参加する人はいないでしょう。

第1回目が実現しない限り、どんなにエキサイティングな構想を練っていても、それが夢で終わります。


『このイベントが成功するかしないかは、この記事を見ている貴方次第です』

貴方が後押しし、出場者を応援する事で、この夢のビッグイベントが今後も開催していく事ができるのです。

普段業界から多大な利益を得ている業者が、一生に一度くらい業界への恩返しでリスナーの皆様を盛り上げるイベントに賛同してもいいじゃないか、そう思いませんか?



今回の〖公式ルールナンパ大会(仮称)〗の第1回は老舗業者(おじさん)対決にしたいと考えております。

正直このルールで誰が最初やるのか?という事になると、宣伝になり大きな利益、メリットを貰う事ができる業者がふさわしいのではないでしょうか?

とはいえ今回の大会を新参業者の売名に利用される大会にする気はありません。

老舗で名の通っている有名業者にこの大きな話題になるであろう『メリット』を甘受して頂きたいと思っております。(ルールの性質上参加者は5人くらいと考えています)

流星も安心したルールで対決できる事を宣伝し、身近な講師や知り合いの有名講師にオファーして行く所存でございます。

今までのルールでの対決では業者も気軽に参加しにくい仕組みでした。成功しても捏造を疑われ、結果が出ないと名誉だけが落ちるイメージもあり、イベントに興味を示さなかった業者も多いと思います。

これくらい公平性が高いルールをきちんと設けたメリットのある
大会ならば興味を示すでしょう。

大きな話題になるのイベントですので、参加に名乗りを上げた方の宣伝も皆様で一生懸命させてもらいます。

多くの業者がエントリーする為、イベントを成功させる為に皆様の後押し、力をお貸しください。

当然流星も今大会に出場します。

良い事情により去年今年はGET数も少なく、ハングリーさも減り、集中力やナンパ力も落ちていますが、2GETを目標に精一杯頑張らせて頂きますm(_ _)m(0連れ出し0GETだけは避けたい笑)




〖業者による業界への恩返しイベントin12月9日土〗

参加者

・流星

残り未定(11月下旬まで受け付け)



第1回公式ルール対決の骨子です。

ただ、この大会を開くにあたり皆様にお願いがあります。

開催季節、時間帯、ルール、諸々が初めての試みなので、結果が出るイメージが予想できません。場合によっては結果が全然出ない大会になる可能性もあります。

業者の場合、結果が出ないと名誉を失うという懸念が生まれると参加も躊躇するでしょう。

なので、皆がやらなければいけない事はこの捏造できないルールに参加した参加者は、名誉を失わないような仕組み作りをしないと、誰も参加者として手を上げなくなるという事です。

老舗業者は現役時代に比べるとソロで街に出ていない人がほとんどだと思います。そういう事情も考慮し、利権を気にする業者が気軽に参加でき、多大なメリットを貰い『参加するだけで名誉になる』そんな大会にしなければいけません。

有名業者が参加する為には〖結果は気にしないから出場して欲しい〗そういう皆様の応援、後押しが絶対に必要になってきます。

ルールを見て頂ければ解りますが、正直誰が勝つか全く想像できません。参加者全員に勝つ可能性がある大会になるでしょう。


そして、もう一つ大事な事は、こういうイベントを作ると都合の悪い人間が、ヤクザばりの何癖をつけてくる可能性もあります。リスナーの皆さんは冷静な目で動きを観察し、記憶に残し、語り継いで頂きたいと思います。





〖公式ルールナンパ対決〗

メインルール(詳細は後述します)

・GET数対決

・スマホ等通信ツール没収後サイコロで対決場所を決定

・時間は14-20時(準備終了後運営の指示の元スタート)

・審査員が決めた指定の範囲内で声掛け(指定の範囲外の声掛けGETは無効)

・GET後に音声を即時提出(内容審査の為)

・参加者1人につき1人目付役をつけます。(参加者には面識のない人物を選定します)

・終了時間前の連れ出しは20時30分までのGETなら有効になります。(20時段階で連れ出しの無い人は終了)



サブルール(詳細は後述します)

・ハイエナ禁止

・声掛け対象はソロのみ(2人組以上への声掛け禁止)

・自宅連れ出し、休憩禁止

・知り合い、お金でのGET禁止

・休憩は自由に取れますが、必ず目付役が付き添います。



大会流れ

①大会開始直前に運営が参加者に付ける目付役を決めます。

②指定の時間、場所に参加者が集まります。

③全員のスマホ等通信ツールを全て没収してからサイコロで場所を決めます。

④街に移動して、指定のレコーダーを受け取り、運営が指定する範囲内で全員でナンパします。(高性能レコーダーは全て同じ規格の物を流星が人数分用意します。)

⑤GETした人は運営に一旦レコーダーを預け、レンタルパソコンにデータを移動します。

⑥データ移動後また指定の場所へ向かいナンパ続行。これを終了時間まで繰り返します。

⑦音声チェックに問題がなければ運営からGETを承認されます。チェック後、音声は運営3人の責任の元、高性能ゴミ箱で削除します。





審査員(運営)

審査員は公平性を保つ為、関係性の無い3名を用意致しました。

審査員は公平性を保つ為、大会ごとに入れ替えを予定しております。(流星もどこかで審査員をやる予定です)

今後も審査員は依怙贔屓が無さそうな人物を選定します。(幼稚で感情的な人は除外します)




今回の審査員発表

今回は遠方の方を中心に集めました。(交通費も多大な金額になります)

ちなみに流星は公家氏以外のお二方とは面識がございません。



公家シンジ氏

毎月数人~数十人のナンパ音声を聞いて、捏造を見破れるくらい音声に精通している人物で真っ先に思い浮かんだのが公家氏でした。今ではナンパ講習を辞め、ナンパ自体も引退状態ですが、依怙贔屓をしない冷静な性格は第1回審査員の捏造対策班として、彼以上の適任者はいないでしょう。



くすお氏

恋愛工学生の方を審査員に入れたいと思い、高名なくすお氏にお願いしました。恋愛工学生の方を運営に1人入れる事で公平性がより高くなるので納得する人も多いでしょう。独創的なツイートに何かを感じ、運営を任せたいと感じたのがくすお氏にお願いした理由です。



えっちゅうたつお氏

公平性を上げる為、関西から一人呼びたいと思い、関西の重鎮えっちゅうたつお氏にお願いしました。長く関西で活動されている関西を代表する著名な方を呼びたいと思いお声掛けさせて頂きました。お会いした事はありませんが、不正は許さない方だと感じました。





この対決を作るにあたり、あらゆる不正を防ぐ仕組みを考えました。

ルールの詳細を説明します。



・場所はスマホ等通信ツール没収後サイコロで決定

スマホは当然没収ですが、パソコン、iPod、ライン連動腕時計などの通信ツールも全て没収します。スマホ等通信機器を没収後に(これが大事)全員の前でサイコロを振って場所(例渋谷、新宿、池袋、大宮、横浜、立川等)を決めます。どの目にどの街を入れるかは運営が当日事前に決定します。万が一運営から事前情報が漏れても直前までどの街になるか解らない為、公平性が高いルールです。



・時間は14-20時

理由は3つあります。

1.一番の問題提起になりますが、多くのナンパ師は終電までに帰るはず。対決も『まともな時間に開催して欲しい』という潜在的な声もかなり多いでしょう。まともな時間に開催してもGETができるという見本のイベントにしたいと思います。夜~朝方の酔っ払いしかGETできないという業界イメージも一新したい狙いです。

2.全員が同じ場所でナンパをするルールの為、深夜帯の閑散とした街だと歩いている女性も少なく運の要素が大きくなり過ぎるので、多くの人が歩いている時間帯を選びました。

3.運営、目付の方の活動時間、体力、遠方の方の終電にも考慮が必要です。昼過ぎから夜までの6時間なら運営全員の負担も少ないだろうというのも理由になります。



・参加者1人につき1人目付役をつけます。(参加者に面識のない人物)

目付役は参加者と面識のない人物を運営が選定します。大会開始直前にどのメンバーを付けるか話し合います。休憩は自由に取る事もできますが、必ず目付役と一緒になります。目付役は運営との連絡、姿を確認する役割もあります。参加者は目付役を通じてツイートする事も出来ます。ジロジロ見すぎ、距離をもっと取って欲しい等の要望は参加者が目付役に直接指示します。不正行為があった場合も目付が審査員に情報を伝えます。こっそり隠れる不正を防ぎます。



・審査員が決めた指定の範囲(エリア)内で声掛け(指定の範囲外の声掛けGETは無効)

審査員が街についてからどこでストるか当日その場で決めます。

不正を妨害する事に大きく関わるルールです。1人だけどこでナンパしているか解らない状態を防ぎ、予め各街での待ち合わせをする仕込みを防ぎます。全員が同じ場所でお互いを監視する事で怪しい動きを封じる事もできます。平行トークをして遠くへ行った場合も、指定の場所に戻ってから声掛けをしないとGETは無効になります。尚トラブル等正当な理由がある場合は、審査員全員の承認にて審査員が場所を変更する事が可能です。



・ハイエナ禁止(ハイエナでのGETも無効になります)

不正防止、疑惑の防止になります。もし仕込みをしていても他の参加者が声を掛けたらオジャンになるので、極めて不正するリスクが高くなります。何度も同じ場所を通ったり、動きが怪しい、特定の参加者にだけ反応する女性を全員で監視する事で不正防止に繋がります。仕込み女性がいても多くの人間がその場にいるので特定し易いでしょう。

疑惑の防止策としては、ハイエナを可能にした場合、自分の声掛けには反応しないのに、他者の時は反応した場合、仕込みじゃないか?と疑いを持つ可能性もあります。そういう疑惑をそもそも無くする為にも最初からハイエナを禁止と致します。ハイエナでのGETは無効になり、それでもハイエナをする怪しい参加者は当然仕込みを疑われる事になります。



・声掛け対象はソロのみ(2人組以上への声掛け禁止)

気付いた方もいると思いますが、一番仕込みをし易いのが2人以上です。2人以上のコンビを仕込んだ場合、普通は声を掛けないのでハイエナ禁止にしても簡単に捏造できる事は容易に想像できます。不正を予め作らないルール作り。不正対策になるルールです。



・知り合い、お金でのGET禁止

キセクは当然禁止ですが、知り合いも紛らわしい為GETを無効にします。

お金をちらつかせてのGETも当然禁止です。(その為に音声即時提出ルールがあります)



・GET後に音声を即時提出(内容審査の為)

捏造を防ぐ非常に大事なルールです。画像はどう声を掛けてどうGETしているのか全く情報が見えません。音声が無ければどんな手法、何を使ってGETしているのか全く分かりません。後日に音声提出させると幾らでも都合の悪い情報を編集して偽造する事ができます。

GET後に即時提出する事により編集を不可能とします。パソコンも疑惑が出ない用にレンタルパソコンを用意し、音声確認後は高性能ゴミ箱にてサルベージできないよう破壊遺体ます。

使用する高級レコーダーは同じ規格の物を流星が用意致します。審査員はGET後の音声をチェックして特に問題がない事を確認する事でGETが承認されます。音声が無い場合GETの承認はされません。

また意図的に壊す等の不正行為は大きく信用を失う事になります。(意図的にレコーダーを壊した場合レコーダーにかかった費用約1万数千円を参加者に支払ってもらいます)




・終了時間ギリギリの連れ出しは20時半までのGETで有効になります。

20時終了前に連れ出した場合はアディショナルタイムで20時半までのGETであれば有効になります。20時の時点で連れ出しの無い方はその場で試合終了になります。



・自宅連れ出し、休憩禁止

自宅は通信機器がある為連れ出しはおろか休憩も禁止になります。ネット環境がある場所へ(通信手段を使って外部に連絡がとれる可能性がある為)の休憩も目付役が付き添うので監視する役目にもなります。



・休憩時は必ず目付役が付き添います。

当然休憩も1人でいなくなる事は禁止になります。目付人、参加者のトイレはお互い付き添って行きます。もし参加者が目付人を見失った場合、参加者は連れ出し時以外は速やかに指定の場所へ戻らなければいけません。謎の失踪行動は疑惑の目で見られる原因になります。連れ出し後の帰りにも目付役が見える範囲にいなかった場合、速やかに指定の場所へ戻る必要があります。(目付役は後に募集したいと思います)







皆様、お待たせいたしました。

こういうイベントを待っていた方も非常に多いと思います。



断固として不正行為を排除し、不正行為が発覚した場合は、末代までの恥にさせる、疑惑を作らないイベントを作ります。


イベントが成功するかしないかは、皆様の後押し、応援が全てでございます。

参加者を称え応援し、イベント当日は決して運営の邪魔にならないよう、節度ある行動をお願いします。



来年の年末はその年の目立った成績の方にオファーして、東西対決イベントを実現させましょう!

Pocket

This entry was posted in ナンパ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*