GETプラスα

Pocket

某AFC「看板を見ているAFC(非モテ)が沢山いる。ここか…」






















〖AFCクリニック〗

治療項目:キレないAFC治療。

最先端の流星術式。

・沈黙の除去

・非モテ要素の切除

・外見の形成を補助

・どんな非モテでも10回以上のカウンセリングで何とかします(素直な方のみ)

別途オプション:恋愛道場配信、ドクター流星コスメ、兵法書。



≪患者様の体験≫

①「ゲェヘッヘ。最初は即GETなんて全然知りませんでした。しかし治療を受けてからは即日GETできるようになり、GETの技術を応用して年数百万女に貢がせるのに成功。キモデブになってもGETできるし貢がせれるしで、デブでもウハウハですよ笑」





②「治療前は同じ空気を吸うのも、目があうだけで有害物質認定で人間扱いされませんでした。僕の様な酷スペックは女性としゃべるのもままなりません。でもドクター流星に治療を受けてからは話もしてくれないレベルが、直接罵声を浴びれるレベルになり、何とかコミュニケーションがとれるようになりました。僕のような酷スト値でもGET出来るのは、全世界探してもこのクリニックだけだと思います。あ、〇〇社長の為にグダられにきたのねん♪」





某AFC「俺にはもうここしかない泣」

某AFC「し、しし、診療お願いしまーす!」





ドクターX「また末期のAFC患者…うちにモテ出身者が来てちゃんとストに出てくれたらいくらでも結果は出せるのに…」

ドクターX「私非モテとか無理なので」

ドクターX「性行しないので」

ドクターX「この患者真性AFCなので。医院長~AFC一丁お願いします!」





ゴゴ、ゴゴゴゴゴゴ…

『見える、私にもAFCが見えるぞ!』





ドクターSEX(流星)『はい、次のAFCの方どうぞ~』





某AFC「よ、よろしくお願いします。」ビクビクオドオド





ドクターSEX『さて症状はと、、、女性と二人きりになってもしゃべれない。よく沈黙になってしまう。自分に自信がなくて女性にどう接して良いか解らない。場の空気が読めない。外見がキモいと言われる。テレホンカードを売っている外国人と間違えられる。年齢×彼女いない。素人童貞。女性と会話した事があるのはメイド喫茶と風俗だけと…』



ドクターSEX『君、どうしてここまで非モテをこじらせて放置してしまったのかね!』



某AFC「いつか理想の女性が現れると思っていたんですが…」オドオド



某AFC「理想の女性を求めてメイド喫茶にも通ってみたんですが、1回の支払いで十数万円以上使ってもデートさえしてくれませんでした。もう行く所がなくてネットを見てここのクリニックにやってきました…」オドオドオドオド



ドクターSEX『確かに君の様なAFCは沢山来る。治療は非常に困難であり、非モテ治療業界No.1の私ですら柔軟性がなくこだわりだけが強い、人の言う事を聞けない末期のAFC治療は多大な時間と投資をしてもらい、なおかつ素直に改善していける人以外手術の成功率を上げる事は非常に難しい。』



ドクターSEX『ただ、君の場合先に言いたいのは、どんなにコミュニケーションの改善を図っても、まずはそのおどおどした態度を改善しないとSEXどころではない!自信がない男の態度を見ただけで無しと判断する女性は山ほどいる。』



某AFC「何とかなりませんか…?」ビクビク



ドクターSEX『ドクター公家が開発した阿蘇SEX療法は今は使えず、マンピースの船も今は時期ではない。しかし、治療方法は無い事は無い』



某AFC「お、お、お願いします泣」



ちゅいーーーーーーん

1年後



某AFC「個室では無言になってしまいGETを逃していた自分も、最近やっとGETもできるようになってきた…何とか人並みに近付いて来た実感もある。これもあの先生の言う事を愚直に聞いてきたおかげかもしれない。まだまだAFCの根幹治療は終わってないが、ようやっと希望の光が見えてきたような気がする泣」



ドクターSEX『彼は某日8声1GETで、サイナス』



※登場する人物は実在します。







講習生に早く完全にハゲて欲しいと言われる流星です!

チビでもデブでも食いつきが無くてもGETできているので、本当にハゲたハゲ頭状態でもGET出来るか早く見たいそうです笑



2020年のオリンピック開催招致の際に使われた「OMOTENASHI(おもてなし)」という言葉が一躍流行語になり、世界に知れ渡り始めているのは記憶に新しいと思います。

「おもてなし」が世界に知られる前に同種の日本語がすでに世界に知られていました。

「おもてなし」からさかのぼること10年以上前。来日した際に日本語の「MOTTAINAI(もったいない)」という言葉の意味を知り、深く感銘を受けた外国人女性がいます。彼女の名前はワンガリ・マータイ(故人)、アフリカ人女性としてはじめてノーベル平和賞をとった方であり、植林活動グリーンベルトをはじめた方でありMOTTAINAIの提唱者でもあります。彼女はこの言葉を外国語に翻訳するのが難しいという理由で、環境を守る世界共通語「MOTTAINAI」として広めました。

「もったいない」という言葉には無駄にしていはいけないという意味だけでなく、粗末に扱うことへの罪悪感や物に対する情が含まれているため、これを英語にするのは難しいと言われています。そういった言葉は日本人の性質や心さえも表しているのだとしたら、英訳に変換できないのは当然なのかもしれません。

その他の日本語も通用する言葉に「わびさび」「弁当」「過労死」等もあります。

世界は日本の文化、伝統、日本人の心の在り方に注目し、感銘を受ける外国の方も多いようで、今や日本人より日本の文化に詳しい外国人もいます。



日本で大きなパラダイムシフトの一つに「明治維新」がありますが、最近この明治政府によって全否定された江戸時代が再評価されています。

円周率が3で良いというゆとり教育が問題になりましたが、江戸時代の学生が聞いたら腰を抜かすような出来事だそうです。当時の江戸の和算レベルは、世界最高水準にあったことが分かっています。そのレベルの高さはゆとり世代のみならず、並みの平成人の及ぶところではないそうである。世界に冠たる侵略国大英帝国の識字率が20~25%程度であったと推定されている時代、江戸の識字率は75%と世界水準を遥かに凌駕していたそうです。世界でも類を見ない平和な時代を長く築いた江戸。



本当は明治維新や江戸の話を長々と書きたい所であるが、文字数がハンパない事になりそうなのでこの辺で割愛する。



さて、ナンパ界隈にも昨今大きなパラダイムシフトが起こっています。

昔昔、24時間待ちに立ち続けて10即とか、1カ月毎日街に立ち続けて100即とか、そういう話に当時のナンパ師達は興奮した物であり、当時仕事を週6くらい出勤していた流星からするとナンパに人生と時間をかけれて心底羨ましいと心から羨望していた物である。昔はとにかく街に出てGET数を重ねる、というのが圧倒的ヒエラルキーだったのである。

いわゆるナンパで大きく成功していた者はみなキチガイのように街に出ていたキチガイ枠という枠組である。週6で仕事をしながら何とかスト時間を作り、平日も出撃して、寝ないで仕事に行っていた流星も、十分キチガイ枠に入るだろう。

大量GETしたいのであればとにかく街に出てGETを繰り返して、慣れて上達し、時間を使ってGETを重ねていく。それが正解でありとにかく出撃数が物を言う世界なのである。



例えば大量にGETしている人はそれだけ時間を使っているわけで、蓋を開けてみれば大学の夏休みだから毎日街に出てGETを量産できた、という魔法でも何でもないれっきとしたメカニズムがある。そしてキチガイ枠の様に出撃回数を重ねた賜物で大量GETが今も生まれているのである。

GET→街→GET→街→GET→街

とにかく街に出る。これが大量GETの好循環を作る土台となります。



ひと昔前のナンパに多大な時間と金を使っても、

『GETさえできれば幸せ』

という価値観が、ここに来て大きな時代転換、いわゆるパラダイムシフトが起きていると言っても過言ではありません。





その一つの理由に、昔はどちらかというとナンパ参入者は底辺層がメインで金よりも女を優先するしかない状況の人が多かったように思える。当然流星もその一人である。それが、恋愛工学の影響、情報サービスが多くなり、ナンパというアンダーグラウンドがどんどん世に広まっていき、参入層に社会的地位がある人、多様な価値観を持った者が多く流入してきた。



もう一つは時間価値に対する意識の高まりではないだろうか。人により1時間の価値は違います。特に忙しい社会人はその1時間を何に充てるかが非常に大切になります。今は時代の空気と言いますか、稼ぐ情報や様々な魅力的な情報が手に入り易い時代になりました。多くの情報が入らなかった時代はナンパだけに集中する事が出来たが、今は方々に魅力が沢山あり、不毛な街に出た時の時間の喪失感をより感じやすくなっています。

流星も周りのスト師を見てきて予兆を感じる出来事はありました。ナンパを毎週一緒に出ていた仲間は仕事が軌道にのり年収が上がるにつれどんどん街に出なくなっていたのである。彼らは街でナンパする事よりも稼ぐ事の方が遥かに大切だと感じ、ストに出なくなったのだ。考えてみたらそりゃそうである笑




常識を持った知識層の参入、時代の空気により、以前のナンパ界隈の価値観に疑問が投げられていると言っても過言ではありません。

『ナンパにコミットしたい気持はあるけれど、そんな暇人じゃないのよ』


という人が増えたという事。昔はGET量産のメカニズムがよくわからなかったから凄い、と思われていたものが、今はGET量産する為のメカニズムが透明化され、『多大な時間』が必要と提示された時、使える時間は限られている為、限られた時間をナンパに使って楽しみたい。と考える人が非常に多くなった。そういう層にはGETだGETだ!街に出ろ!というよりかは、出来る範囲で出来る事をしましょう、と提示した方が自然である。





まず、どんな人が大量GETを成功しやすいか、大量GETする為に必要な事は何かを書きましょう。



基本的にナンパが上手く行く層は、

①リアルでモテていて女性が苦手ではない。

②そこそこモテて女性が苦手ではない。

     ≪そこそこの壁≫

③普通に恋愛経験があるが、女性は少し苦手。

    ≪大きなAFCの壁≫

④あまりモテない、女性が苦手。

   ≪非常に大きなAFCの壁≫

⑤全くモテないし女性とまともに話した事がない。

   ≪スーパーAFCの巨大な壁≫

⑥本来であれば女性とは無縁の人生。見た目も印象も非常に悪い。



成功する層は圧倒時に①②、努力すれば成功するのは③。

そして、かなり厳しいのは④と⑤である。特に④と⑤は見た目が非常に悪いのもプラスされる事が多い。⑥に関してはウォールマリアもびっくりの高い壁が何重も重なっている状態。

ちなみに流星道場の門を叩く人は圧倒的に④⑤が多く⑥も来る笑



ナンパのスタート地点は皆違います。これまで培ってきた土台、恋愛経験、コミュ力、見た目、諸々考えてナンパで安定してGETできる状態を42.195キロのゴールとする。

①は残り8キロくらい。背中を少し押して貰うだけで、街に出続けさえすればナンパが成功する状態。

②は残り15キロ。しばらく街に出て感覚を掴めば成功できる状態。

③は残り25キロ。かなり頑張れば必ず報われる状態。

④は残り39キロ。今までやってこなかった分、非常に多くの時間とお金が必要で、なおかつ本人の努力が人並み以上じゃないと無理な状態。

⑤は残り42.195キロ。並大抵の努力じゃないと成功する所まで行けない。数年単位で頑張る必要がある状態。

⑥は42.195キロのスタート地点に立つ前に、まず10キロほど走らなければいけない状態。女性に対する土台、基礎力なような物は全く無く、とにかく人並みに行くまでが非常に大変な状態。





非モテ、AFCというのはどういう状態か?

多くの非モテを見てきた流星が一つの答えを出すならば、

「非常に柔軟性を欠いた、自己のこだわりが強い状態」

まず人の意見、忠告を聞かない。どんな改善案を出そうと、自分のこだわりの方を優先するし、自分のこだわりを曲げようとしない。仕事でも上司が昔の価値観のまま頑なに新しい価値観に対して否定する、というのは良くある話だと思います。解っているけどやめられないのである。

この非モテのこだわりを年単位でカメの歩みのように徐々に徐々に改善できる人が、なんとかこんとか成功を手繰り寄せれるのだ。この大変さに関してはまた違う記事に書こうと思います。




流星がよく言うのは、

『誰もがメッシやクリロナやイチローにはなれない』

全員がレベル100にはなれません。これにはナンパの才能が大きなカギを握ります。ナンパの才能(持って生まれた外見体格、知力、メンタルetc…)様々な要因があります。スポーツの成長過程に似ていて、一生懸命やってもプロになれる人、草野球レベルで終わる人等に別れます。ただ全員がプロになれなくても、間違いなく全員素人より上手くなれます。レベル60までは誰しもが行けるイメージですね。人により限界レベルにばらつきがあるということです。

才能があれば残りゴールまで20キロを残り7キロにする事も出来るし、残り7キロが2キロになる人もいます。才能がある人も講習に普通にきます。講習生に1日頑張れば2GET3GET以上できる才能のあるはザラにいます。ただ才能があるから誰でも大量GETが成功するかというと、また次の問題が出てきます。



大量にGETする為にクリアすべき問題。

〖どれくらい街に出れるか?〗

これが出来ないとどんなに才能があっても大量GETは出来ません。才能がある人ほどプライベートは忙しく、街に出れる時間に限りがある場合が多いです。流星道場生には真面目な勤め人が多く、年収を多く稼いでいる人もいっぱいいるが、ナンパに時間を使える時間が限られており、一時的に時間を使えても、仕事に支障が出るほど長い時間を取れない、という人は非常に多いです。GETしたいのなら繁華街に住んで日常的に繁華街に出るのが一番の近道なのは間違いありません。



結局プロに行ける才能があっても街に出れないと意味が無いのである。私の講習を受けた人でも地方の繁華街に行くだけでも数時間掛かる人もいます。仕事が終わって数時間かけて地方の繁華街に出た時には既にゴーストタウン。そういうクソゲー状態を押し付けられるような可哀想な環境の人もいます。

例えばチーズ君は数十万しかいないど田舎のクソゲータウンで月17GETくらいしていたが、はっきり言ってキチガイ枠である。もしこれが訳の分からないど田舎ではなく、東京で活動していたらとんでもない事になっていたのは想像に難しくありません。今は結婚を視野に入れてるそうなので活動は少ないだろうけど、幸せになるのなら何よりである。

けい´君はローカルの街に行くにも数時間、月の出撃が1~2回しかできず。3月は1回しか出れなかったそうである。今年はまだ6~7出撃程度で18GETである。1カ月に1回しか出れない。それはナンパのカンも忘れてしまうしサビついてしまう。彼のように1カ月に1回しか出撃できない環境で結果を出せる人はどれくらいいるのだろうか?こういう彼に時間とお金を持たせて毎日ナンパさせたたら面白い事が起きるだろうというのは想像に難くない。

地方都市住みの繁華街に住んでない恵まれない講習生でも週2くらいの活動で年100GET以上目指してる人もいます。野武士小次郎コンビも地方都市で年100GETペースで頑張っているし、くろけいも地方都市に行くまでに数時間という状況で週2くらいのペースで今年は32GET。そんな彼らが東京の繁華街に住んだら面白い事になるのになぁと思いますが、仕事、生活の事がある為、そう上手くは行かないのです。これは環境差というやつです。

大量GETを目指したい方はまず大きな繁華街を目指す必要があります。一番は東京の繁華街に住む事を推奨します。東京の繁華街に住んで、街へ毎日の様に出撃しまくれる環境を作る事が年数百GET出来る環境作りです。

流星自身は一度も東京の繁華街に住んだ事はありません。若くてモチベがある時に繁華街に住めてたらなぁ~という想いはあります。まだ若い方でナンパのモチベが高い方は、後に後悔しない為にも東京の繁華街に住んで欲しいなと思います。街に出まくるナンパに時間価値を感じるかどうか?という部分をクリアーした後にも、更なる大きな壁がやってきます。



〖ナンパを続けられるかどうか?〗

続けるのも一つの才能です。結局一過性で終わってしまっては大量GETは出来ません。毎月毎月、毎年毎年、5年10年と飽きずに続ける事が一番難しい事かもしれません。講習生が結婚や本気になれる彼女が出来て街に出なくなる事はしょっちゅうありますし、落ち着いて出撃ペースが下がる事もよくある話です。

継続は力なり。結局ずーっと続けて行けば誰でも少しずつ上手くなるし、才能のある人が続ければ当たり前のように結果が出ます。正直最近のナンパ師はGETペースが非常に速い為、年200ペースの人が後10年街に出たら簡単に2000GETを越えてしまいます。ナンパ10年で2000なんて流星と比べれば遥かに早いペース。正直GET数が凄いというよりかは、続けれれば誰でもGET数は天井知らずに上がって行きます。ただ、長く続けれる人が少ない、というのが問題です。

流星は若いうちにナンパにハマる事は大いに推奨であるし、年を取ってから、人生これで終わりにするのは嫌だなって方もどんどんナンパにチャレンジして欲しいと思います。「やり続ける」事が一番大変とはいえ、ナンパをする皆さんはビジネスをやるわけではないはずですから、延々と結果を追わなくても、ある程度ナンパ活動に納得したら、後はたまにの楽しみにやる、というのでも良いのではないかと思います。

講習を受けに来る人はある程度自分でもナンパが成功出来るんだ!と解っただけで満足する人は沢山いますし、ある程度GETして、大切にできる女性を見つけて引退する人も多くいますし、流星は幸せになれるならどのような形でも良いと思います。



どんなに才能があっても街に出なければ開花しないし、大量GETは出来ません。GETをする才能があっても長く続けないと、やはり大量GETは出来ません。

ある意味で大量GETを続けるという行為はキチガイ枠に入る必要がある、という事です。学生で時間が沢山取れるという方なら問題はないですが、忙しい社会人の場合、ナンパに使う時間の比重を高めなければいけません。ナンパに使う時間を価値のあるものだと強く感じる必要があります。



流星はGET至上主義ではありますが、沢山のナンパ師を見て時代の移り変わりを見てきたからこそ、従来のGETできる奴が1番偉い的な価値観がどんどん変化している現状にも理解があります。価値観の変化というのは界隈の思想がどんどん成熟しているから起こるといっても良いでしょう。

成熟していくからGETプラスαを求めたくなるのでしょう。そのプラスαはナンパ関連じゃないのかもしれませんし、ナンパ関連やナンパから派生した物なのかもしれません。人によりプラスαは異なります。

たまに仕事を辞めてナンパに生きるなんて言われる事があります。生活の基盤がきちんとしていない限り流星は断固反対します。自分自身はナンパが人生の様に毎日街に出たいと思った側であるが、今まで沢山のナンパ師を見てきた立場から、街には出ているけれども生活が立ち行かなくて精神が不安定になったり、毎日街に立つことで常識が無くなっておかしくなる人も沢山いました。沢山のナンパ師を見てきた流星は、次の仕事も決まらず生活の地盤が崩れてしまっても、一時の快楽に逃げるような行為は講習生の未来に良い影響が見えない場合、毎回反対しています。(街に沢山出てくれてGETを重ねてくれた方がナンパ講師的には宣伝になって儲かるのだが笑)




ナンパはあくまでも人生を楽しくするエッセンスであり、趣味の一つです。

ナンパに夢がないかと言われれば胸を張って夢はあると流星は答えます。

本来であれば女性とは無縁の生活を余儀なくされる非モテを多く変えてきたし、本当に非モテ中の非モテが自分が納得する良い女をGETする姿を何度も見てきました。ナンパを通じてコミュニケーションの土台が形成され、私生活や仕事に良い影響があった例も山ほどあります。



GETを長く重ねてきた流星だから言える事は、

「GETすればなんでもいい」

という狭い世界でだけは生きて欲しくない。

一部の女性にしか通用しないようなコミュ力、強引さ、非常識。そういう狭いスキルだけを特化させて欲しくないと思います。(そういうスキルも必要ですが)

ナンパを楽しいと思えるまで、普通にモテる人も苦しいし、非モテは非常に苦しい思いをしなければなりません。

即系に特化したナンパ法というのもあります。押しの弱い相手に強引なアタックをかませば、即GETをなんなく数こなす事ができます。しかし、そんなやり方を長年していくと、本来大変な想いをして身に付くはずの誰にでも使えるコミュニケーション力の土台や人生に使えるスキルの形成を軽視してしまい、中身が無いナンパ師に育ってしまいます。



流星の求める事は〖独立独歩、自立自尊〗です。戦国大名の様にどんな場面でも自分の力で切り開ける強い男になって欲しいと思っています。その為にはバカではGETが出来ないから知恵を磨けとよく言ってます。

だからGETだけに盲目になるような狭量な男にはなって欲しくはなく、視野が広く賢くなって欲しいし、GETプラスαの部分を大事にして欲しいなと思います。







副業、筋トレ、旅行、無数の趣味。魅力ある2017年の日本では女性にはもてたいけれども、ナンパだけに時間を使うのは勿体無い、という価値観の人は多いでしょう。

時間価値が叫ばれるこの時代だからこそ、折角ナンパに時間を使うなら有意義なプラスαを見つけて欲しいと思います。多くのナンパ師はキチガイ枠ではないのですから、無理をせずに出来る範囲での活動をして欲しいなと思います。(流星はキチガイ枠も募集しています笑)

講習生の多くは地位のある社会人ですから、流星も身バレに繋がるようなハデな活動を推奨しませんし、目立った行動も発信時期をズラしています。流星の宣伝の為に利用されて身バレしたなんて不利益があったら大変でしょうからね笑



流星が胸を張って言える活動は、元々実力がある人は街にさえ出続けてくれればいずれ自動的に既定の実力を出せるようになるが、本来ナンパ塾で落ちこぼれとして見捨てられてフェードアウトする層、④⑤⑥に属する多くの非モテ達を何とかしてきた、という歴史があります。勿論非モテ具合によっては1回2回じゃ無理で多くの投資をしてもらってやっと改善できる人も多いです。



その様子をモテに属する講習生が童貞AFCな講習生を見て、

モテる側の講習生「流星さん、さすがにこの非モテっぷりでは無理っしょw」

後日~

流星「彼は何とは準即できて童貞無事卒業したみたいだよ笑」

モテる側の講習生「え?本当にあの人何とかなっちゃったの?嘘でしょw」



の様な例が数えきれないほどあります。ただ全員を何とかできるかと言えばそれは違います。100人全員に満足させる講習は出来ないと思っていますし、成長の為にはケチらず色々な部分で投資してくれないと無理な例も多くあります。非モテは今まで怠ってきた分、ケチってきた分投資しなければいけません。お金がかかる事だから強くは言えませんが、正直ケチると良い事は何もありません。





ナンパ講習の役割の一つは、

〖粗を探す事〗

その粗を認めれない人は納得が行かないし、粗が多すぎる人は悲観するかもしれません。多人数を見る講習ではなく、マンツーマンだから見える粗がああります。時には複数講習をする時もありますが、基本東京で行っている通常講習はマンツーマンです。やはりマンツーマンだからこそやれる事も多いという実感もあります。(ただすっげー大変だけどね)

ナンパ講習というのはある程度改善できれば卒業と言っても過言ではありません。



昨今の流星道場がやっている事は従来のナンパ塾とは逆の事。

従来のナンパ塾は元々素質ある人、黙ってても結果が出るような人を目立たせて集客をしてきました。結果を出す人を優遇するのが従来のナンパ塾。

流星は元々できる層は早々と卒業。後は楽しい人生を歩んでね!という感じで、どちらかというとAFCを何とか1人前にする為の活動に力を入れています。

理由は簡単。出来る層はきちんと頑張って街にさえ出続ければいずれ既定の結果が出ます、その層を10人育てるよりも、本来見放される落ちこぼれのスト酷スーパーAFC1人を結果出させる方がよっぽど難しいし、指導力が必要です。ただ、その分充実感と達成感はあります。心の声(従来型のビジネスモデルの方が非モテが自分も簡単にできると勘違して大勢やってくるから、遥かに儲かるのだが笑)

出来る層は拾い上げてもらい目を掛けられて優遇、塾の広告塔。

出来ない層は見捨てられてフェードアウト、搾取されるカモ。

これって本来逆じゃねーかなと思うんですよ。できないからこそナンパ塾に来るんだから。ただ、並大抵の努力ではAFCは何とかならないのも事実。AFCを何とかさせるのは如何に大変かの話はまた別の記事にしようと思います。





結果が出るかどうかは全て自分次第

いちいち流星道場に行ったとか言わなくても良いし、師匠なんて呼ぶ必要もない。何故なら、結果が出るかどうかは全て自分が行動したからなんです。街に出れば自分1人で問題に直面します。その時流星はいません。ナンパ講習というのはあくまでも自分を変えるきかっけなのです。その結果に関しては講習生の努力が必要不可欠です。出来る層だって街に出続けなければGET出来るようになりません。出来ない層は人1倍どころか数倍の努力が必要です。

流星は俺が教えた、俺のおかげだ、の様な傲慢な態度はしませんし、本人の努力を無視して講師の手柄みたいな言い方は人間的にいかがなものかと思っています。(ただAFC達を成長させた事に関してはドヤりたい笑)



夢物語よりも現実を見る事が大切。

流星は神でもなんでもありません。スカウトグダでガンしか率は普通のスト師よりも多いし、毎回講習生と連れ出せるわけでもないです。そもそもナンパに100%はありません。100%がないからこそ面白いのです。出来る事は確率を上げるメカニズムです。そのメカニズムに夢は入ってきません。冷静な分析が必要不可欠です。

全てにメカニズムがあります。ガンシカ率を下げたければ相手が反応するまでしつこくついていく、腕や身体を引っ張る、などをすればガンシカは無くなるかもしれません。相手の迷惑を考えないナンパをすればいくらでも手段は出てきます。だがそれが正しいかは一般常識がある人からすると疑問でしょう。

どんなナンパ手法をしてるか他人の内情はみんな解りません。だから他人と見比べてもやってる事、状況、環境がそもそも違うので一緒に考えてもダメだという事です。

失敗にも成功にも必ずメカニズムがあります。それを知った上で夢ではなく冷静に自己分析をして欲しいと思います。もちろん努力すれば良い女がGETできるという夢はナンパには本当にあります。講習では夢ではなく現実を話させて貰います。





流星は長い社畜で労働力を不当に搾取されたり、色々と大変な思いをしてきたからこそ、冷静に講習生の未来の為になるかを判断しています。

そこは信頼関係ですから、信頼出来ないのなら講習依頼はしない方が良いでしょう。

マンツーマンだからこそ反発もあると思います。複数講習にしてコミュニケーションをあまり取らない方が反発もでないし遥かに楽でしょう。いつまでマンツーマンでやっていくかは決めていませんが、出来る限り頑張りたいと思います。



流星さんは最初から話せたんですか?

とよく講習生から聞かれます。ナンパを始めたきっかけは友達に誘われたからです。最初は女性とまともに話せない状態からのスタートです。ビックリするほど話せませんでした。元も低身長ですし特にモテてた訳でもありません。当時ナンパに誘ってくれた友達は流星使えねー相方だなって思っていたと思います。今の姿を見たらびっくりするでしょう笑

そういう部分も含めてある意味夢はあると感じて貰えるかも知れません。

単純に流星がどんなナンパをしてるか知りたければ講習よりも教材がおススメです。教材の方が繰り返し成功音声を聞けるし理論パートもしっかりしています。コンテンツは値段に応じて相応のリターンがあります。

ケチっては知る事はできませんし、リターンも少ないです笑

講習は何かと言われれば〖ライブ〗です。当然ライブですからクオリティに差は生まれると思います。そういうのも含めて〖ライブ〗なのです。



同じナンパを教えるなら、長くナンパをしてきた経験を生かして、幸せな気分になれたり、良い思いをした経験とか、ナンパのポジティブな部分を伝えたいと思います。

ナンパには夢はあるけど、その夢を叶えるにはクソ大変で、大量GETしたいならキチガイ枠に入る必要あるし、ナンパが人生に出来る人は限られているし、貴重な時間を使う必要がある。という現実的な話です。





最後に少し宣伝したいと思います。

私の講習を受けた経験がある人が、質の高いnoteを出しました。2人とも非常に評判が良く、胸を張って紹介出来ます。



1人目、ダブ君。

夜職・ギャルを中心にストで300即以上を即した方法


少し前の話であるが3月の途中に聞いた段階では、今年は週2ペースで出撃していて43GETしているそうだ。彼のノートを見た他の講習生から直に「とても参考になった」という声を聞いています。ダブ君は雰囲気はあるけど見た目はハイスペックではないです。ダブ君は間違いなく実力でGETしている数少ないナンパ師の1人でしょう。



2人目、Kouhei君。

こーへーの貢がせテクニック 基礎編 〜元を取りたい君たちへ

貢がせるというジャンルの画期的なノート。彼は講習を受けた後2カ月目で月間20GET達成。その後ナンパはどんどん落ち着いていったと思ったら、女性から貢がせまくっていて、気が付いたら総額で年間500万円以上。その貢がせのノウハウをノートとして出しました。読んだ講習生が「大事な基礎の貢がせのメカニズムがちゃんと書いてあった」と話していました。直接指導を受けた他の講習生もエルメスと多額の現金を貢がせる事に成功。流星もいよいよ飯が食えなくなったら彼の所に弟子入りしようかと思っています笑



異才のナンパ師が書くnote。損はないので一度お試しあれ!

ボソボソ(流星のコンテンツにも課金してね笑)





次回予告、

『3大AFC全員即!!』

涙なくしては語れないストーリーです。







都内某所~某AFCクリニック



AFC「あ、診療お願いします。」



ドクターSEX心の声(ふぅぅ~またAFCか!)



AFC「あの、チングダなんですけど…」



ドクターSEX『あ、それうちじゃ無理です』



『MOTTAINAI!!』



長い文章を読んで頂きありがとうございました。

Pocket

This entry was posted in ナンパ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*