文楽とナンパ

Pocket

今年ねほりんはほりんでナンパが題材になりました。









少し興味があり他のテーマのねほりんをいくつか見ましたが、この人形達の躍動感あふれる動きは、昔見たひょっこりひょうたん島を思い出し懐かしく感じました。









我が国では古くから人形を動かす歴史があり、平安時代には人形遣いと呼ばれる職業もあったそうです。

大阪で生まれ、大阪の庶民に育まれてきた人形浄瑠璃文楽は2003年にはユネスコの「世界無形遺産」にも登録され、日本国内だけでなく世界中からも注目されています。大阪にある国立文楽劇場は海外の旅行者にも人気だそうです。







文楽は人形を三人で動かすそうですが、脚を動かす為には10年、左遣いにも15年修行が必要だそうで、男性は口が動いたり表情が動きますが、女性の人形は表情がありません。ではどういう風に繊細な心理描写を表すかと言うと、目の向き、手の向き、動きと角度、そして女性の人形の口元には針が仕込んであり、袖を引っ掛けるしぐさで悔しい、悲しいを表現するそうです。









何が言いたいのかというと、ナンパでも単純な言葉だけではなく、動きや態度でも繊細な感情表現や心理描写が出来るという事でもあります。

逆に生身の人間なのに人形より躍動感がなく、ねほりんのモグラよりも感情表現が出来ていない人も多くいます。人形よりも表現力が低い、これはちょっと真剣に考えなければいけない事案だと思っています。

流星道場で何が一番変わるのか?その一つに表情があります。

表面上街中で即系をGET出来ていても表情が悪い人は沢山います。表情が険しく、幸せでない人が街中には多くいます。これは流星の気のせいかも知れませんが、街に険しい顔をしたブサイクが増えている。そう感じています。



流星の元には、GETしたいという気持ち以上に、性格を変えたい、人生全般に良い影響が起きるような自分を変えたいという気持ちで訪れる方が多いです。そういう人の場合は表面上やれれば(GETできれば)何をしても良いという考えでは対応できません。街に出れば解る様になってきます。言葉を多少変えても結果は変わらないという事に。

出来る事は確率を上げる為に知恵を生むやりかたです。それが後々自分の総合力として返ってきます。楽をすれば楽をしたなりの分しかプラスされません。

パブリックコミットという言葉があります。自分からハッタリを言う事も時には必要ですが、「俺は5声掛けしたら1即は出来る」と豪語してマウントを取ろうとする人が極数名いました。

ではその人に「50声掛けしたら10即ですね、ではやってみて下さい」「今から適当にバンバン指名するので5声掛けで連れ出して下さい」こう言って目の前で出来た人は誰も居ませんでした。

どういうカラクリなのかというと、恐らくできたとしても〖即れそうな案件だけに5声掛け〗しているだけなのです。後は少ない声掛けで成功した時だけ報告すればそうなるでしょう。後は5声掛けするまでにどれくらいの時間を使っているかも大事な部分。

実力者は解っています。街に点在する美人が通ったら声掛け数など考えずに適当に声掛けして、上手く行く時は1声で即なんてことも普通にあるし、20声掛けしてもダメな時も普通にあります。要は的を絞ろうと思えば幾らでも絞れるのです。

5声掛けで1即できるという方に言ってみると良いのです。自分が適当にどんどん指名するので50声掛け10即して下さいと。途端に蓋を開けてみたら・・・の世界が見えるでしょう。こないだ歌舞伎町の奥を探索しましたが、時間によっては女性のクオリティを考えなければホイホイGET出来そうな案件に沢山会いました。それも内情が解らない文字情報では1即です。

今の時代は文章力がありさえすれば、ただの即系でもモデルだなんだと言って、脚本家も真っ青なエピソードを作り込めば、それだけで実力者だと勘違いされる時代でもあります。現場の実力よりも大多数が見るネット上の文字情報で誤魔化せる時代になっています。



流星は地道に地の力を上げる方法を選んで欲しいと思います。

非モテ出身者は見た目だけでなく中身も悪い為、ナンパ塾からはよくはじかれる対象になります。浅はかな宣伝をしている場所に浅はかな人が集まります。

表面上の成功、目立ち、承認要求、非モテにはそんなものよりも着実な一歩一歩が大切です。地道に地の力を上げていくやり方が絶対に正しい。何故なら、ナンパ以外でも使い道があるスキルが手に入るからです。

声掛け10年、連れ出し10年、総合力で10年。

人形の足を動かすだけでも大変でプロは脚運び一つでも違うそうです。人形ではなく自分を動かすのも地道にコツコツとやっていくしかないのです。

流星も今年は少しやる気を出したいと思っています。やる気がある人を集めたチームも作っています。1月は11GETでした。言ってないだけでこの中には様々な物語があるのです。自分にも脚本家真っ青なナンパラブストーリー的な才能があれば…クッ!



今回は自分の音声を聞きながら流星も文章にしようかなと思います。

壮大なスターウォーズばりのエピソードを目指したい所。



声を掛け、その後色々話して何をしている人なのか聞いてみました。

女性「仕事は芸能関係です、元モデルです」

カラコンの話、整形をすると不自然な表情になる話。

女性「整形してる人に興味ないです」

流星「俺は整形してねーぞ笑」

十分和んだので打診。

流星「暇ならちょっとかまってよ、散歩しに行こう」

女性「いいですよ」

お酒が弱いという女性。

流星「飲んで欲しいよね」

女性「逆に飲ませたい、面白くなって欲しい」

流星「飲む?」

女性「何も飲みたくない」

移動しながら街にあるお店の話、自分の面白い話をしながら移動。

道を渡る時に車がくるので気を遣う流星。

女性「ひかれたら慰謝料貰うから良いよ」

流星「ケガしない程度にひいて欲しくない?」

女性「スタントマン並みに避ける」

流星「ちょっとぶつかって避けて、首が痛いって言って病院に行こう笑」

女性「慰謝料♪」

流星「俺のお金は取らないでね」

貧民流星なので念のため言う流星。

女性「因果応報で返ってくるのでそういう事はしません」

女性「請求はしても盗みはしません」

さりげなくホテル到着

流星「ここ知ってる?」

女性「あ知ってる」

流星「入った事ある?」

女性「いかないですよ」

流星「手を出さないし、無理に手をだす必要もないし」

女性「信用ならない」

流星「別に無理する必要ないじゃん、スイーツ食べて座って話せればいいなくらいで」

女性「イケメン以外とはこういう所行かないですよ」

流星「待って酷くない!?確かにイケメンじゃないけどさ」

女性「顔がオバサンみたい」

流星「でも面白いじゃん話は!お酒もあるしゆっくり話して、お母さん的な感じで」

ここからしばしグダグダ言うも違う話で盛り上がりながらも最終的にスイーツをホテルで食べるという話に。

流星「俺は知り合いに死んだおかんに似てるって言われた事あるぞ」

女性「オカン顔や笑」

流星「オカン顔って喜べなくない?」

女性「身体がむっちりしてるから~」

デブバレする流星。ヤバイ。

流星「俺??これ筋肉質なんだって!」

女性「うそー!?筋肉じゃないでしょ!」

流星「あるって!ほらほら~」

女性「デブにしか見えない」

デブ流星、焦る。

流星「いや、触って触ってほらほら」

デブじゃない部分を触らせて、何とかデブというイメージから脱却したい流星。

女性「ほんとだぁ」

流星「ほら、こことか」

デブじゃない部分を更に触らせる流星

女性「でもデブにしか見えない」

女性「ムチムチしたおじさん」

流星「酷くない!?もう酷い、それ酷い…」



デブ扱いされて憔悴しながらも、ホテルin



ホテル部屋にて。

何も食べないようにする流星。

流星「太らないように!」

女性「もう太ってる(冷静)」

流星「扱いが酷いよね」

女性「ぽっちゃり扱い」

話してる途中。

女性「へー、オカンにしか見えない」

流星「それ喜んで良いのかな?」

女性「喜んでいいんじゃない?警戒がないから」

思わぬオバサン顔の効能を感じる流星。

女性「おばさんにしか見えないし口うるさそう」

流星「やっぱ服じゃないか?ほら今日カジュアルだから」

服のせいにする流星。

流星「服が悪いかもしんない」

女性「腹が出てる」

流星「そんな出てないって!ちょっと出てるくらいだよ」

流星「基本筋肉質だからね」

女性「へー。デブじゃん(冷静)」

流星「たまにプーさん食いつきあるんだよ、お腹ぷよぷよして良いみたいな、ごくまれにね」

女性「ははは!ポヨンポヨン」

アダルトチャンネルをかける流星。更にコスプレを着させる流星。

スタイルが良いのでコスプレも似合う。

しばし食べ物の話で談笑。

パンツは脱いでくれないので、

流星「おばさんデンマ当てるからさ」

女性「男もデンマ当てるみたいですよ」

自分と女性にデンマを当て始める流星。

流星「女デンマ好きだよね?」

女性「普通にマッサージですね、エロさムですよ」

流星「俺変態おばさんだから。乳首どこかな?」

流星「これ話のネタになるでしょ!おばさんみたいな人に会ってデンマを当ててるシュールな体験」

女性「ウケるんだけど!」

デンマ当てても冷静な女性。

女性「ホント性欲に関しては無ですね」

流星「図はエロいんだけどね」

女性「頑張ってください、お疲れ様です」

もうそろ入れようと考えてる時。

女性「おばさん顔過ぎて、おばさんに言われてるみたい」

女性「おばさんとやってるみたい」

部屋を真っ暗にする流星。

女性「おばさんとやってるみたい」

セックス中。

女性「おにいちゃんとしてるみたい」

流星「おばさんから昇格した笑」



デブ、おばさん、でも最後はおにいちゃんに昇格してうっかり即!

















文章演出力ねぇーーー!!



これ、人気ブロガーなら今回の音声なら、「君の名は」以上の感動の大作になる材料ですよこれ。やろうと思えば幾らでも言葉を改竄できますよこれ。自分は実録そのままですが。まぁ全ては演出力次第なんだろうなぁ。



流星にとっては文章を書くという事はデブ扱いされる事と同じくらい憔悴する事なのです。



という事でノー射精でフィニッシュ!




Pocket

This entry was posted in ナンパ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*