ナンパマニュアル④ 自分のナンパは価値を生んでいるのか?

Pocket

皆さんの子供時代はどんな事に夢中になりましたか?



カブトムシを見つけて喜んだり、遊園地に行ってはしゃいだり、釣り、野球、サッカー、etc

野山を夕暮れまで駆けまわったり、何かに夢中になった事は誰もがあると思います。

流星は源流を求めて、山の奥へ奥へと2、3時間もチャリンコを飛ばした事があります。いつ飛び出してくるかわからない野生生物、命の危険もありました。うっそうと茂る山道、昼間とは違い暗くなった山は明るい時とは違いひんやりと冷たく、何か恐ろしい物がいるような、そんな気配を感じさせる恐怖が山にはありました。明るいうちに街灯の近くの木や、橋にはちみつを塗って、カブトムシが夜来ないかと見に行くドキドキ感。







最近何かに夢中になった事はありますか?



あの人は楽しそうだなぁ、良いなぁ。

他人にばかり目を向ける人がいらっしゃいます。

自分が心から好きな事、満足は他人の中にはありません。

自分の利益の為に情報を操作する業者もまた同様。

他人と比べても自分の懐は潤わないのです。

流星を恨んで非難しても、自分の懐は潤わないのです笑

みんながゲットしているから、みんなが儲けているから。

自分が好きな事、理想、自分のやりたいことを、他人の中から見つけようとしてませんか?

その人を羨んでも、それはその人の人生であって、自分の人生には何もプラスされません。

自分が本当にやりたいこと、好きな事はなんでしょうか?







ナンパは心から好きですか?



入れる情報が多ければ多いほど、迷いが生まれ、迷いは悩みの元になります。

溢れる情報で自分を見失ってませんか?、みんながやりたいから自分もやるでは自分を見失っているといってもいいでしょう。

純粋に好きという気持ちを持てていますか?







貴方は誰の為にナンパをしているのですか?



他人に認めてほしいからナンパをしているのか、女が好きだからナンパしたいのか、他人の評価や他人の目を気にしていては自分の本当に好きな事はやれないのです。自分の好きな事がないならば、自分を見失っているといってもいいでしょう。

貴方のしているナンパは、本当に自分の為ですか?







以前飛行機に乗っている時、機内誌でこんなエピソードを見ました。



『1980年、イランとイラクの両国間で、国境を巡った戦争が勃発した。戦争は長期化し、1985年3月17日当時、イラクのフセイン政権は「48時間後より、イラン上空を飛行する航空機は無差別に撃墜する」という声明を突然発表した。世界中に衝撃が走り、どの国もイラン国内に取り残された国民を脱出させるため、各国の大救出劇が始まった。



時の日本は、イランへの定期便がなかった。日本航空がチャーター便を飛ばすにはイランとイラクの航行安全の確約を取らなければならない。日本政府はイランの確約を取ったもののイラクからの返事が得られなかった。日本人救援のためにJAL便がテヘランに飛ぶことはなかった。



3月19日午後8時30分のタイムリミットが迫ってくる中、空襲警報が鳴り止まないテヘランのメヘラバード空港に2機のトルコ航空機が降りてきた。定期便に寄り添うようにもう一機のトルコ航空機が降りてきた。1機目の215人乗りのボーイング727の全座席は搭乗を待つ日本人216人にすべてが与えられ、2機目には1機目に乗り切れなかった日本人と同じく本国からの救援を待っていたトルコ人が乗り込んだ。午後6時、2機のトルコ航空機はイランを飛び立ち、トルコに向った。日本人全員が救出された。

当時、救援要請を受けたトルコも、イラン国内に未だ取り残された600名以上の自国民を救出しなければならない状況だった。にも関わらず、トルコは日本人の優先救出を快諾したという。日本を助ける為のパイロットを募った所、パイロット全員が志願の手を挙げたそうだ。』



何故か?



このとき、日本大使はトルコ大使にこんなことを言われたそうです。

「あの時の恩を返す時が来た」

明治23年(1890年)9月16日、トルコの軍艦エルトゥールル号が和歌山県大島樫野先付近で台風のため座礁し、機関が爆発して約500名の乗組員が死亡する事件があり、日本は生存者を治療、看護し、イスタンブールまで送り届けたことがあったが、トルコでは教科書にも載っている話で誰もが知っている歴史的事件だった。



トルコ大使。

「エルトゥール号の事故に関して大島の人たちや日本人がしてくださった献身的な救助活動を、今でもトルコ国民たちは忘れていません。私も小学生のころ歴史の教科書で学びました。トルコでは、子供たちでさえエルトゥール号のことを知っています。現在の日本人が知らないだけです。だからこそ、テヘランで困っている日本人を助けようと、トルコ航空機が飛んだのです」





『実はまだエピソードがある。1999年に発生したトルコ北西部大地震では、日本もこの行いに応え、迅速な義援金募集や無償の救援物資や医療チーム派遣などを行った。日本からトルコに派遣される海上自衛隊の激励のスピーチは、「イラン・イラク戦争でのトルコへの恩を忘れるな」という内容だったという。』






100年前の日本人は損得勘定でトルコ人を助けたわけではないと思う。

その時必要だったから必要な事をした。その心が線となって今もつながっている。

私はそう感じました。



目的もなくただ漠然と生きているならばそれは動物と同じこと。



為に活き、為に活かされる。

自分は何の為にナンパをしているのかをもう一度考えてほしい。

他人によく見られたいからナンパをしてるのか?

自分が本当に好きな事をしたいから、ナンパをしているのか?












こんな話がある。



講習後流星と講習生でコンビを連れ出した時の話。

連れ出したけども特に発展せず健全解散の流れになった。

その相手の女性コンビ(19、20才くらい)は最初から金はないと言っていたし、話を聞いたら本当に金が無さそうな2人だった。

連れ出し時、講習生は全く話ができずつまらない話しかできなかった。

系統やキャラが女の子に食いつかれずうまく行かない事はよくある事。



しかし、講習生は言った。



「お金回収して良いですか?」





流星はその講習生にこう問いた。



『お前のそのつまらない話と接客態度に、金を貰うだけの価値はあるのか?』





例えば女の子がゴチ目的等の乞食目的、性格が悪く男を利用しようとしか考えてない、それならば請求するのは良いだろう。

自分が千円払って生活が苦しくなるなら女の子にも払ってもらっていいだろうしそれはきちんと伝えるべきだ。会計が高いならば女の子にも負担してもらうのは普通だろう。



今回は女の子が最初からお金のないということをこちらもそれは了承していた。だから安い場所に連れ出しをした。もちろんやれるかやれないかは結果論だし不透明だったから、なるべく負担にならないような安い連れ出し先を選んだし、当然流星も負担をしている。



つまらない接客しかできない、女を楽しませる事もできなかったのに、自分の思い通りにいかないから小銭を回収しようという発想。

これが相手に楽しい時間を与えて、こちらの方が与えるものが多い場合、それならばわかる。

しかし、話はつまらないし、相手に何も与えてない状態なのに、自分が満足しなかった。ただその理由で、本当に金がなさそうな女の子からたかだか数百円を取る。

その貧相な発想を、流星は許せなかった。





これが全く会話ができない段階ではこうは言わなかっただろう。

ある程度モテを意識して少しずつ成長している段階だから言う言葉である。

私は必要だと思った事を、必要な時に言うだけ。

他人に好かれよう、良い印象を残そう、そう考えたら言いたい事も言えなし、間違っていても、間違ってると言えなくなる。



※後日この時連れ出した講習生から、2千円だと思ってた流星に、「あの時の会計8000円だったんですよ!今でも納得してません」と連絡が・・・・

8000円ならば金額も金額なので回収しようというのはわかる。同じ立場なら私も同じ事を言ったと思う。会計が高い場合は女の子に負担して貰うのは普通だからね。数百円と思っていたから上記のような言葉を発したが、会計が8000円ならばまた違った対応になっただろう。









自分の中の決め事、譲れない所、こだわり。

そんなものもなく、ただ漠然と活動を続けている男に内なる魅力が生まれるのかと。



幕末に生きた漢たちの顔つきを見てごらんよ!

腹に一物を、覚悟を持った男たちの顔をみれば漢の魅力が滲み出ている。





clip_Nakaoka_Shintarou





443562938.0







自分はどうだい?



なんらかのこだわりをもって生きているのか?



本当に女は好きか?人は好きか?







自分のナンパは何らか価値を生んでいるのか??





自分の根源、人としてのOSはどうなのだろうか。

OSがしっかりしているならば、どんなアプリケーションを乗せてもうまくいくだろう。

ナンパというアプリケーションもうまく動くし、仕事というアプリケーションもうまく動くだろう。

それを人間関係、その他もアプリだと思えば良い。

一つのアプリしか対応しないOSに魅力はないだろう。



「ナンパだけ頑張ってきました」

そんな人間に影響力はないと私は信じている。

私はナンパの才能がある、長い経験も積んでいる。

しかし、それだけではなく、長く一人を愛した経験、人を大切に思った経験、長く仕事を頑張った経験、壁を破った経験。



様々な体験が信憑性を増し、言葉に力が宿り、雰囲気を作り出すと私は思っている。







流星道場の門を叩く人でも別の世界で凄い雰囲気を得た者も多くいる。

それは別の世界で一生懸命やってきて、OSを鍛えてきたのだろう。

それが、『やる奴だ!』

そういう雰囲気を持っている男なのだ。



nafu







自分は何の為にナンパをしているのか?



人に認められたいからやっているのか、他人からの自分の評価の為にやっているのか?

頭でわかっていても身体がわかっていないと、どんなに知識を入れても使えない。

知識を使う為には身体で実践しなければならない。



ある人はみんなに認めてもらえば満たされると思った。

また、ある人は沢山の女を抱けば満たされると思った。



その飢えや渇きが満たされたら何が起きるのか?

人はすぐに飽きてしまうのだ。

快感というのは1年も続かない、一瞬だ。

その飢えや渇きは満たされる事は決してない。

脳内物質でドーパミンという物がある。

快楽物質など呼ばれているが、ドーパミンが出ていると楽しいとか、爽快感を感じる事ができる。

ただ、このドーパミンだけを出していると反動で落ち込んだり苦しくなり、際限なく満足できない状態になってしまう。





性欲でナンパをしている。それでは続かない。性欲を満たす相手を見つけたらそれで終わりだからだ。私は性欲でナンパをしてきたわけではない。時にはやりたい時もあるが、私がナンパをしている理由は、



『仕事だから』



このたった一言である。しかしこの一言の奥は深く、この一言に様々な想いが積もっていると思って欲しい。






人は誰しも他人に認めて欲しいと思っているし、人の評価は気になるのだ。

私は自分を神格化させようとか、そんなちっぽけなプライドは持っていない。

講習生にしか公表してない流星道場Twitterでも自分が未熟者を示唆する内容を何度も公言している。

等身大を知ってほしいし、流星は元々自分がちっぽけな存在だという事を知っているし、宗教のようになっては困るんだよ。





『俺を拝んだところで女はパンツを脱がねーんだよ!』





他人に認めてほしい、評価してほしい。

理解してもらおう、相手を自分の思い通りに動かそうと思うから悩むのだ。

それらの悩みに打ち勝ち自由になるには、真の強さが必要だと私は思っている。

だから私は、自分の国(生活圏)は自分で守る戦国大名のような気概。

現状を打破する力を見に着けて真に強い人間になって欲しいと、私は想う。





ナンパで結果を残すためにはブレない心が必要である。

100もっている力を200にしようと努力してもうまくいかない、100しかないからね。

元々100あるのに60の力しか出せない状態を落ち込んでるという。

コンスタントに100の力を出せるという状態。ブレずに平常心のままいつもの力を出せる状態にまでもっていくのが、強いメンタルを作る修行の成果ともいえる。

内へと内なる世界を充実させ、外へと行動に出る。

反芻、改善、鍛錬、整理、ナンパとはまさに中庸、中道の世界笑









流星は今だに修行を続けている。

ナンパってのは職人芸だと思っている。

サッカーや野球のコーチとは根本的に違うんだよ。

本当の職人ならば修行を続けない職人は絶対にいない。

職人ってのは現状に満足せずに常に成長を求めて切磋琢磨しているのが本当の職人だと私は思う。

試行回数が少ない者に技術が見につかないのは当然である。

ナンパ師が目指すべきは匠の世界。

師が現状に満足して修行を怠れば、ナンパの世界のような日々トレンドが移り変わっていく世界に対応できない。



新しい芽はどんどん出てくる。多様なニーズと老獪な経験を合わせて厳しい現実を乗り越えるしかない。





三味線の熟練の匠は弟子のバチの減り具合を見てどんな練習をしているかの情景が頭に浮かぶという。





それのようにナンパで間違いない実力があり、教える経験が豊富にあれば、講習で連れ出し内容、アポ負け内容などを分析し、適時選択、間違い、最良の返し等、ほんの少しの書き下ろしでもその時の相手の女性との状況、アポの内容を瞬時に見抜き、まるで千里眼のごとくその内容を把握し、アドバイスができるのです。





先だっても、食いつきはあったのに終電で帰られてしまったと相談を受けた。

終電で帰りたい女性には持ち時間は決められてるんだから、終電まで残り3時間ならば、

居酒屋2時間、バー1時間で、終電を逃させてからラブホに行こうなんて考えは、自分の予定に相手を合わせようとする傲慢さ。相手が帰りたいのなら、持ち時間は決まっているのだから、

居酒屋1時間未満、バー30分、残り時間をホテルに行けば良い話。

向こうがやる気がある状態ならば自然とホテルにも行ける。

こんな経験ないですか?

一か所に2時間も3時間もいて話す事もなくなりダレてしまう事。

連れ出し先を変える事によって流れを変える事は十分に可能。

つまりはそういう事なのです。







熟練された匠ほど少しの情報で沢山の理解を得ることができると思っています。



それと同じで、私が少し話を聞いただけで瞬時に最適なアドバイスができるようになったのは、その情景が頭に浮かんでくる状態まで愚直なまでに体験を繰り返したから。

それが途方もないナンパ経験、そして日本で一番マンツーマンで多くの人数に教授してきたという経験も含む、そのような土台があって初めて良いアドバイスが生まれるのです。



教えるという事は、そういう熟練の匠のようなスキルが私は必要だと思っております。



流星はパブリックイメージをうまく作ったり、神格化したりと、そういう誤魔化しの技術はありません。講習、塾を始めてから、急に凄腕になったわけでもありません。

ホームページも手作り感があると指摘され、ホームページを綺麗にしただけで信頼感が生まれ、受講生もより集まりますよと言われました。

でも良いんです、そんな看板だけが立派な店づくりなんてしなくていいのです。ボロイ店の奥から眼光するどい熟練の職人が現れる。そんな秘境の温泉みたいな雰囲気で良いのです。






流星は1の体験を100にして語る事のできない馬鹿だけれど、何度も同じような事を愚直に繰り返し、身体に叩き込んできた。

愚直にやってきた事の中の気付きを他人に与える。





芸術は職人の中から生まれる。





私はそれを信じている。







ナンパ師ならば自分を一人の職人だと自覚し、自分を安売りしない事。

不必要な人など誰もいない。





宮大工の言葉でこんな言葉がある。



建物は良い木ばかりでは建たない。

北側で育った『アテ』というどうしようもない木がある。しかし、日当たりの悪い場所に使うと、何百年も我慢する良い木になる。

木にはそれぞれ癖があり、一本一本違います。

産地によって、また同じ山でも斜面によって変わります。まっすぐ伸びる木もあれば、ねじれる木もある。材質も、堅い、粘りがあると様々です。木も人間と同じ生き物です。いまの時代、何でも規格を決めて、それに合わせようとする。合わないものは切り捨ててしまう。人間の扱いも同じだと思います。法隆寺が千年の歴史を保っているのも、みな癖木を上手に使って建築しているのです。







誰かが損得勘定を考えずに自分を助けてくれてくれたのならば、それは恩に感じないとダメ。

もらう事ばかり考えていても良い男にはならない。

自分は貰う側が良いのか、人に施す側が良いのか?

自分の考え、言葉、それをうまく人に伝えれるようになり、自分らしいなと思えるようになった時に、本来の自分を見つける事ができるのです。

人の言葉を使ってナンパしても相手には響かない。

対人で大事なのは自分の本当の気持ちをうまく伝える事。





自分が五体不満足の乙武さんと同じ身体だったら、どう誘えばセックスできるか?





こういう事を考え、突き詰めた時に、腑に落ちる誘い文句を閃いた時、自分本来の言霊が出てくるのです笑







『歩歩是道場』



という言葉は学びは身近にあるというような言葉。

自分の望むも、好きになれる事は自分の生活圏にある。

貴方が子供の頃夢中になった事はなんですか?

今ならば、国内に限らず世界にも飛行機で行けます。

目の中に童がいるから瞳になるのです。

いつまでも子供のような気持ちを忘れないで、知らない新規の美女を求めて街をウロウロできる最高のツールがナンパですよ!



ダウンロード




ナンパを心から好きになれば、活動も続くし、やがて良い事も必ず起きますよ(^^)








2月は23GET

3月は14GET





単純にナンパを集中的にする日数が不足しています。

ナンパできる時間があればGET数が増えるのは当たり前。

4月も忙しく、GETに恵まれない月になりそうです。

街には新芽の女の子だらけの良い状況を指をくわえて見る形になりそうです笑

それでも、自分の『今』したいことを優先させたいと思います。



(う~ん、新規とのセックスもしたい笑(´-`).。oO)




何歳になってもできるかぎり『現役』を続けたいと思います(^^)/





4月は春の新芽摘み!蕾に挿入!!





今日も1日、楽しいナンパ活動を!







ps.

他のナンパ塾の方が私の事を良くいってくれて、それで講習生が来る事もあります。


他人の批評をするのは簡単、子供でもできます。

しかし、他人を認めるのは難しい。



自分の知らないところで評価してもらえた事に、心から感謝致しますm(__)m

Pocket

This entry was posted in ナンパ, ナンパマニュアル. Bookmark the permalink.

2 Responses to ナンパマニュアル④ 自分のナンパは価値を生んでいるのか?

  1. マル says:

    トルコと日本との絆の話、読みながら素直に涙ぐみました!

    ちょうど赤羽の過去ブログを読んでいて、ウロウロ画像に笑いましたww

    自分の気持ちを自分の言葉で伝えるって簡単なようですごく難しいですよね。

    それでも伝え方を意識して活動していきたいと思えた記事でした!
    『歩歩是道場』を心にとめて日々の生活も精進しますm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*