地方と都内についての雑感

Pocket

いつも旅行にいっているのでたまにはローカルのナンパ事情の事を書こうかと思います。7月は3か所、8月も様々な場所回っています。
とてもじゃないですがブログに書ききれません笑。なので地方事情などをまとめます。

完全に旅行貧乏です(;´Д`)



地方の特性、人間性を早く理解してスト活動をするのが大切になります。
地方の主な大都市に北から、札幌、仙台、名古屋、大阪、福岡とあります。
私は大都市ではないところにも行っております笑
北の北海道はよく私のブログでも北海グダ!なんてとりあげています笑
寒い時期に行くと地獄、暖かい時期に行くと天国です。特徴は思わせぶりな態度をしながら本心は全然違うという、ちょっと性格が悪い方にねじ曲がっています。冬はそれがかなり割り増しになります。一転夏は思わせぶりからの「まぁいいか」の精神に変貌します。連れ出し先も豊富で物価も安く、1即辺りのコストが安く住むのがありがたいです。

仙台、去年夏は声を掛ける度に連れ出しができるくらい美味しい場所でした。ここも冬は一転一気に反応が悪くなります。北海道東北は似たようなところがあります。先日秋田の竿灯祭りを見に行きました。秋田は美少女が多く、東京で見ないようなすっぴんの天然S級美少女が沢山いました。秋田美人は嘘偽りなしです。しかし20代後半以降の美人はほとんど見かけず、30代に至っては全滅といったところ。秋田女は自分で秋田女は性格が悪いとよく言っていました。性格の悪さが年をとるごとに顔に出てきてS級美少女も見るも無残なるのか、それとも街からいなくなるのかなと思いました。ここのS級美少女を見てしまうと、他の土地のほとんどの女の子が色褪せてしまいます。
その後仙台に移動し体調不良でほとんどストに出れなかったにもかかわらず、8連れ6即という結果でした。しかも可愛い子も平気で即る事ができました。去年ほど声掛け=連れ出し、には至りませんでしが十分な釣果と言える結果でした。
仙台、札幌は夏になるとリミッターが外れてかなり美味しい。夏は東北以北という私の見解は正しといわざるを得ません。ちなみに秋田も小一時間ほどストりましたが北海グダに似たような感じで反応と愛想だけは格段に良かったです笑。仙台、札幌と違い秋田は夏でもリミッターが外れないところを見ると、住めば都だが短時間勝負には向いてないなと思いました。

長野はど平日に観光に行き1日目は観光で終わってしまい、次の日と最終日にストにでましたが、ガッチガチに平日の長野はそもそもナンパするような場所ではない気がします笑
これもまた北海グダと似たようなグダが出ました笑。深夜直ホ確定で相手がわざわざタクシー乗ってきたのにグダというわけのわからないグダがでたそうです(私ではありませんが)。これは即確定の状態でも、急に思い出したかのようにグダります笑。県民が教育県という部分に誇りを持っているようでしたが、全然意味がわからなかったです笑
夕方から夜、次の日の昼間3、4時間ほどしかストれなかったです。深夜は完全にゴーストタウンで2時間で2、3声掛けくらいでした笑。夕方夜までで2連れ1即。
ど平日の昼間の少しの時間で3連れ1即とかなり厳しかったです。ほんとに声掛け対象がいないため1声掛けに力が必要でした、昼間はナンパする街ではないため、トータルは7,8声掛けくらいでした。避暑地で涼しいですが、ど平日の街の雰囲気はナンパする場所じゃないというのをまざまざと見せつけられました笑。スカウトは5、6時には上がってました。という事は、そういう場所なのです笑。観光はおすすめです。


そして名古屋。今年はまだ行ってませんが、去年初めて行った時の女の子の即系度の高さに驚愕致しました笑。声を掛けると必ず男の顔をチラ見するのが名古屋で、完全にど即系反応です笑。ナンパブログの読者が平気でブロガーに即られに行くところは全国見てもここだけでしょう。
女の子の好奇心が旺盛といったところです、かといって簡単に即れるかといえばそうでもないと思いますが、激熱の土地なのは間違いないです。個人的には警備員がうるさいためやりにくいなってのが特徴です。栄で速攻で警備員二人から執拗なマークされたのは今でもいい思い出です。
去年の夏の名駅の夜は可愛い子が入れ食いでした。今年はどうでしょうか?
名古屋と女の子の人間性が似ているのは金沢です。金沢の女の子事態が金沢女はチャライと言うほどです。金沢も声をかけると必ずこちらの顔をチラ見してくるのが特徴です笑。名古屋、金沢は本質はど即系だけど、自分の意思ははっきりしていると思いました。

大阪も7月に講習の為に行ってきました。可愛いギャル系がお多いのが特徴で、しかもめっちゃノリが良いです。関東弁グダが入ると聞いていましたが、去年も今年もほとんどないといっていいほどなかったです。去年の夜の難波では関東弁キモイグダと背が低いから話したくないという理不尽なグダが入りました笑。夜の難波は人間性が下品すぎて嫌いですが、梅田の方は質も良いし上品です。即系を弾丸即狙いなら難波ですが、梅田でも即るのは全然難しくないです。梅田の方が質が良い印象です。難波は夕方~夜は可愛い子を見かけました。大阪講習では連日24時間中、15時間~17時間以上講習をやって死ぬところでした。2日連続講習後良い子を即できて良かったです。ギャル好きならば女のノリもかなり良いので好きになる場所だと思います。

福岡も何度も足を運んでおります。ここもナンパ激熱の地です。しかし今年の夏は福岡の異様な湿気にやられました。動けなくなるくらいの暑さと昏倒しそうな湿気でした。結果は6即と時間効率は悪くないものの、あやうく病院送りにされるところでした。ここの暑さで脚を痛めてから今もずっと治らないくらいの重傷を負い、ある意味病院送りでした笑。福岡ツアー参加者もかなりへばってました。九州の女の子は日本で一番性格が良いといっても過言ではないです。こういう人間性を作るのも気候や風土なのかなって思います。雪が降って寒い土地の女は総じて性格が悪いのに対し、九州は南国のような風土だからではないでしょうか?情が深く性格が良い子に育っています。


ずーっと都内でやってきた感想は都内はまず話すまでが大変です。話ができる状態までもっていけばゲットまでは難しくないです。地方は話は聞いてくれますが、遊んでくれるかと言えばそうじゃないです。都内の方が遊び慣れているというのもあるのかもしれません。
最近ではその土地の女の子の人間性の違いなども研究テーマになっています。いつも同じ場所で釣りをしていたら飽きるように、今後も様々な場所でスト活動を続けていきたいと思います。
地方ストではまず連れ出し先とストる場所の目星が大切です。私はあえて現地人に連れ出し先やスト場所は聞きません。全て自分でリサーチしております。使えるか使えないかは自分の正しい目で判断したいのです。
普段雑にナンパをしていると冬の札幌や東北で痛い目を見ることになります。話せるけど遊ばないと強く決めている女の子を相手にすると自分の地の実力が鍛えられます。さらにどローカルでは夜まともに人があるいていない場合もあります。そういう戦意喪失しそうなところで可愛い子をきっちりゲットできるかどうかも実力の指標になります。
いつも同じところ、同じ場所で活動を続けているとどうしても井の中の蛙のような思考に陥ってしまいます。私のコンセプトはどんな系統の女性も構わず落とす事にあります。相手の見た目、ステイタス、地域、全く関係ありません。人間性が悪くても良くても、どんな場所でもゲットを重ねています。
全国様々な場所、様々な女性をゲットを続けて結果を出し続ける、それが人を教える時の大きな経験につながると私は気づきました。
特定の街や特定の女の子しかゲットできないような狭い世界、考えは私はしたくないのです。

女性の系統、場所問わずにゲットができる。それが真のナンパ力ではないかと私は切に思います。

もちろんナンパだけでなくその地方の観光地など、地方の魅力をすべて引き出すような旅行をしております。その分交通機関やホテル、観光地、ごはんにはお金は使いますが、必ず自分の糧になると、さまざまな場所へ行って私は実感致しました。
そういうのは実際に行って見て、動かないと魅力なんてわからないのです。
私のツアー参加者にはいつも良い経験を持って帰らせております。
今年の夏はまだ始まったばかり。



狭い世界で生きていないで、大海へ飛びたとう!!

Pocket

This entry was posted in ナンパ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*